Rchr
J-GLOBAL ID:200901015316586100   Update date: Aug. 25, 2020

Negoro Hideki

ネゴロ ヒデキ | Negoro Hideki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (4): Special needs education ,  Neuroscience - general ,  Neuroscience - general ,  Psychiatry
Research keywords  (4): Child psychiatry ,  Neurosciences ,  Biological psychiatry ,  Psychoneurosis Studies
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2009 - 課題番号(21指127 ) 注意欠如・多動性障害-ADHD-の客観的指標に基づく診断・治療指針の作成に関する研究
Papers (50):
  • 根來秀樹. ADHDの薬物療法. 発達障害の最新の科学的知見と実地臨床. 2019. 31
  • Yasuyuki Okumura, Masahide Usami, Takashi Okada, Takuya Saito, Hideki Negoro, Noa Tsujii, Junichi Fujita, Junzo Iida. Glucose and Prolactin Monitoring in Children and Adolescents Initiating Antipsychotic Therapy. Journal of child and adolescent psychopharmacology. 2018. 28. 7. 454-462
  • Tanaka H, Negoro H, Iwasaka H, Nakamura S. Embodied conversational agents for multimodal automated social skills training in people with autism spectrum disorders. PLoS One. 2017. 12. 8
  • 根來秀樹. ADHDと気分障害. 教育と医学. 2017. 65. 1. 44-52
  • 小枝 久美子, 大西 貴子, 式部 陽子, 根來 秀樹. 奈良教育大学特別支援教育研究センターの相談事業における利用状況と課題. 奈良教育大学紀要. 人文・社会科学. 2016. 65. 1. 47-52
more...
MISC (55):
  • 根來秀樹, 式部陽子. 注意欠如・多動症(ADHD)治療・支援 (特集 自閉スペクトラム症と注意欠如・多動症の臨床と病態理解. 最新医学. 2018. 73. 10. 1368-1373
  • 根來秀樹. 強迫症状・強迫症. こころの科学. 2018. 200. 65-70
  • 根來秀樹. おねしょ・おもらし(夜尿・遺尿・遺糞)など : 排泄の問題 (子どもの困ったクセ) -- (子どものクセの理解と対応). 児童心理. 2017. 71. 15. 85-93
  • 根來秀樹. ADHDに対する薬物療法の現状と課題 : インチュニブ錠発売をうけて (特集 発達障害に対する薬の効用と限界). 教育と医学. 2017. 65. 10. 914-922
  • 根來秀樹. メチルフェニデートによる成人ADHDの治療 (特集 成人の注意欠如・多動性障害(ADHD)の診断と治療). Japanese journal of clinical psychiatry. 2017. 46. 10. 1249-1254
more...
Books (23):
  • 知ってほしい 乳幼児から大人までのADHD・ASD・LD ライフサイクルに沿った 発達障害支援ガイドブック
    診断と治療社 2017
  • 第4版 注意欠如・多動症-ADHD-の診断・治療ガイドライン
    じほう社 2016
  • キーワードブック特別支援教育-インクルーシブ教育時代の障害児教育- 第3章085 ADHD
    クリエイツかもがわ 2015
  • 発達障害白書2015年度「コンサータ錠の成人への承認」
    明石書店 2014
  • ADHDの子どもたち 「ADHDの生物学的知見」、「生物学的アセスメント」、「薬物療法」
    合同出版 2014
more...
Lectures and oral presentations  (48):
  • 発達障害児の学習支援プログラム「夏休み!!お助けプロジェクト」の開発と実践ー教員養成系大学の学生と現職教員への研修効果
    (第59回日本児童青年精神医学会総会 2018)
  • 自閉スペクトラム症児の問題行動改善において応用行動分析を学んだ大学生の介入が効果的であった一例ー学生と専門家が臨床現場で協働するシステムの活用に向けてー
    (第59回日本児童青年精神医学会総会 2018)
  • 発達障害児の学習支援プログラム「夏休み!!お助けプロジェクト」の開発と実践(1)ー応用行動分析を用いた環境設定と強化システムについてー
    (第58回日本児童青年精神医学会総会 2017)
  • 発達障害児の学習支援プログラム「夏休み!!お助けプロジェクト」の開発と実践(2)ー学習意欲を引き出すアプローチー
    (第58回日本児童青年精神医学会総会 2017)
  • 発達障害児の学習支援プログラム「夏休み!!お助けプロジェクト」の開発と実践(3)ー学習に困難のある子どもへのペアレント・トレーニングー
    (第58回日本児童青年精神医学会総会 2017)
more...
Education (1):
  • - 1994 Nara Medical University
Professional career (1):
  • 医学博士 (奈良県立医科大学)
Committee career (7):
  • 2013/10 - 奈良教育大学学術研究推進委員会委員
  • 2013/10 - 奈良教育大学出版会運営委員会委員
  • 2011/10 - 2013/09 奈良教育大学入試室室員
  • 2009/09 - 日本児童青年精神医学会 評議員
  • 奈良教育大学学生委員会委員
Show all
Association Membership(s) (4):
日本小児精神神経学会 ,  日本生物学的精神医学会 ,  日本精神神経学会 ,  日本児童青年精神医学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page