Rchr
J-GLOBAL ID:200901013248075778   Update date: Feb. 25, 2021

Miyake Kazuko

ミヤケ カズコ | Miyake Kazuko
Affiliation and department:
Job title: 教授
Other affiliations (1):
Research field  (4): Linguistics ,  Japanese language education ,  Foreign language education ,  Japanese linguistics
Research keywords  (9): Sociolinguistics ,  Politeness ,  Mobilities ,  mobile media ,  談話分析 ,  アイデンティティ ,  対人関係 ,  Diaspora ,  Pragmatics
Research theme for competitive and other funds  (17):
  • 2018 - 2021 日本語配慮表現辞典の基盤形成のための配慮表現正用・誤用データベースの構築
  • 2019 - 2020 A Diacronic and Syncronic Studies of overseas Japanese in their retaining and inheriting their mother tongue
  • 2018 - 2019 海外における継承日本語をめぐる親・子供・教師の実践リアリティ:多角的・総合的 研究
  • 2015 - 2017 日本語教師の調査ネットワークの構築と日系ディアスポラの言語生活調査
  • 2013 - 2015 日本語学習者の会話遂行時のモニタリング行為の分析-会話教育のための基礎研究-
Show all
Papers (83):
  • Kazuko Miyake, Noriko Iwasaki. Fluidity and diversity of Japanese communities in London. Journal of Asian Pacific Communication. Advance online publication. 2020. DOI: https://doi.org/10.1075/japc.00067.miy
  • Kazuko Miyake. Studies in the Japanese Language. 2020. 16. 2. 97-104
  • Kazuko Miyake. What can we learn from the Global Community in London?. JAPANESE LANGUAGE EDUCATION IN EUROPE. 2020. 24. 67-76
  • Kazuko Miyake. 絵文字の盛衰-日本のモバイルメディアにおけるヴィジュアル表象-. 人間科学総合研究所紀要. 2020. 21. 1-15
  • Kazuko Miyake. Analysis of the Discourse Features of Requests in LINE communication, 2. 2020. 94
more...
MISC (34):
  • 「専門分野における『ことばの教育』-日本語学演習における言語表現教育からの展開-」. 『大学で学習を支える日本語表現能力育成カリキュラムの開発:総合・協働的アプローチ』(平成15年~17年科学研究助成金(基盤研究B)研究成果報告書 研究代表者:大島弥生). 2006
  • 「東洋大学における『現代日本語表現』の実践-文系5学部の日本人大学生への『日本語』 教育」. 『大学で学習を支える日本語表現能力育成カリキュラムの開発:総合・協働的アプローチ』(平成15年~17年科学研究助成金(基盤研究B)研究成果報告書 研究代表者:大島弥生). 2006
  • 「大学初年次教育と言語表表現教育との接点2-オーストラリアの初年次教育に学ぶ-」. 『大学で学習を支える日本語表現能力育成カリキュラムの開発:総合・協働的アプローチ』(平成15年~17年科学研究助成金(基盤研究B)研究成果報告書 研究代表者:大島弥生). 2006
  • 三宅 和子. 携帯電話利用が若者の言語行動と対人関係におよぼす影響に関する調査・研究. 平成15年~17年科学研究助成金(基盤研究C)研究成果報告書. 2006
  • 三宅 和子. 日本語学研究報告 3-携帯コミュニケーションの諸相と変化:演習クラスの調査・分析-. 2006
more...
Books (30):
  • 日本語配慮表現の原理と諸相
    くろしお出版 2019 ISBN:9784874248157
  • 現代の語彙 : 男女平等の時代
    朝倉書店 2019 ISBN:9784254516678
  • 日本語学大辞典
    東京堂 2018
  • 移動とことば
    2018 ISBN:9784874247747
  • コミュニケーションの方言学
    ひつじ書房 2018 ISBN:9784894768970
more...
Lectures and oral presentations  (61):
  • When Japanese becomes meaningful to you
    (2019)
  • Japanese in mobile media: Analysis of LINE communication
    (2019)
  • Japanese communities in London
    (The 10th Colloqium on Japanese Communities Overseas 2019)
  • What can we learn from the Glocal Community in London? -The case of the Japanese Women’s Association in Great Britain
    (2019)
  • Description and Analysis of LINE communication
    (2018)
more...
Works (18):
  • 書評 筒井佐代著 『雑談の構造分析』『日本語の研究』第10巻1号 pp.60-65
    三宅 和子 2013 -
  • 書評 『歴史語用論入門』(大修館書店)『言語意識と社会』(三元社)『ことばと社会』第14号 pp.261-275 三元社
    三宅 和子 2012 -
  • 「ケータイ語-ことば遊び文化の落とし子」『文藝春SPECIAL』季刊秋号特集「素晴らしき日本語の世界」Pp.184-185
    2008 -
  • 「若者のコミュニケーション」東京新聞(第1週「つき合い」かたが変わってきた?!/第2週 メールで「話す」?-文末に込める思い-/第3週 言葉遊び/第4週 気配り)
    2007 -
  • 「日本語の世界を探索する(4)-話しことばと書きことば-」 2005年4月『東洋』第42号第1号 東洋大学通信教育部 pp.10-16
    2005 -
more...
Education (1):
  • - 1992 University of Tsukuba
Professional career (2):
  • Masters of International Studies (University of Tsukuba)
  • PhD (Nihon University)
Work history (8):
  • 2005 - 現在 Toyo University Graduate School Japanese Literature and Culture Professor
  • 2004 - 現在 Toyo University Faculty of Letters Professor
  • 2000 - 2003 Toyo University Faculty of Letters Associate Professor
  • 1996 - 2000 Toyo University Junior College Department of Japanese Literature Associate Professor
  • 1993 - 1996 Toyo University Junior College Department of Japanese Literature Lecturer
Show all
Committee career (12):
  • 2019/04 - 現在 社会言語科学会 理事
  • 2011 - 現在 日本語教育学会 学会誌編集協力委員 / 審査・運営協力員
  • 2018/04 - 2020/03 日本文学文化学会 会長
  • 2015 - 2018 言語系学会連合 監査委員
  • 2014 - 2018 社会言語科学会 監事
Show all
Association Membership(s) (8):
The UNITED ASSOCIATIONS OF LANGUAGE STUDIES ,  The British Association for Teaching Japanese as a Foreign Language ,  Association of Japanese Language Teachers in Europe ,  European Association of Japanese Studies ,  THE SOCIETY FOR JAPANESE LINGUISTICS ,  JAPANESE ASSOCIATION OF THE SOCIOLINGUISTIC SCIENCES ,  International Pragmatics Association ,  日本語教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page