Rchr
J-GLOBAL ID:200901011953475979   Update date: Jun. 07, 2021

SUGAWARA Jun

スガワラ ジュン | SUGAWARA Jun
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Philosophy and ethics
Research keywords  (3): 環境倫理学 ,  日本哲学史 ,  ドイツ観念論
Papers (5):
  • 菅原潤. 『世界年代』とマルクス・ガブリエル. 国際哲学研究. 2020. 9. 31-38
  • 菅原潤. 積極的実在論とシェリング-マウリツィオ・フェラーリスの射程. シェリング年報. 2019. 27. 93-103
  • 菅原潤. グラントにおける事物化されていないものとしての自然-思弁的実在論を論じる前に. 国際哲学研究. 2019. 別冊11. 65-75
  • 菅原潤. Ungrund and Ekstase. ショーペンハウアー研究. 2014. 第19. 60-80
  • 菅原潤. Between Evil and Mythology. 国際哲学研究. 2014. 別冊第5号. 71-79
MISC (8):
  • 菅原潤. Ryosen Tsunashima and Tetsugakukan Incident. 国際井上円了研究. 2016. 第4. 123-135
  • 菅原潤. Thinking of tourism in Fuku-ichi Nuclear Power Plant. 日本大学工学部紀要. 2016. 第57. 第2. 37-42
  • 菅原潤. Bowies Interpretation of German Romanticism. 思索. 2014. 第47. 311-332
  • 菅原潤. From Nagasaki to Fukushima. 総合環境研究. 2014. 第17. 第1. 19-30
  • 菅原潤. The ethical Aproach to Seels Aesthetics of Nature. ぷらくしす. 2011. 12. 17-26
more...
Books (17):
  • 日本思想史事典
    丸善出版 2020
  • 上山春平と新京都学派の哲学
    晃洋書房 2019
  • 再考 三木清-現代への問いとして
    昭和堂 2019
  • 京都学派
    講談社現代新書 2018
  • 3・11以後の世代間倫理-風景論から世代間倫理へ
    昭和堂 2016
more...
Lectures and oral presentations  (1):
  • The Ethical Meaning of Free Nature
    (日本哲学会 2006)
Education (2):
  • - 1987 Tohoku University
  • - 1987 東北大学 哲学科
Work history (5):
  • 2015/04 - 現在 日本大学 工学部 教授
  • 2006/04 - 2015/03 Nagasaki University Graduate School of Fisheries Science and Environmental Studies Professor
  • 2003 - 2006 佐賀大学 助教授
  • 2003 - 2006 Associate Professor,Saga University
  • 2003 - 2006 佐賀大学 助教授
Awards (1):
  • 2005 - 日本シェリング協会 第一回研究奨励賞
Association Membership(s) (9):
日本哲学会 ,  日本現象学会 ,  日本ヘーゲル学会 ,  日本シェリング協会 ,  日本ショーペンハウアー協会 ,  東北哲学会 ,  西田哲学会 ,  科学技術社会論学会 ,  ゲーテ自然科学の集い
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page