Rchr
J-GLOBAL ID:200901011208302108   Update date: Apr. 06, 2021

Iizuka Satoshi

イイヅカ サトシ | Iizuka Satoshi
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40414403
Research field  (1): Atmospheric and hydrospheric science
Research keywords  (5): Indian Ocean Dipole Mode ,  エルニーニョ ,  台風 ,  大気海洋結合モデル ,  大気海洋相互作用
Research theme for competitive and other funds  (18):
  • 2020 - 2025 メガストームに係る災害ハザードの近未来予測研究
  • 2019 - 2024 中緯度大気海洋研究の推進と統括
  • 2019 - 2024 急速に温暖化する日本周辺海域での大気海洋相互作用と極端気象
  • 2019 - 2021 令和元年台風19号及び台風21号による広域災害に関する総合研究
  • 2019 - 2021 令和元年台風15号による停電の長期化に伴う影響と風水害に関する総合調査
Show all
Papers (59):
  • Satoshi Iizuka, Ryuichi Kawamura, Hisashi Nakamura, Toru Miyama. Influence of Warm SST in the Oyashio Region on Rainfall Distribution of Typhoon Hagibis (2019). SOLA. 2021. 17A. Special_Edition. 21-28
  • Shakti P. C., Kohin Hirano, Satoshi Iizuka. Flood Inundation Mapping of the Hitachi Region in the Kuji River Basin, Japan, During the October 11-13, 2019 Extreme Rain Event. Journal of Disaster Research. 2020. 15. 6. 712-725
  • Satoshi Iizuka, Naoki Sakai. What Factors Contributed to the Torrential Rainfall of Hurricane Harvey over Texas?. Journal of Disaster Research. 2020. 15. 6. 726-734
  • NIMURA Masaki, KAWASAKI Koji, MURAKAMI Tomokazu, SHIMOKAWA Shinya, IIZUKA Satoshi, NISHIDA Shuzo. APPLICABILITY OF HYDROSTATIC / NON-HYDROSTATIC MODELS OF TSUNAMI SIMULATOR "T-STOC" TO STORM SURGE -INDUCED INANDATION ANALYSIS. Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering). 2020. 76. 2. I_115-I_120
  • NIMURA Masaki, KAWASAKI Koji, MURAKAMI Tomokazu, SHIMOKAWA Shinya, IIZUKA Satoshi, NISHIDA Shuzo. THREE-DIMENSIONAL NUMERICAL ANALYSIS OF STORM SURGE AROUND NAGOYA PORT BY POTENTIAL MAXIMUM TYPHOON WITH CONSIDERATION OF BUILDING CONFIGURATION AND LAYOUT. Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering). 2020. 45. 2. 6p-I_227
more...
MISC (37):
  • Satoshi Iizuka, Ken-ichi Shimose, Hitoshi Yokoyama. Validation of Analyzed Winds based on Greenhouse Damage by Typhoon Faxai. journal of wind engineering. 2021. 46. 1. 5-12
  • 平野洪賓, P.C. Shakti, 飯塚 聡. 令和元年東日本台風における水戸市および常陸太田市の浸水推定と調査報告. 防災科学技術研究所主要災害調査. 2021. 58
  • P.C, Shalti, K, Hirano, S. Iizuka, R. Misumi. Quick Exposure Assessment of Flood Inundation : A Case Study of Hitoyoshi City in Kumamoto Prefecture, Japan. Report of the National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience. 2020. 85. 1-11
  • Disaster-Prevention Function of Lowland Forests as Green Infrastructure - Examples of confirmed agro-meteorological disaster mitigation -. Report of the National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience. 2020. 85. 1-12
  • 二瓶 泰雄, 仲江川 敏之, 中北 英一, 竹見 哲也, 山田 朋人, 三隅 良平, 飯塚 聡, 鈴木 真一, 柳瀬 亘, 立川 康人, et al. 令和元年台風19号及び台風21号による広域災害に関する総合研究. 自然災害科学総合シンポジウム講演論文集. 2020. 57. 9-22
more...
Books (7):
  • 天気と海の関係についてわかっていることいないこと
    ペレ出版 2016
  • シミュレーション辞典
    コロナ社 2011
  • 自然災害の事典
    朝倉書店 2007
  • 筆保 弘徳, 飯塚 聡, 林 泰一
    2006
  • 月刊海洋 総特集 台風/2004--日本列島上陸を中心にして
    海洋出版株式会社 2005
more...
Lectures and oral presentations  (189):
  • 台風ボーガスを用いた 7 月気候場シミュレーションによる台風の遠隔影響
    (2020年度気象学会九州支部発表会 2021)
  • 令和2年7月豪雨とメソαスケール低気圧の関係
    (異常気象研究会2020「災害をもたらす極端気象の発現にかかわる総観場・循環場の特徴と大気海洋過程」 2020)
  • 2019年台風19号に対する海面水温偏差の感度実験
    (日本海洋学会2020年度秋季大会 2020)
  • 2020 年 4 月 12-13 日に三重県尾鷲市で南岸低気圧に伴って生じた大雨の数値シミュレーション
    (日本海洋学会2020年度秋季大会 2020)
  • 2020年4月12-13日に三重県尾鷲市で南岸低気圧に伴って生じた大雨の数値シミュレーション
    (第22回気象庁非静力学モデルに関するワークショップ 2020)
more...
Professional career (1):
  • 理学博士
Work history (5):
  • 2016/10 - 現在 防災科学技術研究所 総括主任研究員
  • 2003/04 - 2016/09 防災科学技術研究所 主任研究員
  • 1998/11 - 2003/03 防災科学技術研究所 研究員
  • 1997/10 - 1998/10 地球フロンティア研究システム 研究員
  • 1995/10 - 1997/09 防災科学技術研究所 支援研究員
Committee career (3):
  • 2020/07 - 現在 日本気象学会 SOLA 編集委員
  • 2020/04 - 現在 自然災害研究協議会 5号委員
  • 2020/07 - 2021/07 日本気象学会 気象集誌・SOLA特別号 2018年・2019年の台風 編集委員
Awards (1):
  • 2004/04 - 防災科学技術研究所 理事長表彰 高分解能大気海洋結合モデルと領域モデルを結合したモデルの開発
Association Membership(s) (3):
the Meteorological Society of Japan ,  THE OCEANOGRAPHIC SOCIETY OF JAPAN ,  American Geophysical Union
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page