Rchr
J-GLOBAL ID:200901007975797581   Update date: Aug. 30, 2020

TSUCHIYA Satoshi

ツチヤ サトシ | TSUCHIYA Satoshi
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
  • Shizuoka University  Graduate School of Integrated Science and Technology Department of Agriculture - Environment and Forest Resources Science Course 
Homepage URL  (1): http://www.agr.shizuoka.ac.jp/f/sabo/index.html
Research field  (1): Forest science
Research keywords  (1): landslide, debris flow, runoff, mass movement
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2002 - 土壌の水分変動からみた林床面蒸発の機構とその定量的評価手法の確立に関する研究
  • 1997 - 森林土壌の水分変動に基づく蒸発散量の推定に関する研究
  • 1994 - 大規模崩壊地内の斜面下部に形成された堆積地の堆砂変動と砂礫流動に関する研究
Papers (43):
more...
MISC (68):
Books (18):
  • LET'S ENJOY COMPUTING「2016」-情報処理-
    学術図書 2016
  • 斜面崩壊と土砂災害-台風による異常豪雨が引き起こす土石流災害
    ベース設計資料 No.160,41-45 2014
  • 第7章 地震により発生する土砂災害,地震防災 増補改訂版
    学術図書出版社 2013
  • サステイナブルコンストラクション事典
    産業調査会事典出版センター 2012
  • 第8章 二次災害,地震地すべり
    (社)日本地すべり学会 2012
more...
Lectures and oral presentations  (19):
  • 安倍川から始まる総合土砂管理計画 大谷崩から三保松原へ
    (安倍川の土砂の連続性の確保と山地から海岸までの連携を図るため策定された安倍川総合土砂管理計画において,流砂系における課題を紹介した。 2013)
  • (社)斜面防災対策技術協会
    (地震にともなう大規模土砂移動 2010)
  • インドネシア・スラウェシ島で発生した大規模崩壊地源頭部のその後の動き
    (平成22年度砂防学会研究発表会 2010)
  • 中国・四川地震による山地災害の調査報告
    (平成21年度砂防学会研究発表会 2009)
  • 不安定砂礫の流動を起因とする土石流の流動特性
    (第56回日本森林学会中部支部大会 2008)
more...
Education (4):
  • - 1978 Shizuoka University
  • - 1978 Shizuoka University
  • - 1976 Shizuoka University
  • - 1976 Shizuoka University
Professional career (1):
  • 農学博士 (名古屋大学)
Work history (11):
  • 1997/01 - Shizuoka University Faculty of Agriculture
  • 1997/01 - Professor, Faculty of Shizuoka University
  • 1991/10 - Shizuoka University Faculty of Agriculture
  • 1991/10 - Associate Professor, Faculty of Shizuoka University
  • 1987/04 - Shizuoka University Faculty of Agriculture
Show all
Committee career (2):
  • 2004 - 2006 (社)日本地すべり学会 理事
  • 2000 - (社)砂防学会 理事
Association Membership(s) (5):
(公社)砂防学会 ,  (公社)日本地すべり学会 ,  (公社)日本地盤工学会 ,  日本森林学会 ,  日本水文科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page