Rchr
J-GLOBAL ID:200901014301162811   Update date: Nov. 18, 2020

藤原 由規

藤原 由規
Affiliation and department:
Research field  (1): Digestive surgery
Research keywords  (4): 癌幹細胞 ,  分子生物学 ,  胃癌 ,  食道癌
Papers (101):
  • Atsushi Tsuruta, Yusaku Watanabe, Shumei Mineta, Hiroaki Tanioka, Takeshi Nagasaka, Yoshinori Fujiwara, Tomio Ueno. Prognostic nutritional index as a predictor of postoperative outcome in patients aged 85 years or older after colorectal cancer surgery. Indian Journal of Surgery. 2020. 82. 5. 874-878
  • 北川集士, 渡邊裕策, 堅田洋佑, 岩本怜, 木下征也, 上野綸, 峯田修明, 岡本由佑子, 窪田寿子, 東田正陽, et al. 集学的治療を行った食道神経内分泌癌(NEC)の1例. 癌と化学療法. 2020. 47. 4. 722-724
  • 木下征也, 東田正陽, 窪田寿子, 北川集士, 岩本怜, 上野綸, 峯田修明, 岡本由佑子, 渡邊裕策, 岡田敏正, et al. 遠隔転移を伴う高度進行胃癌に対して集学的治療が奏効した1 例. 癌と化学療法. 2020. 47. 3. 545-547
  • 峯田修明, 鶴田淳, 上野綸, 岡本由佑子, 渡邊裕策, 窪田寿子, 東田正陽, 岡田敏正, 藤原由規, 上野富雄. 術前化学放射線療法を施行し術後病理学的完全奏効を得た下部進行直腸癌3例の検討. 癌と化学療法. 2020. 47. 1. 183-185
  • 岩本怜, 窪田寿子, 木下征也, 北川集士, 上野綸, 峯田修明, 岡本由佑子, 渡邊裕策, 東田正陽, 岡田敏正, et al. 化学療法により長期生存が得られた多発転移を伴う進行食道癌の1例. 癌と化学療法. 2019. 46. 13. 2098-2100
more...
Books (5):
  • 胃管による食道再建術「食道外科の要点と盲点.」
    文光堂 2003
  • マロリーワイス症候群「日本気管食道学会編、気管食道科学用語解説集」
    金原出版 2003
  • 胃切除後のNUD様胃食道逆流症-特に消化管運動面からの検討「藤原由規」
    協和企画 1995
  • Hereditary gastric cancer「Surgical Oncology Clinics of North America」
    Springer 1994
  • 消化管運動の新しい知見:胃排出検査の適応と臨床的有用性「GIMDクラブ」
    協和企画 1994
Lectures and oral presentations  (183):
  • PNI(Prognostic Nutritional Index)および術後炎症反応が食道癌患者の予後に及ぼす影響について
    (第120回日本外科学会定期学術集会 2020)
  • 集学的治療で奏効し長期生存が得られている膵体部癌の1例
    (第42回日本癌局所療法研究会 2020)
  • 若年者胃癌と比べた高齢者胃癌患者に対する治療戦略:傾向スコアを用いた解析より
    (第92回日本胃癌学会総会 2020)
  • 高齢者食道癌手術症例における手術成績と周術期の栄養評価の検討
    (第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会 2020)
  • 正中弓状靱帯圧迫症候群の手術治療について
    (第16回日本消化管学会総会学術集会 2020)
more...
Education (2):
  • 1979 - 1985 Hyogo College of Medicine
  • 1979 - 1985 Hyogo College of Medicine
Work history (1):
  • 2017/04 - 2018/11 Kawasaki Medical School Department of Digestive Surgery Professor
Awards (1):
  • 2009/06 - ASCO Award
Association Membership(s) (2):
日本消化器外科学会 ,  日本外科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page