Rchr
J-GLOBAL ID:200901013543941541   Update date: Nov. 28, 2023

Ando Yukio

アンドウ ユキオ | Ando Yukio
Homepage URL  (2): http://www.niu.ac.jp/~amyloidosis/http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/neurology/
Research field  (3): Neuroanatomy and physiology ,  Medical biochemistry ,  Neurology
Research theme for competitive and other funds  (54):
  • 2019 - 健康長寿の切り札,天然化合物を用いたTTRアミロイドーシスの予防戦略
  • 2018 - 未診断疾患イニシアチブ(Initiative on Rare and Undiagnosed Disease(IRUD)):希少未診断疾患に対する診断プログラムの開発に関する研究 熊本大学IRUD拠点病院における診断プログラムの開発
  • 2018 - 重金属等による健康影響に関する総合研究
  • 2016 - 2018 ミトコンドリア薬剤送達技術およびミトコンドリア病に対する治療薬の開発研究
  • 2015 - 2018 TTRの断片化を活用したFAP病態解明へのブレイクスルーと新規疾患モデル構築
Show all
Papers (823):
  • Teruaki Masuda, Yohei Misumi, Toshiya Nomura, Shiori Yamakawa, Masayoshi Tasaki, Konen Obayashi, Yukio Ando, Mitsuharu Ueda. Correlation between a commercial electrophysiological test of sudomotor function and intraepidermal nerve fiber density in hereditary transthyretin amyloidosis. Muscle & nerve. 2023
  • Yukio Ando, Marcia Waddington-Cruz, Yoshiki Sekijima, Haruki Koike, Mitsuharu Ueda, Hiroaki Konishi, Tomonori Ishii, Teresa Coelho. Optimal practices for the management of hereditary transthyretin amyloidosis: real-world experience from Japan, Brazil, and Portugal. Orphanet journal of rare diseases. 2023. 18. 1. 323-323
  • Yoshitaka Murakami, Fan-Yan Wei, Yoshimi Kawamura, Haruki Horiguchi, Tsuyoshi Kadomatsu, Keishi Miyata, Kyoko Miura, Yuichi Oike, Yukio Ando, Mitsuharu Ueda, et al. NSUN3-mediated mitochondrial tRNA 5-formylcytidine modification is essential for embryonic development and respiratory complexes in mice. Communications Biology. 2023. 6. 1. 307-307
  • Dianna Quan, Laura Obici, John L Berk, Yukio Ando, Emre Aldinc, Matthew T White, David Adams. Impact of baseline polyneuropathy severity on patisiran treatment outcomes in the APOLLO trial. Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis. 2023. 30. 1. 49-58
  • Hiromitsu Tanaka, Hiroaki Matsushita, Keizo Tokuhiro, Atsushi Fukunari, Yukio Ando. Ingestion of Soybean Sprouts Containing a HASPIN Inhibitor Improves Condition in a Mouse Model of Alzheimer's Disease. Biology. 2023. 12. 2
more...
MISC (947):
  • 安東 由喜雄. 【映画を観て精神・神経疾患を知る】『アリスのままで』にみる遺伝子診断の重さ. BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩. 2022. 74. 12. 1331-1334
  • 安東 由喜雄. 21世紀の病気 検査医学のアミロイドーシスの診断・病態解析・治療への貢献. 日本臨床検査医学会誌. 2022. 70. 補冊. 012-012
  • 山根 三奈, 岩井 篤志, 永島 臨, 三ツ沼 治信, 岡田 匡充, 山中 邦俊, 植田 光晴, 安東 由喜雄, 相馬 洋平, 金井 求. 臨床応用を指向したトランスサイレチンアミロイドの触媒的光酸素化. 日本薬学会年会要旨集. 2022. 142年会. 27N-am07S
  • 村上 慶高, 中條 岳志, 魏 范研, 堀口 晴紀, 門松 毅, 尾池 雄一, 安東 由喜雄, 植田 光晴, 富澤 一仁. ミトコンドリアtRNA修飾酵素NSUN3の全身および心臓における生理的意義の解明. 日本生理学雑誌. 2022. 84. 1. 18-19
  • 増田 曜章, 三隅 洋平, 村上 華純, 野村 隼也, 岡田 匡充, 井上 泰輝, 田崎 雅義, 大林 光念, 安東 由喜雄, 植田 光晴. アミロイドニューロパチーにおけるSUDOSCANを用いた発汗機能解析と臨床指標との関連. 臨床神経学. 2021. 61. Suppl. S252-S252
more...
