Rchr
J-GLOBAL ID:200901009625371738   Update date: Jul. 21, 2020

Okada Masaji

Okada Masaji
Affiliation and department:
Research keywords  (2): 陸上競技 ,  トレーニング
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2007 - 跳躍及び混成選手における身体組成と競技力に関する研究
  • 2004 - 投てき競技におけるパワートレーニング「ひねり編」
  • 2004 - 投てき競技におけるパワートレーニング
  • 2003 - 女子投擲選手の筋パワーと競技能力との関係
  • 2003 - 女子投てき擲選手における競技能力と下肢筋力の関係
Show all
Papers (10):
  • 岡田雅次, 小林万壽夫, 上村孝司, 藤田健祐, 小林志郎. 陸上競技選手におけるウエイトトレーニング技術と競技力の関連性について -女子やり投選手に着目して-. 体育・スポーツ科学研究. 2011. 第11号P101~P112
  • Journal of APPLIED BIOMECHANICS Morphological and Mechanical Properties of Muscle and Tendon in Highly Trained Sprinters. Journal of APPLIED BIOMECHANICS. 2011
  • 岡田雅次, 上村孝司, 藤田健祐. 海老原有希選手(やり投)の4年間の記録の推移と技術及び体力的要素について. 体育・スポーツ科学研究. 2009. 第9号P25~P30
  • 池田延行, 田原淳子, 岡田雅次. 小学校の走り高跳び授業に関する研究 -発達段階による成果の違いの比較研究-. 体育研究所報. 2008. 第27巻P93~P99
  • 上村孝司, 田中悠士郎, 江木俊輔, 岡田雅次, 青山利春, 渡辺剛. 大学陸上競技跳躍及び混成選手における身体組成と競技力に関する研究. 体育・スポーツ科学研究. 2007. 第7号P41~P45
more...
Works (12):
  • 輝く瞬間を求めて ロンドンへ陸上十種競技-右代啓祐
    2012 -
  • 右代 夢の「8000点」突破!!-右代の歴史的快挙に寄せて-
    2011 -
  • 岡田雅次コーチが語る海老原有希 金メダル&日本新の「要因」
    2010 -
  • 海老原初の”地元V”
    2010 -
  • 十種競技 右代啓祐
    2010 -
more...
Education (1):
  • 1980 - 1984 Kokushikan University
Professional career (1):
  • 学士 (国士舘大学)
Work history (4):
  • 2012/04/01 - 現在 国士舘大学大学院 スポーツ・システム研究科 スポーツ・システム専攻(修士課程) 教授
  • 2012/04/01 - 現在 Kokushikan University Physical Education, Physical Education
  • 2007/04/01 - 2012/03/31 Kokushikan University Physical Education, Physical Education
  • 2005/04 - 2007/03 Associate Professor
Committee career (21):
  • 2011/04/01 - 現在 財団法人日本オリンピック委員会 強化スタッフ(コーチングスタッフ)
  • 2006 - 現在 スポーツ協議会 委員
  • 2005 - 現在 ウェルネス・リサーチセンター運営委員会 委員
  • 2004 - 現在 財団法人日本陸上競技連盟 強化委員会 委員
  • 1998 - 現在 関東学生陸上競技連盟 評議委員
Show all
Awards (5):
  • 2011/10 - 日本陸上競技連盟 勲功賞
  • 2010/05 - 関東学生陸上競技連盟 指導者功労賞
  • 2009/05 - 関東学生陸上競技連盟 指導者功労賞
  • 2006/05 - 関東学生陸上競技連盟 指導者功労賞
  • 2005/05 - 関東学生陸上競技連盟 指導者功労賞
Association Membership(s) (3):
体育スポーツ科学学会 ,  日本陸上競技学会 ,  トレーニング科学学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page