Rchr
J-GLOBAL ID:200901012372399267   Update date: Aug. 19, 2020

Shirai Haruna

シライ ハルナ | Shirai Haruna
Affiliation and department:
Research field  (1): Rehabilitation science
Research keywords  (2): 作業療法・認知症 ,  作業療法・ウェルビーイング・健康・コミュニケーション
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2018 - 2021 認知症高齢者の活動の質(QOA)を高めるプラクティスガイドの開発
Papers (15):
  • 白井はる奈, 梶原香里. 小学生児童に対する花育活動の効果 -自尊感情に着目して-. 保健医療技術学部論集. 2019. 第13号. 1-10
  • Masahiro Ogawa, Seiji Nishida, Haruna Shirai. A Qualitative Study to Explore Ways to Observe Results of Engaging Activities in Clients with Dementia. OCCUPATIONAL THERAPY INTERNATIONAL. 2017
  • 林悠子. 対人援助者に求められる援助観 -乳児保育における熟練保育士の語りの分析を通して-. 佛教大学社会福祉学部論集. 2015. 11. 11-30
  • 谷川良博, 白井はる奈. 認知症者に対する福祉用具の基本的な用い方. 作業療法ジャーナル. 2012. 46. 7. 897-901
  • 永田ゑみ子, 若狭和樹, 太田智之, 白井はる奈. 就労移行支援事業所にて就労を目指す一事例-自己表現が苦手な精神障害者の就労支援における交換ノートを通した関わり-. 佛教大学保健医療技術学部論集. 2012. 6. 43-51
more...
MISC (1):
  • 提言「今,ここ」を大切にする 作業療法ジャーナルVol 48, No 10 pp.989-999. 2014
Books (9):
  • 作業療法士がすすめる認知症ケアガイド 行動心理症状の理解と対応&活動の用い方
    クリエイツかもがわ 2020
  • 改訂第2版 認知症をもつ人への作業療法アプローチ -視点・プロセス・理論-
    2019
  • 認知症の作業療法 第2版 ソーシャルインクルージョンをめざして
    医歯薬出版株式会社 2016 ISBN:9784263219492
  • 認知症の予防と進行を抑えるためのアクティビティ・ケア
    株式会社エスシーアイ 2014 ISBN:4908017018
  • 認知症をもつ人への作業療法アプローチ
    メジカルビュー社 2014
more...
Lectures and oral presentations  (49):
  • 活動の質評価法(A-QOA)の開発とその研修会の有用性の検討
    (第53回日本作業療法学会 2019)
  • 認知症をもつ方の活動の質を評価するツールの開発-活動の質評価法(A-QOA)の紹介-
    (第20回日本認知症ケア学会大会 2019)
  • 事例を通した活動の質評価法(A-QOA)の検討
    (第20回日本認知症ケア学会大会 2019)
  • 花育活動が小学生の自尊感情に与える効果
    (人間・植物関係学会2018年大会 2018)
  • 企業が精神障害者の雇用・実習を受け入れる理由-企業へのアンケートから-
    (日本精神障害者リハビリテーション学会第24回長野大会 2016)
more...
Education (4):
  • 2004 - 2008 Hiroshima University Graduate School, Division of Health Care
  • 2002 - 2004 Hiroshima University Graduate School, Division of Health Care
  • 2000 - 2002 Hiroshima University
  • 1994 - 1997 College of Medical Technology, Kyoto University
Professional career (5):
  • 保健学博士 (広島大学)
  • Doctor of Health Sciences (Hiroshima University)
  • 保健学修士 (広島大学)
  • 学士 (広島大学)
  • Master of Health Sciences (Hiroshima University)
Work history (5):
  • 2010/04 - Bukkyo University School of Health Sciences
  • 2007/04 - 2010/03 Kyoto University Graduate School of Medicine
  • 2006/04 - 2007/03 Kyoto University Hospital
  • 2002/04 - 2006/03 Hiroshima University Graduate School of Health Sciences
  • 1997/04 - 1999/12 大阪府済生会中津病院 リハビリテーション技術科
Committee career (2):
  • 2011/04 - 2013/03 公益社団法人 認知症の人と家族の会 調査研究専門委員会 公益社団法人 認知症の人と家族の会 調査研究専門委員会 委員
  • 2011/04 - 京都市障害程度区分判定等審査会委員 京都市障害程度区分判定等審査会委員
Association Membership(s) (6):
日本作業療法士協会 ,  日本児童青年精神医学会 ,  日本認知症ケア学会 ,  日本ヘルスコミュニケーション研究会 ,  日本精神障害者リハビリテーション学会 ,  人間・植物関係学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page