Rchr
J-GLOBAL ID:200901015215749857   Update date: Aug. 09, 2022

Okumoto Kyoko

オクモト キョウコ | Okumoto Kyoko
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): http://www.wilmina.ac.jp/oj/
Research field  (3): International relations ,  Literature - European ,  Aesthetic practices
Research keywords  (7): facilitation/mediation ,  Peace Education/Training ,  Arts-based Approach ,  非暴力介入 ,  Conflict Resolution/Transformation ,  Peace and Conflict Studies ,  英文学
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2003 - 紛争転換の理論と実践
  • 2003 - Theory and Practice of Conflict Transformation
  • 平和ワークにおける芸術アプローチ、東北アジアにおける平和ワーク(和解のプロセス)と紛争転換・非暴力介入
  • 東北アジアにおける相互理解・和解のプロセスに、紛争転換・非暴力介入がいかに関与しうるか
  • 平和学文献の日本への紹介
Show all
Papers (53):
  • 奥本京子. 平和紛争学の基礎概念と平和教育の関係性. 『関西学院大学キリスト教と文化研究』. 2019. 20. 67-71
  • Kyoko Okumoto. The Meanings of Story-telling: What Facilitation Enables Us to Do in Peacework. 2019. 15. 1-15
  • Kyoko Okumoto. The Arts-based Approach in Peace Work: Dynamic Peace and Dynamic Art. 2017
  • 奥本京子. 平和ワークにおける平和ワーカーの役割:非暴力介入としてのファシリテーション. 平和文明会議 総括集 核廃絶と世界平和:どうすれば人類に平和がもたらされるか. 2015. 53-59
  • 奥本京子. アジアにおける平和構築実践の実際と可能性:ACTION Asia Leaders Review and Reflection Meetingに関する一考察. 『トランセンド研究:平和的手段による紛争の転換』. 2015. 13. 1. 1-5
more...
MISC (20):
  • 高部優子、暉峻僚三、奥本京子. 「活動報告:平和教育プロジェクト委員会」. 『平和研究』. 2019. 52. 67-70
  • 奥本京子. 「平和創造の意志を紡ごう:戦時性暴力や軍事基地をめぐって」. 大阪YWCAニューズレター. 2019. 654. 1-1
  • 奥本京子. 「平和ワークの実践を語る:執筆者各人の平和創造の豊かな経験が凝縮されている」. 『図書新聞』. 2018. 3369
  • Peace between China and Japan: New Vision of Peace in East Asia-Sino-Japanese Peace Dialogue”. 2017. 15. 1. 50-53
  • 奥本京子. 「東北アジアにおける平和創造のために:市民社会が二元論を乗り越える(トランセンドする)」. 法学館憲法研究所ホームページ「今週の一言」コラム. 2016
more...
Books (27):
  • Perspectives on Peace and Security in a Changing Northeast Asia: Voices from Civil Society and the Ulaanbaatar Process
    2019
  • 『関西学院大学神学部ブックレット9 平和の神との歩み:1945-2015年 第50回神学セミナー』
    関西学院大学神学部, キリスト新聞社 2017
  • 『平和教育シリーズ No.7 平和教育学事典』
    平和教育学研究会編集委員会, 京都教育大学教育社会学研究室 2017
  • 『国際共生と広義の安全保障』(国際共生研究所叢書4)
    東信堂 2017
  • 『「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える:日本軍性奴隷制の隠ぺいを許さないために』
    彩流社 2016
more...
Lectures and oral presentations  (249):
  • 「基礎から学ぶ「人対人」の平和構築研修」
    (アイ・シー・ネット株式会社 グローバル人材開発事業部企画 平和構築研修 2020)
  • 「トレーナーズトレーニング 民主主義を機能させる「やり⇔とり力」:「シカト力」を超えてActive citizenになるために」
    (日本平和学会 秋季研究集会 平和教育プロジェクト委員会企画ワークショップ部会 2019)
  • 「アニメを使った平和学」
    (大阪府立旭高校 2019)
  • Peacebuilding Training
    (アジア学院(Asia Rural Institute))
  • Space and Facilities for Peacebuilding: the roles of the arts, education and exhibition
    (NARPI Summer Training 2019)
more...
