Rchr
J-GLOBAL ID:200901013269246327   Update date: Oct. 30, 2020

Hashimoto Tamotsu

ハシモト タモツ | Hashimoto Tamotsu
Research field  (1): Polymer chemistry
Research keywords  (6): Functional Polymers, Synthesis, Properties ,  機能性高分子、合成、性質 ,  Cationic Polymerization, Ionic Polymerization, Polymerization ,  カチオン重合、イオン重合、重合 ,  Polymer, Synthesis, Chemistry ,  高分子、合成、化学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2014 - 分解・リサイクル可能な炭素繊維強化プラスチックの開発
  • 2012 - 化学分解・生分解性結合を導入したケミカルリサイクル可能なポリウレタン材料の開発
  • 2008 - ケミカルリサイクル可能な新型ポリウレタンフォームの開発
Papers (141):
  • Toughening of Epoxy Resins and Carbon Fiber-Reinforced Plastics (CFRPs) with Core-Shell Particles Containing Epoxy Functional Groups. 2020. 68. 87-94
  • T.Sakaguchi, A.Takeda, T.Hashimoto. Synthesis and gas permeability of methylol-group-containing Poly(diphenylacetylene)s with high CO2 permeability and permselectivity. Polymer. 2020. 190. 122230-(8)
  • A. Yamaguchi, T. Hashimoto, H. Uematsu, M. Urushisaki, T. Sakaguchi, A. Takamura, D. Sasaki. Investigation of interfacial adhesion of telechelic polypropylenes for carbon fiber-reinforced plastics. Polymer Journal. 2020. 52. 4. 413-419
  • T. Hashimoto. ポリスチレン熱分解物スチレンダイマーとスチレントリマーからなるポリマーの熱分解によるポリスチレンの2サイクルケミカルリサイクル. 2019. 31. 3. 69-77
  • 漆﨑美智遠, 橋本 保, 阪口壽一. エポキシ基を有するビニルエーテルとN-フェニルマレイミドのラジカル共重合による新規エポキシ樹脂の合成. 高分子論文集. 2019. 76. 1. 98-107
more...
MISC (136):
Patents (11):
  • ビニルエーテル誘導体ポリマー並びにその製造方法及び用途
  • ジビニルエーテルホモポリマー、その製造方法およびその用途
  • ジビニルエーテルホモポリマー、その製造方法およびその用途
  • ビニルエーテル誘導体星型ポリマー及びその製造方法
  • 焼成ペースト組成物
more...
Books (11):
  • 基礎高分子科学(第2版) 4.3章 高分子の分解とリサイクル
    東京化学同人 2020
  • プラスチックの資源循環に向けたグリーンケミストリーの要素技術、ポリスチレンの2サイクルケミカルリサイクル:ポリスチレン熱分解物スチレンダイマーとスチレントリマーからなるポリマーの熱分解
    シーエムシー出版 2019 ISBN:9784781314440
  • 機能性ポリウレタンの最新技術、第6篇 環境対応 第24章 ポリウレタンの環境対応リサイクル技術
    シーエムシー出版 2015
  • 電子部品用エポキシ樹脂-半導体実装材料の最先端技術 第23章 分解・リサイクル性材料の開発
    2015
  • POM (Polyoxymethylenes), Polyacetals
    "Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials," S. Kobayashi, K. Mullen eds., Springer, Germany 2015
more...
Lectures and oral presentations  (145):
  • 高性能・熱可塑性 CFRP 開発のためのテレケリックポリプロピレンと炭素繊維との界面接着性評価
    (第69回高分子学会年次大会 2020)
  • 分解性エポキシサイジング剤を塗布した炭素繊維を 用いた易解体性・熱硬化性 CFRP の開発
    (第69回高分子学会年次大会 2020)
  • 無機微粒子とポリ(ジフェニルアセチレン)複合膜の作製と気体透過特性
    (第68回高分子学会北陸支部研究発表会 2019)
  • カーボネートを有するビニルエーテルのカチオン重合とそれによるヒドロキシウレタン結合を有するポリマーの合成
    (第68回高分子学会北陸支部研究発表会 2019)
  • フルオレン誘導体を含む二置換アセチレンポリマーの合成と発光特性
    (第68回高分子学会北陸支部研究発表会 2019)
more...
Works (8):
  • 分解・リサイクル可能な炭素繊維強化プラスチックの開発, 挑戦的萌芽研究
    2014 -
  • 化学分解・生分解性結合を導入したケミカルリサイクル可能なポリウレタン材料の開発, 挑戦的萌芽研究
    2012 -
  • 軽量・耐水・高屈折性新規透明プラスチックレンズの開発
    2007 - 2008
  • ビニルエーテル類の重合に関する研究
    2007 - 2008
  • ケミカルリサイクル可能な新型ポリウレタンフォームの開発, 萌芽研究
    2008 -
more...
Education (1):
  • 1985 - 1987 Kyoto University
Professional career (2):
  • 工学博士
  • Doctor(Engineering)
Work history (4):
  • 2006/04 - University of Fukui
  • 2005/04 - 2006/03 University of Fukui
  • 1991/07 - 2005/03 University of Fukui
  • 1987/04 - 1991/06 Shiga Prefectural Junior College Research Assistant
Committee career (4):
  • 2003 - 2007 高分子学会 グリーンケミストリー研究会運営委員
  • 2000 - 2001 日本化学会 近畿支部幹事
  • 1998 - 1999 高分子学会 北陸支部理事
  • 1994 - 日本ゴム協会 一般会員
Association Membership(s) (3):
高分子学会 ,  日本ゴム協会 ,  日本化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page