Rchr
J-GLOBAL ID:200901008817297039   Update date: Nov. 27, 2022

Mari Miura

ミウラ マリ | Mari Miura
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Politics ,  Gender studies
Research keywords  (7): 政治分野における女性への暴力 ,  社会的投資 ,  ケア ,  ジェンダー平等政策 ,  クオータ ,  political participation of women ,  福祉国家
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2021 - 2023 女性団体の活動・資源に関する包括的実態調査:ジェンダーギャップの解消に向けて
  • 2019 - 2023 The New Welfare-Growth Mix: Political Analysis of Social Investment in OECD Countries
  • 2018 - 2021 Hurdles of Women's Political Participation: Surveys of Diet Members and Party Officials
  • 2019 - 社会運動の再生:韓国の労働・市民運動から学ぶ
  • 2015 - 2018 Women's Political Participation: Surveys of Instituional and Social Factors
Show all
Papers (47):
  • 三浦まり. 地方議会におけるハラスメント研修をどう進めるか?. 地方議会人. 2022. 53. 6. 36-39
  • 三浦まり, 竹内明香. 都道府県版ジェンダー・ギャップ指数(2022 年版): 算出方法と結果分析. Sophia Discussion Paper Series. 2022. 22. 2
  • 三浦 まり. 「ケアの危機」の政治 : 新自由主義的母性の新展開-コロナ禍とジェンダー. 年報政治学 = The annuals of Japanese Political Science Association / 日本政治学会 編. 2022. 2022. 1. 96-118
  • 三浦 まり. 議会の多様性をなぜ目指すべきか? どのように実現できるか?-特集 次期統一選と首長・議員. ガバナンス / ぎょうせい 編. 2022. 254. 35-37
  • 三浦 まり. ケアの代表・承認・報酬 : ジェンダー格差解消に向けて-特集 コロナ禍における社会の分断 : ジェンダー格差に着目して. 学術の動向 = Trends in the sciences / 『学術の動向』編集委員会, 日本学術会議 編. 2022. 27. 5. 40-45
more...
MISC (36):
  • 座談会 若年層に政治参加を促すために何が必要か. 三田評論. 2021. 1259. 10-28
  • 石川 優実, 三浦 まり. オンライン対談 もの言う女性への攻撃 連帯の力で打ち返す. 女性のひろば. 2021. 511. 25-29
  • 三浦 まり. アフリカ・南米でも導入 世界で成果出すクオータ制 : 女性登用 (特集 会社とジェンダー : これが世界のビジネス常識). 週刊東洋経済. 2021. 6992. 72-73
  • 巻頭言 マイノリティの差別解消に向けて. グローバル・コンサーン. 2021. 3. 1-2
  • 女性議員が増えると何が変わるのか? : ジェンダー平等とケアの価値. 世界思想. 2021. 48. 31-39
more...
Books (31):
  • The World Politics of Social Investment: The Politics of Varying Social Investment Strategies (2)
    Oxford University Press 2022 ISBN:9780197601457
  • Japan in the Heisei era (1989-2019) : multidisciplinary perspectives
    Routledge 2022 ISBN:9780367221676
  • Japanese constitutional revisionism and civic activism
    Lexington Books 2021 ISBN:9781793609045
  • 大沢真理教授最終報告会から グローバル・インクルージョンへの 日本と社会科学の課題-ジェンダー研究のインパクト-
    東京大学 社会科学研究所研究シリーズ 2020
  • 女性の参画が政治を変える-候補者均等法の活かし方
    信山社 2020
more...
Lectures and oral presentations  (42):
  • 地方議会とハラスメント
    (令和4年度町村議会議長・副議長研修会 2022)
  • 女性の政治参画を進める:なぜクオータが必要か
    (全国憲法研究会 憲法記念講演会 2022)
  • Building Back Better and Women's Political Empowerment in Asia: Candidate Gender Quotas and Women's Political Representation
    (2021)
  • 新自由主義的母性への回収/からの脱却:ケアの代表・承認・再分配」
    (日本政治学会 2021)
  • ケアの代表・承認・再分配:ジェンダー格差拡大を防ぐために
    (日本学術会議公開シンポジウム「コロナ禍における社会の分断:ジェンダー格差に注目して」 2021)
more...
Education (4):
  • 1993 - 2002 University of California-Berkeley Graduate School, Division of Politics
  • 1993 - Keio University Graduate School of Law
  • 1991 - Keio University
  • 1990 - フランス・パリ政治学院
Professional career (6):
  • 法学士 (慶應義塾大学)
  • 修士(法学) (慶應義塾大学)
  • M.A. (University of California-Berkeley)
  • 政治学修士 (カリフォルニ大学バークレー校)
  • Ph.D. (University of California-Berkeley)
Show all
Work history (4):
  • 2021/04 - 2021/08 Tokyo Woman's Christian University
  • 2017/02 - 2017/03 オークランド大学 アジア研究所 客員研究員
  • 2014/03 - 2014/04 ボルドー・モンテーニュ大学 客員教授
  • 1999/04/01 - 2002/03/31 The University of Tokyo
Committee career (7):
  • 2022/07 - 現在 Politics and Gender 編集委員
  • 2020/10 - 現在 日本学術会議 連携会員
  • 2015 - 現在 千代田区男女平等推進区民会議 会長
  • 2022/07 - 2022/12 外務省 国際女性会議WAW!2022開催に向けた有識者会合
  • 2021/12 - 2022/07 兵庫県明石市ジェンダー平等の実現に関する検討会 会長
Show all
Awards (2):
  • 2021/06 - フランス共和国 国家功労賞シュバリエ
  • 2018/07 - IPSA (International Political Science Association) Wilma Rule Award (IPSA Award for the Best Research on Gender and Politics) Autralia
Association Membership(s) (3):
ジェンダー法学会 ,  日本比較政治学会 ,  日本政治学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page