Rchr
J-GLOBAL ID:200901011301535139   Update date: Mar. 18, 2021

Feng Qi

ヒヨウ キ | Feng Qi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): https://www.researchgate.net/profile/Qi_Feng13
Research field  (7): Environmental materials/recycling technology ,  Environmental load reduction/restoration technology ,  Inorganic materials ,  Inorganic compounds/materials chemistry ,  Electronic devices and equipment ,  Nanobioscience ,  Nanomaterials
Research keywords  (2): Materials Chemistry ,  Material Science
Research theme for competitive and other funds  (15):
  • 2005 - 2020 Functional nanomaterials of metal oxides
  • 2005 - 2020 Nanomaterials of metal oxides
  • 2019 - 2019 酸化マンガン機能性材料の製造法の開発
  • 2019 - 2019 福島原発事故放射能汚染水処理用高性能Sr2+選択吸着剤の開発
  • 2018 - 2019 強誘電性半導体の電荷分離機構解明によるペロブスカイト太陽電池の高性能化
Show all
Papers (85):
MISC (160):
more...
Patents (25):
  • ストロンチウムイオン吸着剤とその製造法
  • ストロンチウムイオン吸着剤とその製造法
  • 酸化物ナノシート及びその製造方法
  • Strontium Ion Adsorbent and Method for Producing Same
  • ストロンチウムイオン吸着剤とその製造法
more...
Books (10):
  • トコトンやさしいイオン交換の本
    日刊工業新聞社 2013
  • 図解 最先端イオン交換技術のすべて
    工業調査会 2009 ISBN:9784769342250
  • Inorganic and Metallic Nanotubular Materials
    Springer Publishing Company 2009 ISBN:3642036201
  • ナノチューブ状物質の最新技術と応用展開
    フロンティア出版 2008
  • Materials Syntheses, A Practical Guide,
    Springer Wien New York 2008
more...
Lectures and oral presentations  (337):
  • Synthesis and Characterization of Bismuth Chalcogenide Halide Compounds for Solar Cells
    (2019)
  • MAPbI3ペロブスカイトの強誘電性挙動と強誘電性半導体太陽電池
    (第57回セラミックス基礎科学討論会 2019)
  • Synthesis of Ba1-x(Bi0.5Na0.5)xTiO3 Mesocrystals via Solvothermal Soft Chemical Reaction
    (2019)
  • マンガン酸化物系Sr2+吸着剤の合成と吸着特性評価
    (第25回 ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国 2018)
  • 多孔性TiO2の合成と光触媒特性評価
    (第25回 ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国 2018)
more...
Works (19):
  • 酸化マンガン機能性材料の製造法の開発
    2017 - 2018
  • 多孔性チタン酸ナノシート膜の合成およびその特性評価
    2017 -
  • 鉛フリー強誘電体の合成およびその特性評価
    2016 -
  • 酸化亜鉛と酸化マンガン機能性材料の製造法の開発
    2013 - 2014
  • 形状異方性粒子を使用した、結晶配向性BaTiO3多結晶体の作製、およびその特性評価
    2014 -
more...
Education (3):
  • 1987 - 1990 Kyushu University
  • 1985 - 1987 Kyushu University
  • 1978 - 1982 広西大学(中国) 化学科
Professional career (1):
  • Doctor of Science (Kyushu University)
Work history (7):
  • 2006 - 現在 - 香川大学工学部, 教授
  • 2001 - 2006 Kagawa University Faculty of Engineering
  • 2000 - 2001 Kochi University
  • 1995 - 2000 Kochi University
  • 1993 - 1994 通産省工業技術院四国工業技術研究所研究員, 研究員
Show all
Committee career (31):
  • 2017/04 - 2018/03 日本イオン交換学会, 日本イオン交換学会 理事
  • 2017/04 - 2018/03 日本セラミックス協会基礎科学部, 日本セラミックス協会基礎科学部会、幹事
  • 2017/12 - ヤングセラミストミーティングin中四国, ヤングセラミストミーティングin中四国、奨励賞選考委員
  • 2016/04 - 2017/03 日本セラミックス協会基礎科学部, 日本セラミックス協会基礎科学部会、幹事, 幹事
  • 2016/04 - 2017/03 日本イオン交換学会, 日本イオン交換学会 理事, 理事
Show all
Awards (3):
  • 2009 - 日本イオン交換学会 学術賞
  • 2004 - 源内大賞
  • 2002 - 日本イオン交換学会 奨励賞
Association Membership(s) (11):
日本原子力学会 ,  日本原子力学会 ,  電気化学会 ,  ソフト溶液プロセス研究会 ,  日本イオン交換学会 ,  日本セラミックス協会 ,  日本化学会 ,  The Electrochemical Society ,  Japan Association of Ion Exchange ,  The Ceramic Society of Japan ,  Chemical Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page