Rchr
J-GLOBAL ID:200901009490397898   Update date: May. 08, 2020

Oiwamoto Koji

オオイワモト コウジ | Oiwamoto Koji
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Literature - Chinese
Research keywords  (1): 漢語音韻史、中国古代字書史
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2019 - 2021 ミゲル・ロカ『漢西字典』の研究
  • 2009 - 2012 元・明両代に登場した類書・字書の系統に関する研究
  • 2010 - 2011 皇極経世解起数訣「声音韻譜」校異記
  • 2006 - 2008 南宋・祝泌「聲音韻譜」の総合的研究
  • 2004 - 2006 中国金代字書資料の構造及び相互の関連についての研究
Show all
Papers (26):
  • 大岩本幸次. 『官話撮要』訳注稿- 第三章(第19課から第26課)-. 『東北大学中国語学文学論集』. 2018. 23. 103-116
  • 大岩本幸次. 『漢西字典』初探. 『中国学志』. 2018. 33. 1-25
  • 大岩本幸次. 『官話撮要』訳注稿- 第二章(第12課から第18課)-. 『東北大学中国語学文学論集』. 2017. 21/22. 111-126
  • 大岩本幸次. 『官話撮要』訳注稿- 第一章(第1課から第11課)-. 『中国学志』. 2017. 32. 57-81
  • 大岩本幸次. 劉煕『釈名』ノート. 『中国学志』. 2016. 31. 19-33
more...
MISC (4):
  • 大岩本幸次. 項目執筆「干祿字書」「急就篇」「經籍纂詁並補遺」. 『日本語学大事典』(朝倉書店). 2014
  • 大岩本幸次. 項目執筆「韻鏡」「詩経押韻」「古韻」「広韻」「畳韻」「声母と古紐」「単語家族」「反切」「声調」. 『白川静を読むときの辞典』(平凡社). 2013
  • 大岩本幸次. 項目執筆「韓道昭」「五音集韻」. 『中国文化史大事典』(大修館書店). 2013
  • 大岩本幸次. 項目執筆「釋名」「廣韻」「六書」「韻書」「韻略」. 『日本語学研究事典』(明治書院). 2007
Books (2):
  • 皇極経世解起数訣「声音韻譜」校異記
    臨川書店 2011
  • 金代字書の研究
    東北大学出版会 2007
Lectures and oral presentations  (5):
  • 集韻系資料と金代音韻
    (第64回國際東方學者會議(東京會議)シンポジウムII 中國中古期と日本の古辭書研究の現在 2019)
  • 『皇極経世解起数訣』「声音韻譜」について
    (日本中国語学会関西支部例会 2010)
  • 金代の字書・韻書について
    (大阪市立大学中国学会第48回大会 2001)
  • 金・邢準『新脩累音引證群籍玉篇』について
    (東北中国学会第50回大会 2001)
  • 『五音集韻』研究 -特にその音系問題について-
    (東北中国学会第47回大会 1998)
Education (3):
  • - 1998 Tohoku University
  • - 1998 Tohoku University
  • - 1996 Osaka University of Foreign Studies
Professional career (2):
  • 博士 (東北大学)
  • Dr (Tohoku University)
Work history (4):
  • 2020/04/01 - 現在 Osaka City University Graduate School of Literature and Human Sciences Language and Culture Course Professor
  • 2001/04/01 - 2020/03/31 Osaka City University Graduate School of Literature and Human Sciences Language and Culture Course Associate Professor
  • 2007/04 - Osaka City University
  • 1999 - 2001 Ishinomaki Senshu University
Association Membership(s) (3):
THE CHINESE LINGUISTIC SOCIETY OF JAPAN ,  日本中国学会 ,  大阪市立大学中国学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page