Rchr
J-GLOBAL ID:200901008014369669   Update date: Aug. 29, 2020

Kohata Yukihiro

コハタ ユキヒロ | Kohata Yukihiro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (2):
  • 環境科学・防災研究センター
  • Center of Environmental Science and Disaster Mitigation for Advanced Research
Homepage URL  (2): http://www.muroran-it.ac.jp/cea/laboratory/kohata/index.htmhttp://www.muroran-it.ac.jp/cea/laboratory/kohata/index.htm
Research field  (2): Civil engineering (materials, implementation, construction management) ,  Geotechnical engineering
Research keywords  (6): Geosynthetics ,  Small Strain ,  Deformation and Strength Characteristics ,  Base Coase and Subgrade material) ,  Gravel ,  Geomaterials (Liquefied Stabilized Soil
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2019 - 2021 繊維材で補強された流動化処理土の地盤防災対策への適用に関する研究
  • 2018 - 2019 道路の性能照査型設計法に用いる路盤材料の評価手法に関する研究
  • 2017 - 2019 室蘭地域におけるアセットマネジメント実装に関する研究
  • 2017 - 2018 繊維材で補強された流動化処理土の強度・変形特性に関する研究
  • 2016 - 2017 室蘭地域におけるアセットマネジメント実装に関する研究開発
Show all
Papers (93):
MISC (107):
Books (10):
  • Pavement Engineering Library 13b,Characteristics and Evaluation of Subgrade and Base Course Matrials
    公益社団法人 土木学会 2015 ISBN:9784810607697
  • 実務に役立つ地盤工学Q&A(第二巻)
    丸善 2009 ISBN:9784886440808
  • 土木技術と国際標準・認証制度-わが国土木分野の国際標準化戦略はどうあるべきか?-
    土木学会 2008
  • 土木技術と国際標準
    土木学会 2001
  • 鉄道構造物等設計標準・同解説-開削トンネル-
    運輸省鉄道局監修,鉄道総合技術研究所編,丸善 2001
more...
Lectures and oral presentations  (41):
  • Various factors on strength and deformation property of Liquefied Stabilized Soil prepared at field
    (The International Conference GEOTEC HANOI 2019 2019)
  • 胆振東部地震のメカニズムと今後すべき対策とは
    (防災・復興シンポジウム in 胆振 2019)
  • 路床土の排水条件を考慮した舗装構造設計に用いる変形係数とポアソン比の検討
    (第1 回交通地盤工学に関する国内シンポジウム 2019)
  • 積雪寒冷地におけるコンクリート舗装の凍上対策について
    (第1 回交通地盤工学に関する国内シンポジウム 2019)
  • Effect of content of fiber material on triaxial shear property for liquefied stabilized soil with different slurry density
    (The International Conference GEOTEC HANOI 2019 2019)
more...
Education (2):
  • - 1984 Hokkaido University Department of Civil Enginnering
  • - 1984 Hokkaido University Department of Civil Enginnering
Professional career (2):
  • 工学博士 (北海道大学)
  • Doctor of Engineering (Hokkaido University)
Work history (7):
  • 2010/05/01 - 2030 Professor
  • 2009/04/01 - 2010/04/30 室蘭工業大学大学院工学研究科くらし環境系領域社会基盤ユニット 准教授
  • 2006/04/01 - 2009/03/31 Associate Professor
  • 1999/04/01 - 2006/03/31 Department of Civil Engineering and Architecture, Muroran Institute of Technology, Assosiate professor
  • 1995/04/01 - 1999/03/31 (財)鉄道総合技術研究所 構造物技術開発事業部 土構造担当
Show all
Committee career (100):
  • 2019/06/01 - 2020/05/30 公益社団法人 土木学会北海道支部 支部長
  • 2019/06/01 - 2020/05/30 公益社団法人 地盤工学会北海道支部 支部長
  • 2019/06/01 - 2020/05/30 公益社団法人 土木学会北海道支部 支部長
  • 2019/06/01 - 2020/05/30 公益社団法人 地盤工学会北海道支部 支部長
  • 2019/04/01 - 2020/03/31 北海道土木技術会 土質基礎研究委員会補強土分科会委員長
Show all
Awards (8):
  • 2019/12/05 - 国際ジオシンセティックス学会日本支部 国際ジオシンセティックス学会日本支部 技術奨励賞
  • 2015/10/30 - 木幡行宏(独立行政法人 日本学術振興会) 科学研究費審査委員表彰
  • 2010/12/02 - 国際ジオシンセティックス学会日本支部 国際ジオシンセティックス学会日本支部論文賞
  • 2010/12/02 - 国際ジオシンセティックス学会日本支部 国際ジオシンセティックス学会日本支部 論文賞
  • 2010/03/31 - 地盤工学会 地盤工学会功労章
Show all
Association Membership(s) (1):
Japanese GeotechnicalSociety
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page