Rchr
J-GLOBAL ID:200901008817297039   Update date: Mar. 24, 2021

Mari Miura

ミウラ マリ | Mari Miura
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Politics ,  Gender studies
Research keywords  (9): ジェンダー平等政策 ,  クオータ ,  political participation of women ,  政党政治 ,  官邸主導 ,  female politicians ,  gender equal policy ,  福祉国家 ,  政策過程
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2009 - 2013 国の政策の企画・立案・決定に関する研究
  • 2003 - 2004 労働組合の現代的課題
Papers (26):
  • 三浦まり. 政治分野における男女共同参画をどう進めるか~基本法から推進法への継承と発展~. ジェンダーと法. 2020. 17
  • 三浦まり. 政治分野における男女共同参画の動向と課題 人材育成の展望. NWEC実践研究. 2020. 10
  • 三浦まり. 政治分野における男女共同参画推進法の意義と課題-法規範の定着に向けて. 憲法研究. 2019. 5
  • 候補者均等法の効果と課題〜持続的効果に向けて〜. VOTERS. 2019
  • 政治分野における男女共同参画法施行後1年〜統一自治体選挙から見えてきた課題〜. 自治研. 2019. 61. 718. 10-15
more...
MISC (10):
  • 三浦まり. 女性政治リーダーをどう増やすのか--女性の意欲を削ぐ男性社会にメスを. 三田評論. 2020. 1243
  • 三浦まり. G 権力・意思決定. JAWW NGOレポート-北京+25にむけて-. 2019
  • Mari Miura. G Women in Power and Decision-making. JAWW NGO Report for Beijing+25. 2019
  • 三浦まり. 「政治分野における男女共同参画推進法」成立の意味 : 議会の男女均等に向けて新たなステージへ. 世界. 2018. 910. 126-132
  • 三浦まり. 女性の政治参画を阻むもの. Voters. 2017. 38. 10-12
more...
Books (31):
  • 大沢真理教授最終報告会から グローバル・インクルージョンへの 日本と社会科学の課題-ジェンダー研究のインパクト-
    東京大学 社会科学研究所研究シリーズ 2020
  • 女性の参画が政治を変える-候補者均等法の活かし方
    信山社 2020
  • 生きづらさに立ち向かう
    岩波書店 2019
  • 諸外国における政治分野への女性の参画に関する調査研究報告書
    2019
  • 『社会への投資 <個人>を支える <つながり>を築く』合評会の記録
    2018
more...
Lectures and oral presentations  (32):
  • Candidates Who Break the Silence: #MeToo and Political Engagement in Japan
    (International Women's Activism: A Symposium on Social Movements and Political Leadership in the Era of #MeToo 2019)
  • 政治分野における男女共同参画をどう進めるか〜基本法と推進法の関係性から読み解く〜
    (ジェンダー法学会シンポジウム「今後の男女共同参画社会を展望する-男女共同参画社会基本法施行20周年を振り返りつつ」 2019)
  • 「男女共同参画社会基本法」から「政治分野における男女共同参画推進法」へ:継承と発展
    (名古屋大学シンポジウム「男女共同参画社会基本法とジェンダー平等:施行から20年を振り返る」 2019)
  • #MeToo in Japan
    (#MeToo Movements in East Asia 2019)
  • The Impact of the Gender Parity Law in Japan: Survey Results of Japanese Diet Members
    (2019)
more...
Education (2):
  • 1993 - 2002 University of California-Berkeley
  • 1993 - 2002 University of California-Berkeley
Professional career (6):
  • 法学士 (慶應義塾大学)
  • 修士(法学) (慶應義塾大学)
  • M.A. (University of California-Berkeley)
  • 政治学修士 (カリフォルニア大学バークレー校)
  • Ph.D. (University of California-Berkeley)
Show all
Work history (1):
  • 1999/04/01 - 2002/03/31 The University of Tokyo
Awards (1):
  • 2018/07 - IPSA (International Political Science Association) Wilma Rule Award (IPSA Award for the Best Research on Gender and Politics) Autralia
Association Membership(s) (1):
日本政治学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page