Patents (1):
  • アミロイドーシスの予防及び治療のための医薬
Books (93):
  • しびれが診える
    2020
  • 21世紀の疾患:神経関連アミロイドーシス
    医学と看護社 2020 ISBN:9784909888075
  • 映画に描かれた疾患とペーソス
    医歯薬出版 2020 ISBN:9784263731932
  • 最新アミロイドーシスのすべて-診療ガイドライン2017とQ&A
    医歯薬出版株式会社 2017
  • 神経内科研修ノート
    診断と治療社 2015
more...
Lectures and oral presentations  (322):
  • 21世紀の病気アミロイドーシスー心アミロイドーシスの診断と治療に関する最新情報ー
    (ACC Asia Conference, Nagoya 2019)
  • 21世紀の疾患 アミロイドーシス~治す神経難病の実践~
    (第60回日本神経学会,大阪 2019)
  • 栄養アセスメント,タンパク質の有効な活用方法とピットフォール,熊本市
    (熊本県栄養士会研修会 2019)
  • 循環器症状を伴う末梢神経障害疾患 TTR-FAPを見逃さない
    (第83回日本循環器学会学術集会ファイアサイドセミナー,横浜 2019)
  • ノーベル技術を応用した日本初のRNAi治療最前線
    (メディアセミナー,東京 2019)
more...
Works (105):
  • 日本人直腸・結腸がん患者に対するRAS遺伝子変異に関する臨床研究
    2015 - 2017
  • 成人における未診断疾患に対する診断プログラムの開発に関する研究
    2015 - 2017
  • 平成27年度水俣病に関する総合的研究
    2015 - 2016
  • 難治性ニューロパチーの診断技術と治療法の開発に関する研究
    2015 - 2016
  • 水俣病の臨床像の変化(水俣病患者の長期の病歴を持つ臨床像の変化に関する多角的検討)
    2015 - 2016
more...
Education (4):
  • - 1990 Kumamoto University
  • - 1990 Kumamoto University Graduate School, Division of Medicine
  • - 1983 Kumamoto University School of Medicine
  • - 1983 Kumamoto University Faculty of Medicine
Professional career (1):
  • Doctor of Medicine (Kumamoto University)
Work history (14):
  • 2020/04 - 現在 Nagasaki International University Dept of Amyloidosis Research President / Professor
  • 2019 - 2020/03 Nagasaki International University Dept of Amyloidosis Research Vice President / Professor
  • 2012 - 2019 Kumamoto University Faculty of Life Sciences
  • 2006 - 2015 Kumamoto University University Hospital
  • 2006 - 2015 Dean, ,University Hospital ,Kumamoto University
Show all
Committee career (38):
  • 2011 - 日本臨床検査医学会 副理事長
  • 2007 - 2010 日本臨床化学会国際委員会 委員長
  • 2009 - 0000 SFRR 世界臨床化学会血しょうたんぱく委員会(2009)
  • 2007 - 2008 熊本県臨床検査技師会 顧問(2007-2008)
  • 2007 - 2008 熊本県精度管理委員会 委員長(2007-2008)
Show all
Awards (17):
  • 2019 - Japanese Society of Neurology Japanese Society of Neurolgy Award
  • 2017 - KUMAMOTO NICHINICHI SHIMBUN 67th Kumanichi Award
  • 2015 - 平成26年度 小酒井望賞
  • 2014 - 熊本大学特別表彰(医療活動表彰)
  • 2013 - 熊本大学特別表彰(研究活動表彰)
Show all
Association Membership(s) (18):
施設認定委員会 ,  日本臨床検査医学会ー倫理委員会 ,  日本臨床化学会国際委員会 ,  日本臨床検査医学会ー学術推進化委員会 ,  臨床検査医学会ー倫理委員会 ,  九州輸血学会 ,  日本マスペクトロメトリー学会 ,  臨床化学会 ,  世界アミロイドーシス学会 ,  世界臨床化学会 ,  日本臨床化学会(九州支部) ,  世界臨床病理学会 ,  日本臨床検査医学会 ,  アメリカ自律神経学会 ,  日本リハビリテーション学会 ,  日本炎症学会 ,  Japanese Society of Laboratory Medicine ,  American Society of Autonomic Nervous System
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page