Rchr
J-GLOBAL ID:200901011708717142   Update date: Jan. 22, 2021

Yamada Hiroyuki

ヤマダ ヒロユキ | Yamada Hiroyuki
Affiliation and department:
Homepage URL  (2): https://sites.google.com/view/hiroyuki-yamadahttp://www.agr.hokudai.ac.jp/env/info/
Research field  (8): Ecology and environmental science ,  Atmospheric and hydrospheric science ,  Landscape science ,  Environmental agriculture ,  Environmental policy and society ,  Environmental impact assessment ,  Agricultural environmental and information engineering ,  Agricultural environmental and information engineering
Research keywords  (10): EcoInformatics ,  informatics ,  Peatland ,  Sediment pollution ,  水環境 ,  生物多様性保全 ,  湿原保全 ,  Hydrology ,  生態学 ,  Ecology
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2018 - 2020 全方位カメラ搭載UAV・VR技術を用いた湿原植生調査法の開発
  • 2016 - 2018 フィールド調査とロボット・センサ・通信技術をシームレスに連結する水域生態系モニタリングシステムの開発
  • 2012 - 2014 湿原湖沼水環境モニタリングのためのスカウト機能を備えたロボットボートの開発
  • 2011 - 2013 サイドスキャンソナーを用いた水生植物分布の自動分類に関する基礎的研究
  • 2008 - 2012 Control and analysis for formation of water environment using spatial information
Show all
Papers (52):
  • 山中登生, 山田浩之, 藤本泰文, 嶋田哲郎. 全周魚眼スマートフォンカメラと画像処理を用いた魚類の遠隔モニタリング. 応用生態工学. 2021. 印刷中
  • 中村隆俊, 大木慎也, 山田浩之. UAV空撮による全方位動画を用いた湿原植生調査法の開発と評価. 応用生態工学. 2021. 印刷中
  • 山田浩之, 上野裕介. カメラおよび画像処理技術を活用した生態系モニタリング. 応用生態工学. 2021. 印刷中
  • Production of a“digital-analogue tally counter” and its use on counting greater white-fronted geese. 2020. 10. 1. 79-83
  • 尾山洋一, 山田浩之, 松下文経, 福島武彦. SAVMA法を利用したWorldView-2画像による阿寒湖の沈水植物分布の推定. 湿地研究. 2020. 10. 1. 53-66
more...
MISC (12):
more...
Books (10):
  • 湿地の科学と暮らし-北のウェットランド大全-
    北海道大学出版会 2017
  • 釧路叢書
    釧路市教育委員会 2017
  • 図説日本の湿地
    朝倉書店 2017
  • Peatland in Southeast Asia
    Springer 2016
  • サロベツ湿原と稚咲内砂丘林帯湖沼群-その構造と変化-
    北海道大学図書刊行会 2014
more...
Lectures and oral presentations  (112):
  • UAV・VRカメラを用いた湿原植生調査法の有効性評価
    (日本生態学会第67回大会 2020)
  • UAV・VRカメラを用いた湿原の植生調査法の開発
    (日本生態学会第67回大会 2020)
  • 遠隔操作カメラと画像処理を用いたマガン自動監視システムの開発
    (日本湿地学会2019年度大会 2019)
  • 全周魚眼スマートフォンカメラと画像処理を用いた魚類の遠隔モニタリング
    (日本湿地学会2019年度大会 2019)
  • VR カメラを用いた湿地景観のアーカイブ化手法の検討
    (日本湿地学会2019年度大会 2019)
more...
Education (3):
  • 1999 - 2002 北海道大学大学院 環境資源学専攻
  • 1996 - 1998 Okayama University
  • 1994 - 1996 Okayama University
Professional career (2):
  • Ph.D. (Hokkaido University)
  • M.Eng. (Okayama University)
Work history (11):
  • 2012/08 - 現在 Hokkaido University Lecturer
  • 2007/04 - 2012/07 Hokkaido University Graduate School of Agriculture Research Faculty of Agriculture
  • 2006/01 - 2007/03 Hokkaido University Graduate School of Agriculture Research Faculty of Agriculture
  • 2006 - 2007 Research Associate
  • 2004 - 2006 Research Associate
Show all
Committee career (12):
  • 2018/04 - 現在 応用生態工学会 会誌編集委員会委員
  • 2018/04 - 現在 日本湿地学会 理事
  • 2017/10 - 現在 応用生態学会 幹事
  • 2015/04 - 現在 日本湿地学会 編集委員(副編集委員長)
  • 2006 - 現在 Wetland Seminar(日本湿地学会HWC部会) 運営委員
Show all
Awards (5):
  • 2013 - 北海道大学 北海道大学職員表彰
  • 2010 - 応用生態工学会大会口頭発表賞
  • 2003 - 応用生態工学会第7回大会優秀ポスター賞
  • 1996 - 平成8年度土木学会中国支部若手優秀発表者賞
  • 1994 - 全国高専土木学会近藤賞
Association Membership(s) (17):
日本泥炭地学会 ,  日本湿地学会 ,  JAPANESE ASSOCIATION OF GROUNDWATER HYDROLOGY ,  日本農業気象学会 ,  American Geophysical Union ,  日本陸水学会 ,  農業農村工学会(旧農業土木学会) ,  日本生態学会 ,  土木学会 ,  応用生態工学会 ,  American Geophysical Union ,  Center for Environmental Information Science. ,  Drainage and Reclamation Engineering ,  Japanese Society of Irrigation ,  Hokkaido Branch of the Japanese Forestry Society ,  Japan Society of Civil Engineers ,  Ecology and Civil Engineering Society
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page