Rchr
J-GLOBAL ID:200901009077967287   Update date: Mar. 26, 2021

Hitomi Kiyotaka

Hitomi Kiyotaka
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.ps.nagoya-u.ac.jp/lab_pages/biochemistry/newpage2.html
Research field  (1): Applied biochemistry
Research keywords  (10): calcium ,  skin epidermis ,  cellualr injury ,  Phage display ,  タンパク質架橋化酵素 ,  皮膚表皮分化 ,  メダカ ,  血液凝固 ,  fibrosis ,  transglutaminase
Research theme for competitive and other funds  (17):
  • 2020 - 2023 表皮培養と胎児皮膚形成の特殊性に着目した分化機構と羊水成分の解明
  • 2020 - 2023 Analysis on epidermal differentiation by amniotic fluid component
  • 2017 - 2020 気相接触を必須とする培養表皮の形成機構と羊水由来の形成促進因子探索
  • 2018 - 上皮組織の硬度化を司るタンパク質架橋酵素反応の統合的分子基盤
  • 2014 - 2017 生体機能を司る蛋白質架橋化とその制御破綻に関する分子基盤
Show all
Papers (130):
more...
MISC (34):
Patents (2):
  • トランスグルタミナーゼ基質反応性を有するペプチド及びその利用(2005-380040に基づく優先権主張に伴う特許出願)
  • トランスグルタミナーゼ基質反応性を有するペプチド及びその利用
Books (18):
  • The status quo in Enzyme Application to Food Sceience and Biotechnology
    2019
  • 食品・バイオにおける最新の酵素利用
    シーエムシー出版 2019
  • 血液凝固のメカニズムと病態について魚類を用いて解析する
    化学と生物 2018
  • 生命に内在するタンパク質接着酵素をメダカで研究する
    生化学会誌 2018
  • 組織の線維化に伴い架橋される基質タンパク質群の網羅的解析・同定
    日本応用酵素協会誌 2017
more...
Lectures and oral presentations  (7):
  • 生命に内在するタンパク質架橋化酵素の生理機能と関連病態
    (名城大学難治性疾患発症メカニズム研究センター第一回セミナー 2020)
  • タンパク質架橋化酵素トランスグルタミナーゼの線維症に伴う活性変動と基質群の解析
    (第62回日本腎臓学会学術総会 シンポジウム 2019)
  • タンパク質架橋化酵素による表皮構造タンパク質の修飾がバリア機能を強化する
    (日本生化学会大会 シンポジウム バリア機能を司る皮膚の戦略的形成機構を探る 2018)
  • Activation and Substrates of Transglutaminases
    (Gordon Research Conference Transglutaminase in Human Disease Processes 2018)
  • 皮膚形成と血液凝固を担うタンパク質架橋酵素のメダカを用いた解析
    (日本農芸化学会大会 シンポジウム メダカ 有用モデル生物としての産業応用への展開 2018)
more...
Works (3):
  • 分子生物学・免疫学キーワード辞典
    2003 -
  • 第6回トランスグルタミナーゼとタンパク架橋に関する国際会議に参加して
    2001 -
  • 学会見聞記:第10回日本動物細胞工学会国際会議
    1998 -
Education (2):
  • 1986 - 1989 Kyoto University Food Science and Chemistry
  • 1986 - 1989 Kyoto University Food Science and Chemistry
Professional career (1):
  • 農学博士 (京都大学)
Work history (13):
  • 2012/04/01 - 現在 Nagoya University Graduate School of Pharmaceutical Sciences Department of Basic Medicinal Sciences Bioscience Professor
  • 2013/04 - 2017/03 Nagoya University Graduare School of Pharmaceutical Sciences
  • 2012/04/01 - 2013/03/31 Nagoya University Graduare School of Pharmaceutical Sciences
  • 2007/04/01 - 2012/03/31 Nagoya University Graduate School of Bioagricultural Sciences Department of Applied Molecular Biosciences Associate professor
  • 2007/04/01 - Nagoya University Graduate School of Bioagricultural Sciences
Show all
Committee career (5):
  • 2021/03 - 現在 Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 編集委員
  • 2019/06/01 - 現在 日本農芸化学会 理事 中部支部支部長
  • 2018/07 - 現在 Gordon Research Conference 2020 Transglutaminases in Human Disease Processes Vice Chair
  • 2017/12/01 - 現在 トランスグルタミナーゼ研究会 代表世話人
  • 2017/08/01 - 2019/08/31 日本生化学会中部支部 例会長(副支部長)
Awards (3):
  • 2010/06/11 - 天野エンザイム株式会社 天野エンザイム応用酵素シンポジウム奨励賞
  • 2003/06 - 天野エンザイム 天野エンザイム応用酵素シンポジウム奨励賞
  • 2002/03/25 - 日本農芸化学会 農芸化学奨励賞
Association Membership(s) (6):
日本分子生物学会 ,  JApan Society for Cell Biology ,  日本薬学会 ,  日本動物細胞工学会 ,  日本生化学会 ,  日本農芸化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page