Rchr
J-GLOBAL ID:200901011304776463   Update date: Jul. 12, 2022

Nohara Keiko

ノハラ ケイコ | Nohara Keiko
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.nies.go.jp/health/mcts/index.html
Research field  (1): Hygiene and public health (laboratory)
Research keywords  (11): arsenic ,  DNA methylation ,  Intergenerational effects ,  免疫毒性 ,  転写因子 ,  ダイオキシン ,  無機ヒ素 ,  エピジェネティクス ,  epigenetics ,  transcription factor ,  dioxin
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 環境化学物質のエピジェネティクス作用
  • ダイオキシンの免疫毒性
  • Epigenetics of environmental chemicals
  • Immunotoxicity of TCDD
Papers (92):
more...
MISC (21):
  • 岡村 和幸, 中林 一彦, 堀部 悠, 河合 智子, 鈴木 武博, 秦 健一郎, 野原 恵子. 妊娠期ヒ素曝露による孫世代肝腫瘍増加に関わるDNAメチル化で制御される遺伝子候補の肝細胞株における機能解析. The Journal of Toxicological Sciences. 2018. 43. Suppl. S226-S226
  • 岡村 和幸, 中林 一彦, 堀部 悠, 河合 智子, 鈴木 武博, 秦 健一郎, 野原 恵子. 妊娠期ヒ素曝露による孫世代肝腫瘍増加に関わるTmem54およびCd74のDNAメチル化変化. 日本衛生学雑誌. 2018. 73. Suppl. S239-S239
  • 松下 隼也, 岡村 和幸, 宇田川 理, 鈴木 武博, 櫻井 敏博, 市原 学, 野原 恵子. C3Hマウスの妊娠期ヒ素曝露による多世代影響へのmiRNAの関与. 日本衛生学雑誌. 2017. 72. Suppl. S229-S229
  • Biological effects of arsenic and diseases : The mechanisms involved in arsenic-induced carcinogenesis. 2016. 74. 7. 1207-1213
  • 松下 隼也, 岡村 和幸, 鈴木 武博, 中林 一彦, 堀部 悠, 河合 智子, 秦 健一郎, 櫻井 敏博, 市原 学, 野原 恵子. C3Hマウスの肝腫瘍形成に関与するDNAメチル化の探索. 日本薬学会年会要旨集. 2016. 136年会. 3. 224-224
more...
Professional career (1):
  • Doctor of Philosophy
Work history (7):
  • 2016/04 - 2021/03 National Institute for Environmental Studies
  • 2015/04 - 2016/03 National Institute for Environmental Studies
  • 2002/08 - 2016/03 University of Tsukuba
  • 2011/04 - 2014/03 (独)国立環境研究所 環境健康研究センター分子毒性機構研究室 室長
  • 2002/01 - 2011/03 国立環境研究所 環境健康研究領域分子細胞毒性研究室 室長
Show all
Committee career (7):
  • 2017/10 - 現在 Science Council of Japan member
  • 2013/10 - 現在 食品安全委員会 専門委員
  • - 現在 日本免疫毒性学会 理事、評議員
  • - 現在 日本衛生学会 評議員、編集委員
  • 2012/08 - The Japan Society for DOHaD councilor
Show all
Awards (1):
  • 2021/09 - 日本免疫毒性学会 学会賞 ダイオキシン類の免疫毒性作用とそのメカニズム
Association Membership(s) (13):
日本癌学会 ,  日本毒性学会 ,  日本DOHaD学会 ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR HYGIENE ,  日本免疫学会 ,  日本分子生物学会 ,  Society of Toxicology (USA) ,  日本免疫毒性学会 ,  The Japanese Biochemical Society ,  The Japanese Society for Immunology ,  The Molecular Biology Society of Japan ,  Society of Toxicology (USA) ,  The Japanese Society of Immunotoxicology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page