Rchr
J-GLOBAL ID:200901008511543320   Update date: Jan. 15, 2021

Atsushi Sugiyama

スギヤマ アツシ | Atsushi Sugiyama
Affiliation and department:
Research field  (2): Pharmacology ,  Emergency medicine
Research keywords  (9): Safety Pharmacology ,  Cardiovascular Pharmacology ,  Prevention and treatment of lethal ventricular arrhythmias ,  Drug-induced long QT syndrome ,  Cardiac sudden death ,  iPS cell ,  Proarrhythmia model ,  torsade de pointes ,  多能性幹細胞
Research theme for competitive and other funds  (23):
  • 2018 - 2019 EP4受容体刺激の左室等容性弛緩能および充満期拡張能に対する作用および機序の解析
  • 2017 - 2018 ヒトiPS分化細胞技術を活用した医薬品の次世代毒性・安全性評価試験系の開発と国際標準化に関する研究
  • 2017 - 2018 ヒトiPS細胞を用いた心臓再生治療に伴う不整脈抑制に関する研究
  • 2017 - 2018 EP4受容体刺激の左室等容性弛緩能および充満期拡張能に対する作用および機序の解析
  • 2016 - 2017 EP4受容体刺激の左室等容性弛緩能および充満期拡張能に対する作用および機序の解析
Show all
Papers (306):
more...
MISC (154):
Patents (10):
  • 心臓マッサージ練習用具及び心臓マッサージ練習方法
  • 持続性心房細動モデル及びその製造方法、並びに、心房細動抑制剤のスクリーニング方法
  • 心房細動を誘発させる方法
  • Animal model with induced arrhythmia
  • 抗不整脈剤及び心房細動抑制剤
more...
Books (28):
  • エース薬理学
    南山堂 2020
  • 薬の基礎知識5
    株式会社医学映像教育センター 2020
  • 薬の基礎知識4
    株式会社医学映像教育センター 2020
  • グッドマン・ギルマン薬理学書 13版
    廣川書店 2020
  • 薬の基礎知識3
    株式会社医学映像教育センター 2020
more...
Lectures and oral presentations  (819):
  • Effect of negative expiratory airway pressure on the systemic circulation: a new strategy to salvage patients with cardiogenic shock.
    (第84回日本循環器学会学術集会, Asian Pacific Society of Cardiology Congress 2020 2020)
  • Effect of Negative Expiratory Airway Pressure on the Systemic Circulation: A New Strategy to Salvage Patients with Cardiogenic Shock.
    (第84回日本循環器学会学術集会, Asian Pacific Society of Cardiology Congress 2020 2020)
  • How the deuteration of dronedarone can Modify its cardiovascular profile: a new strategy for optimizing efficacy and adverse effects.
    (第84回日本循環器学会学術集会, Asian Pacific Society of Cardiology Congress 2020 2020)
  • How the Deuteration of Dronedarone Can Modify its Cardiovascular Profile: a New Strategy for Optimizing Efficacy and Adverse Effects.
    (第84回日本循環器学会学術集会, Asian Pacific Society of Cardiology Congress 2020 2020)
  • Development of cardiotoxicity assessment method for molecularly targeted drugs in mice: from the viewpoint of cardio-oncology.
    (第47回日本毒性学会学術年会 2020)
more...
Education (2):
  • 1986 - 1990 山梨医科大学 医学研究科
  • - 1986 山梨医科大学 医学科
Professional career (1):
  • Doctor of Medical Science (Yamanashi Medical University)
Work history (4):
  • 2010/04/01 - 現在 Faculty of Medicine Faculty of Medicine School of Medicine
  • 1996/07 - 2010/03 山梨医科大学/山梨大学・大学院 医学部・薬理学/医学工学総合研究部・薬理学 助教授/准教授
  • 1992/04 - 1994/05 ミネソタ大学・医学部・内科心血管部門・不整脈センター
  • 1991/06 - 1992/01 東京警察病院 循環器センター 医員
Committee career (10):
  • 2020/10 - 現在 Japanese Heart Rhythm Society councillor
  • 2020/04 - 現在 日本薬理学会 理事
  • 2018/10 - 現在 The Japanese Onco-Cardiology Society councillor
  • 2011/12 - 現在 Japanese Association of Cardiovascular Pharmacology manager
  • 2010/02 - 現在 日本安全性薬理研究会 幹事
Show all
Awards (15):
  • 2020/06/29 - 日本毒性学会 日本毒性学会ファイザー賞
  • 2018/07 - 一般社団法人日本毒性学会 日本毒性学会田邊賞
  • 2018/07 - 一般社団法人日本毒性学会 日本毒性学会田邊賞
  • 2018/06 - 東邦大学 東邦大学・教育賞
  • 2018/05 - 東邦大学 医学部 ベスト・ティーチャー賞
Show all
Association Membership(s) (11):
日本腫瘍循環器学会 ,  日本不整脈学会 ,  日本心電学会 ,  日本循環制御医学会 ,  日本安全性薬理研究会 ,  日本臨床薬理学会 ,  日本循環薬理学会 ,  日本不整脈心電学会 ,  日本循環器学会 ,  日本薬理学会 ,  日本内科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page