Rchr
J-GLOBAL ID:200901009597994660   Update date: Oct. 26, 2021

Nagasaki Keizo

ナガサキ ケイゾウ | Nagasaki Keizo
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
Homepage URL  (1): http://www.cc.kochi-u.ac.jp/~nagasaki/index.html
Research field  (3): Aquaculture ,  Ecology and environmental science ,  Genetics
Research keywords  (8): 分子生態 ,  有害赤潮 ,  微細藻類 ,  ウイルス ,  molecular ecology ,  harmful algal bloom ,  microalga ,  virus
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2018 - 2022 渦鞭毛藻ウイルス感染過程の徹底精査:吸着-侵入-複製-形態形成から放出過程まで
  • 2018 - 2022 巨大ウイルスが水圏低次生態系で果たす役割の包括的解明
  • 2016 - 2021 有害プランクトンに対応した迅速診断技術の開発
  • 2016 - 2021 微生物学的視点からの底質環境測定に基づく 海域の漁場適性評価技術の開発
  • 2016 - 2021 水圏におけるウイルス-宿主間の 感染・共存機構の解明
Show all
Papers (115):
more...
MISC (126):
Patents (21):
  • 海産藻類を形質転換するために用いられる新規プロモーター.
  • 赤潮プランクトンに特異的に感染して増殖・溶藻しうるウイルス、該ウイルスを利用する赤潮防除方法および赤潮防除剤、並びに該ウイルスの保存方法
  • ヘテロシグマアカシオウイルスの検出方法
  • 赤潮プランクトンに特異的に感染して増殖・溶藻しうるウイルス、該ウイルスを利用する赤潮防除方法および赤潮防除剤、並びに該ウイルスの単離方法及び継代培養方法
  • ラビリンチュラ類を宿主とするウイルス、並びにラビリンチュラ類の増殖制御法及び遺伝子操作法
more...
Books (14):
  • 理科年表2021
    国立天文台 編),丸善出版,東京,pp.922-923. 2020
  • Nagasaki, K., Brussaard, C. P. D. (2008) Algal viruses. In: "Encyclopedia of Virology, Third Edition" ed. Mahy, B., Regenmortel, M. V.
    Elsevier, Oxford, UK. 2008 ISBN:0123739357
  • "Encyclopedia of Virology, Third Edition" ed. Mahy, B., Regenmortel, M. V., Elsevier, Oxford, UK. Vol.1, p.87-95.
    Oxford, UK. 2008 ISBN:9780123744104
  • Nagasaki, K. Viral infection in marine eucaryotic microalgae. In: "Algal cultures, Analogues and Applications" ed. Subba Rao, D. V.,
    Science publishers, New Hampshire, USA, 2005
  • 長崎慶三・外丸裕司. 海の環境微生物学(石田祐三郎・杉田治男 編)6章1.3 赤潮藻に感染するウイルス.
    恒星社厚生閣 2005
more...
Lectures and oral presentations  (295):
  • 珪藻に感染するウイルス-これまでの研究と今後の展望-.
    (日本藻類学会第33回大会 2009)
  • 赤潮原因鞭毛藻に感染するウイルス -研究と今後の展望-.
    (日本藻類学会第33回大会 2009)
  • 有害渦鞭毛藻Heterocapsa circularisquamaを宿主とするRNAウイルスの宿主特異性.
    (日本藻類学会第33回大会 2009)
  • 海産浮遊性珪藻類の分子生物学的手法による種識別・検出・定量解析について.
    (日本藻類学会第33回大会 2009)
  • 有害赤潮原因藻ヘテロカプサに感染する海産ウイルスHcRNAVの結晶構造解析に向けたコートタンパク質の発現系の確立.
    (第9回日本蛋白質科学会年会 2009)
more...
Works (1):
  • 細菌および藻類に感染したウイルスの透過型電子顕微鏡による検出に際しての染色方法の検討-酢酸ウラニル染色の代替法開発(京都大学)
    2006 -
Education (1):
  • - 1991 Kyoto University Fisheries
Professional career (1):
  • Doctor of Agriculture
Awards (2):
  • 2008 - 日本水産学会 水産学進歩賞「有害赤潮プランクトン感染性ウイルスに関する生理・生態および分子生物学的研究」
  • 2008 - The Scientific Achievement Award in Fisheries Science
Association Membership(s) (14):
日本微生物生態学会 ,  American Society for Virology ,  日本ウイルス学会 ,  日本プランクトン学会 ,  American Society for Microbiology ,  日本水産学会 ,  The Japanese Society of Phycology ,  The Society for the Study of Evolution ,  The Phytopathological Society of Japan ,  The Japanese Society for Virology ,  American Society for Virology ,  The Plankton Society of Japan ,  The Japanese Society of Fisheries Scienece ,  American Society for Microbiology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page