Rchr
J-GLOBAL ID:200901008482142078   Update date: Sep. 01, 2020

Sawai Takashi

サワイ タカシ | Sawai Takashi
Affiliation and department:
Job title: Researcher
Homepage URL  (1): http://www.iwate-med.ac.jp/education/gakubu_in/basic_kouza/byouri1/
Research field  (2): Human pathology ,  Human pathology
Research keywords  (4): 遠隔病理診断学 ,  免疫病理学 ,  Telepathology ,  Immunopathology
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2002 - 2004 関節リウマチにおける骨破壊
  • 2001 - 遠隔病理診断の実用化
  • 2000 - Diagnostic application of telepathology
  • 関節リウマチにおける組織破壊機序の解明
  • 遠隔病理診断(テレパソロジー)の推進と普及に関する研究
Show all
Papers (2):
MISC (438):
  • Rie Kurose, Hiroshi Kakizaki, Hiroyuki Akimoto, Norito Yagihashi, Takashi Sawai. Pathological findings from synovium of early osteoarthritic knee joints with persistent hydrarthrosis. INTERNATIONAL JOURNAL OF RHEUMATIC DISEASES. 2016. 19. 5. 465-469
  • Akihisa Kamataki, Mutsuko Ishida, Masataka Komagamine, Masaaki Yoshida, Takanobu Ando, Takashi Sawai. Zymographic analysis using gelatin-coated film of the effect of etanercept on the extracellular matrix-degrading activity in synovial fluids of rheumatoid arthritis patients. INTERNATIONAL JOURNAL OF RHEUMATIC DISEASES. 2016. 19. 4. 385-391
  • Rumi Koizumi, Nobuhito Sasaki, Yutaka Nakamura, Naomi Suzuki, Takashi Sawai, Kohei Yamauchi. Rapamycin Attenuates Pulmonary Allergic Vasculitis in Murine Model by Reducing TGF-beta Production in the Lung. ALLERGOLOGY INTERNATIONAL. 2014. 63. 3. 457-466
  • 宇月美和, 鎌滝章央, 原田真理, 三浦康宏, 澤井高志. 病理組織検査;軟骨・骨破壊. 最新関節リウマチ学-寛解・治癒を目指した研究と最新治療-. 2014. 3. 280-285
  • 澤井高志, 村上賢也, 宇月美和, 原田真理, 松村 翼, 石田欣二, 土井田稔, 京極方久, 越智隆弘. 澤井高志、村上賢也、宇月美和、原田真理、松村 翼、石田欣二、土井田稔、京極方久、越智隆弘. 最新関節リウマチ学-寛解・治癒を目指した研究と最新治療-. 2014. 3. 286-295
more...
Books (30):
  • 内科学書 改訂第8版
    中山書店 2013
  • Evaluation of in vivo proteolytic activity. In: Osteoarthritis-Diagnosis, Treatment and Surgery
    InTech 2012
  • Simple method using gelatin-coated film for comprehensively assaying gelatinase activity in synovial fluid. In: Principles of osteoarthritis - Its definition, character, derivation and modality-related recognition-
    2012
  • ダイナミック病理学-365症例からのアプローチ-
    西村書店 2010
  • シンプル病理学改訂第6版
    南江堂 2010
more...
Lectures and oral presentations  (270):
  • 膠原病にみられる肺高血圧症の病理学組織学的特徴
    (第2回日本肺高血圧学会(JPHS)第3回日本肺循環学会(JPCS)合同学術集会シンポジウム「強皮症の血管病変:血管病変のひとつとしてのPH」 2014)
  • 澤井高志:我が国のテレパソロジーの発展と共に歩んで25年
    (第13回日本テレパソロジー・バーチャルマイクロスコピー研究会総会 2014)
  • 関節リウマチにおける破骨細胞様細胞の軟骨分解への関与の解析
    (第58回日本リウマチ学会総会・学術集会 2014)
  • 実験的変形性膝関節症に対するヒアルロン酸による軟骨リモデリングの可能性に関する病理学的検討
    (第58回日本リウマチ学会総会・学術集会 2014)
  • 関節リウマチにおける関節破壊機序の病理学的解析
    (第15回岩手軟骨・マトリックス懇話会 2014)
more...
Works (23):
  • 内皮細胞とT細胞の接着阻害におけるヒアルロン酸分子量の影響の解析
    2009 - 2010
  • 内皮細胞と好中球の接着阻害におけるヒアルロン酸分子量の影響の解析
    2008 - 2009
  • ウサギ変形性関節症(OA)モデルの滑膜における病理組織学的検討
    2008 - 2009
  • 軟骨細胞のヒアルロン酸合成に対する分子量の異なるヒアルロン酸投与の影響
    2007 - 2008
  • μPixerII『遠隔病理診断支援システム』における他施設との病理診断カンファレンス機能の実用化開発使用者から見た実用的な性能、機能、操作性等の研究及び評価機の実地検証
    2007 - 2008
more...
Education (4):
  • - 1978 Tohoku University
  • - 1978 Tohoku University Pathology
  • - 1973 Tohoku University
  • - 1973 Tohoku University
Professional career (1):
  • Medical Doctor (Tohoku University)
Work history (10):
  • 2014/04 - 現在 Tohoku University Graduate School of Medicine
  • 2008/04 - 2014/03 Iwate Medical University School of Medicine
  • 1997 - 2008/03 - 岩手医科大学医学部病理学第一講座 教授
  • 1990 - 1997 東北大学医学部附属病院病理部 助教授
  • 1990 - 1997 Department of Pathology, Tohoku University Hospital, Assistant Professor
Show all
Committee career (5):
  • 日本食道学会 評議員
  • 日本テレパソロジー・バーチャルマイクロスコピー研究会 顧問
  • 日本臨床リウマチ学会 理事、編集委員
  • 日本結合組織学会 理事
  • 日本リウマチ学会 理事、評議員、情報化委員長
Association Membership(s) (12):
日本食道学会 ,  日本テレパソロジー・バーチャルマイクロスコピー研究会 ,  日本呼吸器学会 ,  日本炎症・再生学会 ,  日本臨床リウマチ学会 ,  日本結合組織学会 ,  日本免疫学会 ,  日本癌学会 ,  国際マトリックス学会 ,  アメリカリウマチ学会 ,  日本リウマチ学会 ,  日本病理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page