Rchr
J-GLOBAL ID:200901007329228471   Update date: Aug. 31, 2020

Miyazawa Atsuo

ミヤザワ アツオ | Miyazawa Atsuo
Affiliation and department:
Job title: Team Leader
Homepage URL  (1): http://www.sci.u-hyogo.ac.jp/life/cellbio/index-j.html
Research field  (4): Morphology, anatomy ,  Neuroscience - general ,  Neuroscience - general ,  Biophysics
Research keywords  (5): Structural Physiology ,  Correlative Light and Electron Microscopy ,  Cryo-electron Microscopy ,  Membrane Protein ,  Neuromuscular Junction
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2016 - 2022 先端バイオイメージング支援プラットフォーム
  • 2015 - 2019 バイオロジーにおける3D活性サイト科学
  • 2012 - 2018 ミトコンドリア呼吸鎖の構造生命科学
  • 2014 - 2017 培養シナプスモデルを用いた神経筋接合部の形態と機能に関わる分子メカニズムの解析
  • 2011 - 2014 クライオ電子顕微鏡を用いた相関顕微鏡法による神経筋接合部の分子メカニズムの解析
Show all
Papers (41):
more...
MISC (16):
Patents (1):
  • 電子顕微鏡用標識
Books (4):
  • ライフサイエンス顕微鏡学ハンドブック
    朝倉書店 2018
  • エマルジョンの特性評価と新製品開発、品質管理への活用
    (株)技術情報協会 2014
  • 廣川生物薬科学実験講座10巻 免疫と生体防御〔I〕体液性免疫
    廣川書店 1997
  • Developmental Study of siganl transduction in rat cerebellar Purkinje cell, neuroreceptor, ion channels and the brain
    Elsevier Science Publishers 1992
Education (2):
  • 1988 - 1993 Waseda University
  • - 1993 Waseda University physics and applied physics
Professional career (1):
  • Doctor(Science)
Work history (9):
  • 2009/04 - 現在 University of Hyogo of Life Science, Graduate School
  • 2006/04 - 2013/03 理化学研究所 放射光科学総合研究センター 構造生理学研究グループ グループディレクター
  • 2003/12 - 2006/03 理化学研究所 放射光科学総合研究センター メンブレンダイナミクス研究グループ 生体マルチソーム研究チーム チームリーダー
  • 1999/04 - 2003/11 理化学研究所 播磨研究所 研究員
  • 1998/10 - 1999/03 松下電器産業(株) 中央研究所 先端科学研究グループ シニアリサーチアソシエイト
Show all
Awards (1):
  • 2010/02 - 風戸研究奨励会 風戸賞 電子顕微鏡法による神経シグナリング機構の構造生理学研究
Association Membership(s) (6):
THE JAPAN NEUROSCIENCE SOCIETY ,  日本生物物理学会 ,  日本顕微鏡学会 ,  The Japanese Biochemical Society ,  The Biophysical Society of Japan ,  Japanese Society of Microscopy
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page