Rchr
J-GLOBAL ID:200901008273779328   Update date: Aug. 28, 2020

Sugahara Kazuyuki

スガハラ カズユキ | Sugahara Kazuyuki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.kobepharma-u.ac.jp/~biochem/
Research field  (4): Pharmacology ,  Pharmaceuticals - health and biochemistry ,  Functional biochemistry ,  Structural biochemistry
Research keywords  (2): 機能生物化学 ,  Functional Biochemistry
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 硫酸化グリコサミノグリカンの生合成の研究
  • 硫酸化グリコサミノグリカンの機能解析
  • 硫酸化グリコサミノグリカンの構造解析
  • Biosynthesis of Sulfated Glycosaminoglycans
  • Functional Studies on Sulfated Glycosaminoglycans
Show all
MISC (143):
Patents (18):
  • プレイオトロフィン結合性および非結合性のコンドロイチン硫酸/デルマタン硫酸オリゴ糖
  • サメ軟骨のコンドロイチン硫酸由来の硫酸化八糖
  • 抗デルマタン硫酸抗体と機能性硫酸化オリゴ糖
  • ヘパリン不飽和4糖およびその製造法
  • Antibody
more...
Books (12):
  • 遺伝子医学 MOOK3「糖鎖と病気」5. 糖鎖と発生 3)コンドロイチンと線虫初期胚細胞質分裂ーコンドロイチン鎖と生合成機構の解析ー
    (株)メディカルドゥ 2005
  • 単一細胞レベルで糖鎖の機能を探る -コンドロイチンプロテオグリカンを例として(共著)
    実験医学 2004
  • 『蛋白質・核酸・酵素』 「プロテオグリカン・コア糖転移酵素」
    共立出版 2003
  • 癌抑制遺伝子EXTファミリーはヘパラン硫酸合成の糖転移酵素をコードする(共著)
    ポストゲノムの糖鎖生物学がわかる 2002
  • 癌抑制遺伝子EXTファミリーはヘパラン硫酸合成の糖転移酵素をコードする(共著)
    〈わかる実験医学シリーズ〉ポストゲノム時代の糖鎖生物学がわかる 2002
more...
Education (4):
  • - 1976 Kyoto University
  • - 1976 Kyoto University
  • - 1971 Kyoto University
  • - 1971 Kyoto University
Professional career (2):
  • (BLANK) (Kyoto University)
  • (BLANK) (Kyoto University)
Work history (2):
  • 1982 - 1990 Kyoto University Faculty of Pharmaceutical Sciences
  • 1976 - 1982 シカゴ大学小児病院生化学研究室 研究員
Committee career (3):
  • 1997 - 日本結合組織学会 評議員
  • 1997 - 日本糖質学会 評議員
  • 1994 - The New York Academy of Sciences Active member
Awards (2):
  • 2002 - Honorary Doctor of Medicine (スウェーデン,ウプサラ大学)
  • 2002 - Honorary Doctor of Medicine, Uppsala Univ., Sweden
Association Membership(s) (9):
The society for Neuroscience (U. S. A) ,  American society for Biochemistry and Molewlcy Biology (U. S. A) ,  日本軟骨代謝学会 ,  The New York Academy of Sciences ,  The Society for Glycobiology ,  日本結合組織学会 ,  日本糖質学会 ,  日本生化学会 ,  日本薬学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page