Works (10):
  • Acting Together on the World Stage: Performance and the Creative Transformation of Conflictプロジェクト翻訳
    翻訳者(奥本京子) 2012 - 現在
  • 担当項目「ガルトゥング」(pp.107-110)、「暴力」(pp.343-345), 『キリスト教平和学事典』関西学院大学キリスト教と文化研究センター編, 教文館
    2009 -
  • 報告書論文“Conflict Transformation in North East Asia and the Meaning of ‘Apology’: Examples from Japanese Theatre Experiments”, Asian Perspectives on Peacebuilding-Learning from Experience, (Asia Peacebuilders’ Forum報告書) pp. 41-44, ACTION Asia regional net・・・
    2009 -
  • 報告書論文“Ho’o Pono Pono: Reconciliation Process in North East Asia”, Exploring Asian Approaches to Peace Building-Practical Insights and Reflections, (Asia Peacebuilders’ Forum報告書) pp. 41-42, ACTION Asia regional network for peace and conflict workers in ・・・
    2008 -
  • 朗読劇共訳「ホーポノポノ『アジア・太平洋の平和』」原著:ヨハン・ガルトゥング 共訳:藤田明史・中野克彦 トランセンド研究会『トランセンド研究-平和的手段による紛争の転換-』第3巻第1号 pp.3-13 原題:PAX PACIFICA in Yokohama Harbor (2002)
    2005 -
more...
Education (5):
  • - 2011 Kobe College Major in English Literature, Ph.D. in Literature
  • 1995 - 1999 Kobe College Major in English Literature
  • 1995 - 1996 Lancaster University (U.K.) MA in Peace Studies
  • 1993 - 1995 Kobe College Major in English Literature
  • 1989 - 1993 Kobe College Department of English
Professional career (4):
  • Master of Arts (Kobe College)
  • 平和学修士 (英国国立ランカスター大学大学院政治国際関係学研究科)
  • 文学修士(英文学) (神戸女学院大学)
  • Master of Arts (Lancaster University, Department of Politics and International Relations)
Work history (9):
  • 2011/04 - 現在 Osaka Jogakuin University Department of International & English Interdisciplinary Studies Professor / Dean of Graduate School of International Collaboration and Coexistence in the 21st Century (from April 2022)
  • 1999/04 - 現在 Kobe College Part-time lecturer
  • 2013/04 - 2020/03 Kyoto University of Art and Design / Tohoku University of Arts and Design
  • 2005/04 - 2011/03 Osaka Jogakuin University Department of International & Engilsh Interdisciplinary Studies Associate Professor
  • 2004/04 - 2005/03 Osaka Jogakuin University Department of International &English Interdisciplinary Studies Associate Professor
Show all
Committee career (26):
  • 2020/03 - 現在 OBI、Okinawa Bridge-builders Institute Association Inc. Special member, Supervisor
  • 2017/10 - 現在 the Institute of Nanjing Massacre and International Peace Studies, INMIPS Special fellow
  • 2015/12 - 現在 The Charhar Institute(察哈尔学会) 高級研究員
  • 2014/10 - 現在 大阪女学院大学国際共生研究所(RIICC) プロジェクト3「ファシリテーション・メディエーション研究」設立者・代表
  • 2010/01 - 現在 日本平和学会 第19期~ 理事
Show all
Association Membership(s) (17):
共生と修復研究会 ,  NARPI(Northeast Asia Peace Research Institute) ,  アジア太平洋平和研究学会(APPRA) ,  ACTION Global ,  ACTION Asia ,  日本科学者会議 ,  アートミーツケア学会 ,  非暴力平和隊・日本 ,  国際トランセンド(TRANSCEND) ,  トランセンド(平和的手段による紛争転換)研究会 ,  国際平和研究学会(IPRA) ,  日本平和学会 ,  関西シェイクスピア研究会 ,  日本英文学会 ,  日本シェイクスピア協会 ,  International Peace Research Association ,  TRANSCEND
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page