Rchr
J-GLOBAL ID:200901007306897368   Update date: Jul. 15, 2022

Aramaki Noritaka

アラマキ ノリタカ | Aramaki Noritaka
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.kagawa-nct.ac.jp/
Research field  (4): Earth resource engineering, energy science ,  Geotechnical engineering ,  Environmental materials/recycling technology ,  Environmental load reduction/restoration technology
Research keywords  (8): リサイクル ,  地盤改良 ,  地盤材料 ,  Environmental geotechnical engineering ,  Energy Resource Engineering ,  地盤工学 ,  Recycle Engineering ,  Geotechnical Engineering
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2020 - 2023 Development of high durable reinforcing method of old embankment for heavy rainfall and earthquake
  • 2016 - 2016 炭層シミュレータの改良とバイオメタン生成に関する検討
  • 2015 - 2015 バイオメタン生成のための炭層シミュレータの開発
  • 2010 - 2012 APPLICABILITY OFCARBONIZED WOODY BIOMASS TO GEOMATERIAL
  • 2011 - 2011 新燃岳火山噴出物を用いた低環境負荷型高機能地盤材料の開発
Show all
Papers (100):
  • ARAMAKI Noritaka, MURAKAMI Takuma. Fundamental Study on Compressive Characteristics of Artificial Coal Seam and Chemical Characteristics of Pore Fluid while Accelerating Decomposition of Organic Matter Using Hydrogen Peroxide. Journal of MMIJ. 2022. 138. 4. 33-43
  • Effect of chemical weathering on mechanical properties of decomposed granite soil. 2021. 14. 485-490
  • Geological chemical improvement of subsurface environment for methanogen activities. 2021. 14. 201-206
  • Noritaka ARAMAKI, Takuma MURAKAMI. Evaluation of Methane Production and Mass Loss of Lignite During Promoting Organic Matter Decomposition with Hydrogen Peroxide. Journal of MMIJ. 2021. 137. 5. 51-55
  • Noritaka Aramaki, Nozomu Kotake, Sora Saeki, Jun-ichiro Shioiri, Hiroaki Sano. Mechanical properties of gypsums stabilized soils mixed with Na-citrate. 2020. 259-264
more...
MISC (15):
  • 荒牧憲隆, 村上拓馬. 大深度地下圏におけるバイオメタン生産技術開発に関する研究. 独立行政法人国立高等専門学校機構 環境報告書2021. 2021. 41-41
  • 田中翔, 福田大祐, 川崎了, 荒牧憲隆, 金子勝比古. マイクロフォーカスX線CTを用いた地下圏バイオメタン生成に関する褐炭の微細構造変化の観察. 資源・素材(Web). 2015. 2015
  • 福田大祐, 丸山恵, 荒牧憲隆, 奈良禎太, 金子勝比古. 3次元画像解析を用いた岩石内ひずみ分布の評価法. 日本材料学会学術講演会講演論文集. 2014. 63rd
  • Aging behaviour of organic matter decomposition and microstructure of coal in hydrogen peroxide solution. 2014. 59. 539-546
  • 中田幸男, 荒牧憲隆, 武井正孝. 粒子特性の評価と工学的意義 -粒子強度の評価と土の挙動-. 土と基礎. 2007. 55. 7. 44-52
more...
Patents (1):
  • 地層中に含まれる石炭および/または珪藻岩からメタンガスを地層中において製造する方法
Books (4):
  • The New Technology Frontier: Adcanced Preventive Measures against Landslides
    2011
  • 地盤環境および防災における地域資源の活用
    2010
  • 斜面災害における予知と対策技術
    2007
  • 環境と経済を考慮した建設発生土と廃棄物の有効利用
    2003
Lectures and oral presentations  (31):
  • 廃石膏を有効利用した砂質土の安定処理に関する検討
    (令和3年度地盤工学会四国支部技術研究発表会)
  • 化学的風化を受けたまさ土の力学特性に及ぼす拘束圧と粒子破砕に関する検討
    (令和3年度地盤工学会四国支部技術研究発表会)
  • 一次元圧縮応力下の有機物分解時における人工炭層の変形特性
    (令和3年度地盤工学会四国支部技術研究発表会)
  • 繊維系廃棄物を有効利用した短繊維補強土の締固め特性と力学特性
    (令和3年度地盤工学会四国支部技術研究発表会)
  • まさ土のせん断特性に及ぼす模擬風化度の影響
    (令和3年度地盤工学会四国支部技術研究発表会)
more...
Education (5):
  • - 1997 Yamaguchi University
  • - 1997 Yamaguchi University
  • - 1994 Nagasaki University
  • - 1992 Nagasaki University
  • - 1992 Nagasaki University
Professional career (1):
  • Dr. Eng. (Yamaguchi University)
Work history (8):
  • 2022 - 現在 National Institute of Technology, Kagawa College Department of Civil Engineering Professor
  • 2018 - 2022 National Institute of Technology, Kagawa College Department of Civil Engineering
  • 2013 - 2018 北海道科学技術総合振興センター 幌延地圏環境研究所 主任研究員
  • 2005 - 2013 Sojo University
  • 2001 - 2005 Sojo University
Show all
Committee career (21):
  • 2018/05 - 現在 土木学会 四国支部賞選考委員会・委員
  • 2018/05 - 現在 地盤工学会 四国支部役員・幹事
  • 2016 - 現在 北海道土木技術会 土質基礎委員会・火山灰質土研究部会・委員
  • 2015 - 現在 資源・素材学会 地球・資源グループ・採掘技術部門委員会 委員
  • 2013 - 2016 地盤工学会 地盤工学ジャーナル編集委員会・編集委員
Show all
Awards (4):
  • 2021/11 - 地盤工学会四国支部 令和3年度地盤工学会四国支部技術研究発表会 優秀講演賞 地下圏バイオメタン生産時における地質環境の化学的安定性に関する検討
  • 2019/11 - 地盤工学会四国支部 令和元年度地盤工学会四国支部技術研究発表会 優秀講演賞 柔な補強材により部分補強された盛土の耐震性の検討
  • 2017 - The Mining and Materials Processing Institute of Japan MMIJ Best Paper Award 2017
  • 2013 - 地盤工学会 第59回地盤工学シンポジウム優秀講演賞 過酸化水素を用いた石炭系材料の有機物分解および内部構造の経時変化
Association Membership(s) (4):
JAPAN SOCIETY OF CIVIL ENGINEERS ,  THE SOCIETY OF MATERIALS SCIENCE, JAPAN ,  THE MINING AND MATERIALS PROCESSING INSTITUTE OF JAPAN ,  地盤工学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page