Rchr
J-GLOBAL ID:200901010221455472   Update date: Sep. 01, 2020

Negayama Koichi

ネガヤマ コウイチ | Negayama Koichi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): https://sites.google.com/site/negayamawsd/https://sites.google.com/site/negayamawsd/
Research field  (1): Educational psychology
Research keywords  (1): 発達行動学、発達心理学
Research theme for competitive and other funds  (18):
  • 2020 - 2023 離島の家庭におけるアロマザリングシステムの実態・世代間連鎖・時代推移
  • 2019 - 2022 離島と都市部の保育園新入園児における保育場面への移行に関する縦断研究
  • 2017 - 2021 幼児期における特定の「親密な友達」の形成過程:「仲間づくり活動」の縦断的観察から
  • 2014 - 2017 How worries about radiation exposure influence psychological health and development
  • 2015 - 2017 抱き上げ場面における親子の間身体的相互作用の初期発達に関する研究
Show all
Papers (235):
more...
Books (48):
  • 守姉:琉球の子育てへの視角
    萌文書林 2020
  • 「子育てとアロマザリング」 教育・保育の現在・過去・未来を結ぶ論点:汐見稔幸とその周辺に所収
    エイデル研究所 2019
  • 共有する子育て:沖縄多良間島のアロマザリングに学ぶ
    金子書房 2019 ISBN:9784760824243
  • M.Koyasu, S.Iwatate, &K. Negayama, (Eds.) Frontiers in developmental psychology research: Japanese perspectives. (Child-rearing (“Kosodate”) in Japan with special reference to mother-child mutual negativity)
    Hituji_shobo 2016
  • ヒトの親子の特質と日本の子育て
    金子書房 2015
more...
Lectures and oral presentations  (37):
  • 幼児期における「友だち」の認識(2):縦断的検討から
    (日本発達心理学会第30回大会 2019)
  • 三次元動作解析を用いた乳児期のくすぐり遊びにおけるマルチモーダルな相互作用の事例的分析:コミュニケーション的音楽性の観点から
    (日本発達心理学会第30回大会 2019)
  • アロマザリングと母子の遠心性
    (日本発達心理学会第30回大会 2019)
  • 母親による乳児への抱き行動の縦断的研究
    (日本乳幼児医学・心理学会28回大会 2018)
  • The perception of intimate friends in preschool children: A comparison between children and nursery teachers
    (ISSBD2018 2018)
more...
Works (12):
  • Cross-Cultural Comparison of Tickling Play in Japan and Britain
    2001 -
  • くすぐり遊びの 日英比較
    2001 -
  • Study of mother-child separation with respect to house structure
    1993 -
  • Study of Sudden-weaning
    1993 -
  • Follow-up study of solid-feeding
    1993 -
more...
Education (2):
  • - 1977 Osaka University
  • - 1973 Osaka University
Professional career (4):
  • 文学修士 (大阪大学)
  • (BLANK)
  • 博士(人間科学),1992 (大阪大学)
  • (BLANK)
Work history (11):
  • 2014 - Toulouse大学客員教授
  • 2012 - Strathclyde大学客員教授
  • 2010/09 - 2010/12 (エディンバラ大学)
  • 2004 - Waseda University Faculty of Human Sciences
  • 2001/05 - 2001/07 (エディンバラ大学)
Show all
Awards (4):
  • 2013/09 - 日本心理学会優秀発表賞
  • 2007/04 - こども環境学会賞論文賞
  • 2006/10 - 発達臨床研究賞
  • 1990 - 発達科学研究教育奨励賞
Association Membership(s) (15):
日本保育学会 ,  こども環境学会 ,  日本赤ちゃん学会 ,  人間環境学会 ,  日本顔学会 ,  乳幼児医学・心理学会 ,  日本行動科学学会 ,  日本小児保健学会 ,  日本動物行動学会 ,  日本動物心理学会 ,  日本霊長類学会 ,  日本心理学会 ,  International Primatological Society ,  International Society for the Study of Behavioral Development ,  日本発達心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page