Rchr
J-GLOBAL ID:200901014045486698   Update date: Mar. 21, 2020

Tsukamoto Satoru

ツカモト サトル | Tsukamoto Satoru
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://dep.chs.nihon-u.ac.jp/english_lang/tukamoto/http://dep.chs.nihon-u.ac.jp/english_lang/tukamoto/index_e.html
Research field  (3): Linguistics ,  English linguistics ,  Linguistics
Research keywords  (8): corpus quantification English ,  History of English ,  Middle English ,  Old English ,  Syntax ,  quantification ,  corpus ,  Diachronic studies
Papers (28):
  • Satoru Tsukamoto. The Time Span Required for Syntactic Changes in the History of English. English Corpus Studies. 2020. 26. 39-62
  • 塚本 聡. 構文解析コーパスによる格付与能力の検証ー中英語Double Object生起からの推定. 英語コーパス研究シリーズ コーパスと英語史. 2019. 31-57
  • Satoru Tsukamoto. Book Review: Irma Taavitsainen, Merja Kyto, Claudia Claridge, and Jeremy Smith eds. Developments in English: Expanding Electronic Evidence. Studies in Medieval English Language and Literature. 2018. 33. 67-72
  • Satoru Tsukamoto. Review: Alcaraz-Sintes, Alejandro and Salvador Valera-Hernandez (eds) Diachrony and Synchrony in English Corpus Linguistics. English Linguistics: Journal of the English Linguistic Society of Japan. 2018. 34. 387-397
  • コーパス言語学の課題と発展. Studies in Humanities and Social Sciences. 2017. 93. 89-148
more...
Books (2):
  • Excelで学ぶ情報処理
    文眞堂 2008
  • コーパス言語学-言語構造と用法の研究(共訳)
    南雲堂 2003
Lectures and oral presentations  (16):
  • 英語史的コーパスによる言語変化速度の測定
    (英語コーパス学会第44回大会 2018)
  • コーパスから見えるif ... were (was) to / should ... の特徴
    (日本大学英文学会10月英語学シンポジウム 2017)
  • MEにおける句動詞の変遷-PPCME2を利用して
    (英語コーパス学会東支部 研究会コーパスの言語学諸分野における活用(2) 歴史言語学 2017)
  • 近代英語コーパスの代表性-3コーパスの比較検討
    (英語コーパス学会第41回大会 2015)
  • 英語研究におけるコーパス利用について
    (日本ドイツ語情報処理学会2015年度研究発表会 2015)
more...
Education (2):
  • - 1992 Nihon University Graduate School, Division of Letters 英文学
  • - 1986 Nihon University Faculty of Liberal Arts and Science (Humanities) 英文学
Awards (1):
  • 2006/10/07 - 英語コーパス学会第5回学会賞
Association Membership(s) (5):
近代英語協会 ,  日本英語学会 ,  日本中世英語英文学会 ,  日本大学英文学会 ,  英語コーパス学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page