Rchr
J-GLOBAL ID:200901011708717142   Update date: Sep. 19, 2022

Yamada Hiroyuki

ヤマダ ヒロユキ | Yamada Hiroyuki
Affiliation and department:
Homepage URL  (2): https://sites.google.com/view/hiroyuki-yamadahttp://www.agr.hokudai.ac.jp/env/info/
Research field  (8): Environmental policy and society ,  Environmental impact assessment ,  Agricultural environmental and information engineering ,  Agricultural environmental and information engineering ,  Ecology and environmental science ,  Atmospheric and hydrospheric science ,  Landscape science ,  Environmental agriculture
Research keywords  (10): EcoInformatics ,  informatics ,  Peatland ,  Sediment pollution ,  水環境 ,  生物多様性保全 ,  湿原保全 ,  Hydrology ,  生態学 ,  Ecology
Research theme for competitive and other funds  (22):
  • 2022 - 2026 釧路湿原シラルトロ湖におけるヒシ拡大の原因解明と環境修復法の確立
  • 2022 - 2025 UAVVR生態系アーカイブに関する技術開発と教育・研究DX推進へ向けた展開
  • 2019 - 2023 泥炭採掘跡地の再湿潤化による群落、水質、および温室効果気体生成の初期変遷の追跡
  • 2022 - 2023 生物相モニタリングの自動化と活用に関する研究
  • 2018 - 2021 Development of mire vegetation survey method using the UAV and VR technology with omnidirectional camera
Show all
Papers (56):
  • 山中登生, 山田浩之, 藤本泰文, 嶋田哲郎. 全周魚眼スマートフォンカメラと画像処理を用いた魚類の遠隔モニタリング. 応用生態工学. 2021. 23. 2. 409-413
  • 中村隆俊, 大木慎也, 山田浩之. UAV空撮による全方位動画を用いた湿原植生調査法の開発と評価. 応用生態工学. 2021. 23. 2. 383-394
  • Yutaka Kaizu, Tetsuo Shimada, Yusuke Takahashi, Sho Igarashi, Hiroyuki Yamada, Kenichi Furuhashi, Kenji Imou. Development of a Small Electric Robot Boat for Mowing Aquatic Weeds. Transactions of the ASABE. 2021. 64. 3. 1073-1082
  • 山田浩之, 上野裕介. カメラおよび画像処理技術を活用した生態系モニタリング. 応用生態工学. 2021. 23. 2. 365-368
  • Production of a“digital-analogue tally counter” and its use on counting greater white-fronted geese. 2020. 10. 1. 79-83
more...
MISC (16):
  • 山田 浩之. 全周魚眼カメラを用いたマガン個体数自動カウントへの挑戦. 野鳥. 2019. 84. 5. 16-19
  • 山田 浩之. 北海道大学サクシュコトニ川の小さな自然再生. 北海道ネーチャーマガジンモーリー. 2019. 52. 22-25
  • 若菜勇, 田村由紀, 尾山洋一, 山田浩之. 阿寒湖沼群におけるマリモの分布と水環境. 藻類. 2015. 63. 1
  • 若菜勇, 尾山洋一, 田村由紀, 山田浩之, 和田恵治, 長谷川健, 大原雅. 阿寒湖沼群における水環境と水生植物群落の多様性. 日本植物学会大会研究発表記録. 2015. 79th
  • 山田浩之, 横山諒, 海津裕. 宮島沼の水環境動態 -水環境空間情報の取得-. みんなでマガンを数える会25周年記念誌. 2014
more...
Books (10):
  • 湿地の科学と暮らし-北のウェットランド大全-
    北海道大学出版会 2017
  • 釧路叢書
    釧路市教育委員会 2017
  • 図説日本の湿地
    朝倉書店 2017
  • Peatland in Southeast Asia
    Springer 2016
  • サロベツ湿原と稚咲内砂丘林帯湖沼群-その構造と変化-
    北海道大学図書刊行会 2014
more...
Lectures and oral presentations  (119):
  • センシング技術を用いた生物モニタリングの試みー水鳥,魚類,湿原植生を対象としてー
    (リバーフロント財団第18回「川の自然再生」セミナー 2021)
  • 声紋の画像解析によるコオロギ類の鳴き声検出法の開発
    (応用生態工学会第24回全国大会 2021)
  • レーザ照射式カラス類追い払い装置の開発とその効果検証
    (応用生態工学会第24回全国大会 2021)
  • 近赤外・熱赤外カメラ空撮による湿原再生地の植生・環境モニタリング
    (日本湿地学会第13回大会 2021)
  • UAV・VRカメラを用いた湿原植生調査の有効性
    (2021)
more...
Education (3):
  • 1999 - 2002 北海道大学大学院 環境資源学専攻
  • 1996 - 1998 Okayama University
  • 1994 - 1996 Okayama University
Professional career (2):
  • Ph.D. (Hokkaido University)
  • M.Eng. (Okayama University)
Work history (7):
  • 2012/08 - 現在 Hokkaido University Lecturer
  • 2007/04 - 2012/07 Hokkaido University Graduate School of Agriculture Research Faculty of Agriculture
  • 2006/01 - 2007/03 Hokkaido University Graduate School of Agriculture Research Faculty of Agriculture
  • 2004/01 - 2005/12 北海道大学大学院農学研究科 助手
  • 2003/01 - 2003/12 Kyoto University Disaster Prevention Research Institute
Show all
Committee career (12):
  • 2018/04 - 現在 応用生態工学会 会誌編集委員会委員
  • 2018/04 - 現在 日本湿地学会 理事
  • 2006 - 現在 Wetland Seminar(日本湿地学会HWC部会) 運営委員
  • 2003 - 現在 釧路湿原自然再生協議会 委員
  • 2017/10 - 2021/09 応用生態学会 幹事
Show all
Awards (5):
  • 2013 - 北海道大学 北海道大学職員表彰
  • 2010 - 応用生態工学会大会口頭発表賞
  • 2003 - 応用生態工学会第7回大会優秀ポスター賞
  • 1996 - 平成8年度土木学会中国支部若手優秀発表者賞
  • 1994 - 全国高専土木学会近藤賞
Association Membership(s) (17):
日本泥炭地学会 ,  日本湿地学会 ,  JAPANESE ASSOCIATION OF GROUNDWATER HYDROLOGY ,  日本農業気象学会 ,  American Geophysical Union ,  日本陸水学会 ,  農業農村工学会(旧農業土木学会) ,  日本生態学会 ,  土木学会 ,  応用生態工学会 ,  American Geophysical Union ,  Center for Environmental Information Science. ,  Drainage and Reclamation Engineering ,  Japanese Society of Irrigation ,  Hokkaido Branch of the Japanese Forestry Society ,  Japan Society of Civil Engineers ,  Ecology and Civil Engineering Society
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page