Rchr
J-GLOBAL ID:200901011986482091   Update date: Nov. 25, 2019

Oikawa Kiyoaki

オイカワ キヨアキ | Oikawa Kiyoaki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (3):
Research field  (1): Architectural and city planning
Research keywords  (1): Architectural and Urban Space Planning, Urban Space Analysis, Traditional Houses and Villages
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2012 - 2012 歴史的空間を活かした“まちを深く知る機能”の場の創造(分担)
  • 2008 - 2009 ラオスにおける民族固有の居住文化に関する比較形態学的研究
  • 2004 - 2005 ベトナム中・南部における少数民族の居住文化に関する形態学的研究(分担)
Papers (133):
  • 北本英里子, 山田悟史, 及川清昭. 帰宅困難者数と未収容者の推計と避難施設の適正配置に関する研究-京阪神都市圏外を含めた京都市への来訪者を対象として-. 歴史都市防災論文集. 2017. 11. 191-198
  • 北本英里子, 山田悟史, 宗本晋作, 大内宏友, 及川清昭. 神戸の震災による環境変化に対する地域住民の景観認知について. 日本建築学会計画系論文集. 2016. 81. 720. 357-367
  • 藤井健史, 山田悟史, 及川清昭. 立体的可視量による建物の非接道壁面の定量的把握-京都市内の建物配置を対象として. 第37回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集. 2014
  • 北本英里子, 山田悟史, 及川清昭. 京都市における帰宅困難者の推計と一時収容施設の適正配置に関する研究. 第37回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集. 2014
  • 松宮かおる, 鷲崎桃子, 及川清昭, 郷田桃代. 建物間の隙間に関する定量的分析. 日本建築学会計画系論文集. 2014. 79. 697. 693-699
more...
Books (7):
  • 建築大百科事典 歴史的町並みをめぐる潮流,膨大な情報を整理する,世界は中庭型住居で満ちている
    朝倉書店 2008
  • まちづくりの百科事典・人口動態
    丸善 2008
  • "Islamic Area Studies with Geographic Information Systems, An Analysis on the Visibility of Minarets in San’a Old City of Yemen"
    Routledge Curzon 2004
  • トルコ・イスラーム都市の空間文化・ 「摩天楼の要塞都市サナアとシバーム」
    山川出版 2003
  • 東京の環境を考える・「江戸・東京の都市空間の変遷」
    朝倉書店 2002 ISBN:4254266251
more...
Lectures and oral presentations  (45):
  • Artize
    (日本建築学会大会建築デザイン発表梗概集,pp.434-435 2017)
  • 流線のコンコース-市庁舎と駅の複合化-
    (日本建築学会大会建築デザイン発表梗概集,pp.406-407 2017)
  • Mecca for Reggae-ウォーターフロントから生まれるリリック-
    (日本建築学会大会建築デザイン発表梗概集,pp.390-391 2017)
  • 山処の宿り木-古道を巡る旅人たちの結節点-
    (日本建築学会大会建築デザイン発表梗概集,pp.238-239 2017)
  • HMDを用いた空間知覚に関する研究-空間の囲われ感を対象とした被験者実験-
    (日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.17-18 2017)
more...
Works (38):
  • 立命館大学平井嘉一郎記念図書館
    2016 -
  • 瀬戸内国際芸術祭2016「ファームステーション安田の郷・体験型農家食堂」
    2016 -
  • 立命館大学の3キャンパス体制
    2015 -
  • 立命館大学大阪いばらきキャンパス
    2015 -
  • 立命館大学大阪いばらきキャンパス
    2015 -
more...
Education (2):
  • - 1984 The University of Tokyo "Graduate School, Division of Engineering" Architecture
  • - 1976 The University of Tokyo Faculty of Engineering Department of Architecture
Professional career (1):
  • Doctor of Engineering (The University of Tokyo)
Work history (3):
  • 2003/04/01 - Ritsumeikan University
  • 1999 - 2003 The University of Tokyo
  • 1984 - 1999 The University of Tokyo
Association Membership(s) (6):
"Society for Science on Form, Japan" ,  The Operations Research Society of Japan ,  Association of Urban Housing Sciences ,  GIS Association of Japan ,  The City Planning Institute of Japan ,  Architectural Institute of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page