Rchr
J-GLOBAL ID:200901009896074097   Update date: Jun. 09, 2020

Kikuchi Akio

キクチ アキオ | Kikuchi Akio
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Homepage URL  (2): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/9ff4585756fabcf1ad6f4360d23420a5.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/9ff4585756fabcf1ad6f4360d23420a5.html
Papers (79):
  • M Ezura, A Kikuchi, A Ishiki, N Okamura, T Hasegawa, R Harada, S Watanuki, Y Funaki, K Hiraoka, T Baba, N Sugeno, R Oshima, S Yoshida, J Kobayashi, M Kobayashi, O Tano, I Nakashima, S Mugikura, R Iwata, Y Taki, K Furukawa, H Arai, S Furumoto, M Tashiro, K Yanai, Y Kudo, A Takeda, M Aoki. Longitudinal changes in 18 F-THK5351 positron emission tomography in corticobasal syndrome. European journal of neurology. 2019. 26. 9. 1205-1211
  • Junpei Kobayashi, Takafumi Hasegawa, Naoto Sugeno, Shun Yoshida, Tetsuya Akiyama, Koki Fujimori, Hiroyasu Hatakeyama, Yasuo Miki, Arata Tomiyama, Yasushi Kawata, Mitsunori Fukuda, Ichiro Kawahata, Tohru Yamakuni, Michinori Ezura, Akio Kikuchi, Toru Baba, Atsushi Takeda, Makoto Kanzaki, Koichi Wakabayashi, Hideyuki Okano, Masashi Aoki. Extracellular α-synuclein enters dopaminergic cells by modulating flotillin-1-assisted dopamine transporter endocytosis. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2019. 33. 9. 10240-10256
  • Daida K, Nishioka K, Li Y, Yoshino H, Kikuchi A, Hasegawa T, Funayama M, Hattori N. Mutation analysis of LRP10 in Japanese patients with familial Parkinson's disease, progressive supranuclear palsy, and frontotemporal dementia. Neurobiology of aging. 2019
  • 菊池 昭夫, 江面 道典, 武田 篤. 【パーキンソン病(第2版)-基礎・臨床研究のアップデート-】検査・診断 画像検査 PET・DAT SPECT・SPECT. 日本臨床. 2018. 76. 増刊4 パーキンソン病. 307-314
  • Shun Yoshida, Takafumi Hasegawa, Mari Suzuki, Naoto Sugeno, Junpei Kobayashi, Morio Ueyama, Mitsunori Fukuda, Akemi Ido-Fujibayashi, Kiyotoshi Sekiguchi, Michinori Ezura, Akio Kikuchi, Toru Baba, Atsushi Takeda, Hideki Mochizuki, Yoshitaka Nagai, Masashi Aoki. Parkinson's disease-linked DNAJC13 mutation aggravates alpha-synuclein-induced neurotoxicity through perturbation of endosomal trafficking. Human molecular genetics. 2018. 27. 5. 823-836
more...
MISC (154):
  • 馬場 徹, 姜 美永, 細貝 良行, 西尾 慶之, 菊池 昭夫, 平山 和美, 長谷川 隆文, 青木 正志, 森 悦朗, 鈴木 匡子, 武田 篤. マイネルト基底核萎縮を伴うパーキンソン病の臨床・画像的特徴に関する研究. パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集. 2019. 13回. 80-80
  • 菊池 昭夫, 江面 道典, 岡村 信行, 長谷川 隆文, 石木 愛子, 原田 龍一, 菅野 直人, 吉田 隼, 小林 潤平, 荒井 啓行, 谷内 一彦, 古本 祥三, 田代 学, 工藤 幸司, 武田 篤, 青木 正志. 18F-THK5351 PETによる進行性核上性麻痺とパーキンソン病の鑑別の検討. パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集. 2019. 13回. 129-129
  • 張替 宗介, 阪本 直広, 西山 亜由美, 菅野 直人, 菊池 昭夫, 黒田 宙, 青木 正志. 一側上肢発症stiff-limb症候群の一例. 臨床神経学. 2019. 59. 1. 57-57
  • 菊池 昭夫, 江面 道典, 岡村 信行, 長谷川 隆文, 石木 愛子, 原田 龍一, 菅野 直人, 吉田 隼, 小林 潤平, 荒井 啓行, 谷内 一彦, 古本 祥三, 田代 学, 工藤 幸司, 武田 篤, 青木 正志. 大脳皮質基底核症候群における18F-THK5351 PETの経時的変化. 臨床神経学. 2018. 58. Suppl. S212-S212
  • 江面 道典, 菊池 昭夫, 岡村 信行, 吉田 隼, 小林 潤平, 菅野 直人, 長谷川 隆文, 石木 愛子, 原田 龍一, 荒井 啓行, 谷内 一彦, 古本 祥三, 田代 学, 工藤 幸司, 武田 篤, 青木 正志. 18F-THK5351 PETによるタウオパチーにおける鑑別診断の検討. 臨床神経学. 2018. 58. Suppl. S261-S261
more...
Lectures and oral presentations  (9):
  • 多系統萎縮症における[11C]BF-227 PETの経時的変化
    (第5回日本パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2011)
  • 多系統萎縮症における[11C]BF-227 PETの経時的変化
    (第52回日本神経学会学術大会 2011)
  • 多系統萎縮症における脳内α-シヌクレイン蛋白凝集体のPETによる画像化
    (第4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2010)
  • 多系統萎縮症における脳内α-シヌクレイン蛋白凝集体のPETによる画像化
    (第51回日本神経学会総会 2010)
  • 痙性斜頸患者における脳代謝の検討
    (第3回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2009)
more...
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page