Rchr
J-GLOBAL ID:200901010903992453   Update date: Feb. 12, 2021

Irisawa Takashi

イリサワ タカシ | Irisawa Takashi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Aesthetics and art studies ,  Philosophy - Chinese, Indian, Buddhist ,  Philosophy - Chinese, Indian, Buddhist
Research keywords  (8): アフガニスタン ,  仏教遺跡 ,  仏教初伝 ,  仏教西漸 ,  Buddhist Art ,  Indian Buddhism ,  仏教美術 ,  インド仏教
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2019 - 2024 世界の人々のアイデンティティとしての「自省利他」の研究-社会実装を視野に入れ て
  • 東トルキスタン出土の仏典古写本の文献学的研究
  • 中国旅順博物館所蔵新疆出土文物に関する総合的研究
  • アジア諸地域における仏教の多様性とその現代的可能性の総合的研究
  • ガンダーラ美術の資料集成とその統合的研究
Show all
Papers (37):
  • 入澤 崇. 文明としての仏教-大谷探検隊の偉業から見えてきたこと-. 京都女子大学宗教・文化研究所研究紀要. 2016. 29. 75-121
  • 入澤 崇. 失われた仏教を求めて. 駒澤大学佛教学部論集. 2015. 46. 1-21
  • 入澤 崇. 利他の芸術. 京都・宗教論叢. 2015. 9. 10-11
  • 入澤 崇. 「チベットの仏教世界 もうひとつの大谷探検隊」によせて. 大法輪. 2014. 81. 5. 166-169
  • 入澤 崇. ヒマラヤを越えて. チベットの仏教世界-もうひとつの大谷探検隊. 2014. 6-9
more...
MISC (30):
  • 龍谷ミュージアム開館-仏教文化財を世界に向けて発信する-. 全国大学資料協議会 西日本部会会報. 2012. 28号. 10-11
  • 大谷探検隊の新研究. 印度学仏教学研究. 2012. 60巻. 2号. 836-835
  • ガンダーラ実践仏教の解明に向けて. 科学研究費補助金 基盤研究(A) ガンダーラ美術の資料集成とその統合的研究. 2011. 89-98
  • イラン北西部仏教遺跡に見られる中国文化. 龍谷大学国際社会文化研究所紀要. 2010. 12号. 190-201
  • イランの仏教遺跡. 印度学仏教学研究. 2009. 58巻. 1号. 346-339
more...
Books (19):
  • 大谷光瑞の構想と居住空間
    法藏館 2020
  • ジャータカ物語
    本願寺出版社 2019
  • 龍谷大学西域研究叢書6 大谷探検隊収集胡語文献叢書:仏教・マニ教・景教
    真陽社 2017
  • 大谷探検隊をめぐる新研究
    龍谷大学アジア仏教文化研究センター 2012
  • 仏教の来た道-シルクロード探検の旅-
    龍谷大学龍谷ミュージアム・読売新聞社 2012
more...
Lectures and oral presentations  (43):
  • 文明の再構築-自省利他社会を目指して-
    (京阪グループ連絡会 2021)
  • 自省利他社会を目指して
    (真宗大谷派 親鸞聖人讃仰講演会 2020)
  • アジアの中の東近江
    (東近江市総合戦略フォーラム-歴史から学ぶ未来への投資- 基調講演 2020)
  • 自省利他の社会を目指して
    (龍谷総合学園学校保護者会連合会「第7回御正忌本山参拝研修会」記念講演会 2020)
  • 未来を担うこどもたち
    (第26回真宗保育学会大会 2019)
more...
Works (9):
  • アフガニスタン仏教遺跡学術調査
    入澤 崇 2004 - 2010
  • Survey on Earliest Transmission of Buddhism in Southern China
    1990 - 1993
  • 仏教初伝南方ルート学術調査
    1990 - 1993
  • Survey of Buddhist Sites in Central Asia
    1990 -
  • 中央アジアにおける仏教遺跡の調査
    1990 -
more...
Education (4):
  • - 1986 Ryukoku University
  • - 1986 Ryukoku University
  • - 1978 Ryukoku University Department of Buddhist Studies
  • - 1978 Ryukoku University
Professional career (1):
  • Others
Work history (9):
  • 2017/04 - 現在 Ryukoku University
  • 2010/04 - 現在 Ryukoku University Faculty of Letters
  • 2015/04 - 2017/03 Ryukoku University Faculty of Letters
  • 2013/04 - 2015/03 Ryukoku University Ryukoku Museum
  • 2010/04 - 2013/03 Ryukoku University Ryukoku Museum
Show all
Committee career (2):
  • 1994 - 龍谷仏教学会 理事,評議員
  • 1993 - 仏教史学会 委員
Awards (1):
  • 1986 - 佐和隆研博士学術研究奨励賞
Association Membership(s) (5):
密教図像学会 ,  日本仏教学会 ,  日本印度学仏教学会 ,  仏教史学会 ,  龍谷仏教学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page