Rchr
J-GLOBAL ID:200901011890975666   Update date: Jun. 27, 2019

TAKASHI KAWASHIMA

カワシマ タカシ | TAKASHI KAWASHIMA
Affiliation and department:
Research field  (3): Sociology ,  Literature - European ,  Gender studies
Research keywords  (6): 市民メディア ,  ジェンダー論 ,  カフカ ,  Citizen's Media ,  Gender Studies ,  Franz Kafka
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • カフカ文学におけるジェンダーとオリエンタリズム
  • 日本とドイツの市民メディア
  • Gender and Orientalism in Franz Kafka's Literature
  • Citizen's Media in Japan and Germany
Papers (28):
  • 川島 隆. カフカ『失踪者』における「旅」のイメージ-亡命者と移住者のあいだの浮遊. ドイツ文学. 2019. 158. 90-103
  • 川島 隆. カフカ『訴訟』に見る法と正義-労災保険局における職務との関連で(特集:詩的正義). ドイツ文学. 2016. 152. 107-121
  • 川島 隆. 〔特集まえがき〕世界の「転機」としてのカタストロフィ(特集:カタストロフィ). ドイツ文学. 2014. 148. 1-7
  • 川島 隆. ルポルタージュが伝える東日本大震災-ドイツにおける「フクシマ」表象の一断面(特集:カタストロフィ). ドイツ文学. 2014. 148. 105-119
  • 川島 隆. マウトナーの二つのボヘミア小説-同化ユダヤ人の「母語」と民族アイデンティティをめぐって. ナマール. 2013. 18. 51-61
more...
Books (28):
  • 断絶のコミュニケーション(ドイツ語が拓く地平1)(高田博行・山下仁編)
    ひつじ書房 2019
  • 『〈プラハのドイツ語文学〉再考』(三谷研爾編)
    日本独文学会研究叢書123号 2017
  • 文学と政治(青地伯水編)
    松籟社 2016
  • Fluktuation der Grenzen in der deutschen Gegenwartsliteratur
    2015
  • ポケットマスターピース01 カフカ(多和田葉子編・川島隆編集協力)
    集英社 2015
more...
Lectures and oral presentations  (40):
  • Franz Kafka im Kontext des "jüdischen Selbsthasses" seiner Zeit
    (61. Kulturseminar der JGG "Literarischer Habitus" 2019)
  • "So bereit ist man bei uns, die Gegenwart auszulöschen". Spuren der Russischen Revolution in Franz Kafkas China-Erzählungen, 1917-1920
    (GDVT-Jahrestagung 2018 "Asien in der deutschsprachigen Literatur" 2018)
  • Deutsche Angst und japanische Ruhe? Reaktion auf "Fukushima" im internationalen Vergleich
    (2018)
  • 社会を分断する言葉-原発事故をめぐるドイツの新聞報道と読者の反応を例に(シンポジウム:「現代社会における断絶のコミュニケーション」)
    (阪神ドイツ文学会第224回研究発表会 2017)
  • ハイジ像のメディア的変遷
    (日本コミュニケーション学会関西支部 2017)
more...
Professional career (1):
  • 博士(文学) (京都大学)
Work history (1):
  • Shiga University Faculty of Economics, Faculty of Economics Lecturer
Association Membership(s) (6):
オーストリア文学研究会 ,  社会文化学会 ,  日本マス・コミュニケーション学会 ,  日本ヘルダー学会 ,  日本独文学会京都支部 ,  日本独文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page