Rchr
J-GLOBAL ID:200901015990567200   Update date: Aug. 30, 2017

ATSUSHI OKUDA

オクダ アツシ | ATSUSHI OKUDA
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://nafidha.sfc.keio.ac.jp/http://nafidha.sfc.keio.ac.jp/
Research field  (4): International relations ,  Legal theory and history ,  Foreign language education ,  Religious studies
Papers (23):
  • OKUDA ATSUSHI. 巻頭言 特集 SFCが拓く知の方法論. Keio SFC journal (), -,. 2014. 14. 1. 3-5
  • OKUDA ATSUSHI. 「方法論としてのイスラーム」のための序説. Keio SFC journal. 2014. 14. 1. 134-156
  • OKUDA ATSUSHI. 特集 激動する中東 シリアの現在、そして未来. 三田評論. 2011. 1149. 41-46
  • OKUDA ATSUSHI. 現地研修から始まる実践的教育. IDE現代の高等教育. 2011. 530. 13-18
  • OKUDA ATSUSHI. イスラーム契約法の基礎. 沖縄法政研究. 2010. 13. 101-124
more...
Books (24):
  • ヒズメット運動における宗教の役割 : 教育活動が学生に与える影響をもとに
    慶應義塾大学湘南藤沢学会 2016
  • 藤沢市の六会ムサッラーを中心としたスリランカ人ムスリムコミュニティ : 食生活の観点から日本での共生を考える /
    慶應義塾大学湘南藤沢学会, 2016
  • パレスチナ問題における二国家案考察 : 問題の歴史と内部構図の理解を通じて
    慶應義塾大学湘南藤沢学会 2015
  • 阿嘉島における人々の祈り : イスラームの視点から考える
    慶應義塾大学湘南藤沢学会 2015
  • イスラーム信仰と現代社会
    国書刊行会 2011
more...
Lectures and oral presentations  (14):
  • النظام الامبراطوري الياباني من وجهة النظر الدينية
    (セントジョセフ大学日本学術センター設立3周年記念講演会 2011)
  • إمكانية الدراسات اليابانية العليا في حلب
    (アレッポ大学日本研究大学院設立準備国際シンポジウム 2010)
  • イスラーム経済とイスラーム金融
    (第25回沖縄法政研究所講演会 2010)
  • 何ものにも縛られない生き方
    (第18回イスラミック・サークル・オブ・ジャパン年次総会 2010)
  • ジハードの現代的意義について
    (預言者ムハンマド(彼の上に平安あれ)の教えについての第2回セミナー 2009)
more...
Works (24):
  • 書評 堀井聡江著「サイード・ブン・アッサマルカンディーの『司法の寄るべと争訟人の護り』-ハナフィー派の学説相伝にみるヒヤル研究の新視点」
    2002 -
  • Forum 21 at Shanghai (上海復旦大学)に参加
    2000 -
  • カナダ,マギル大学,イスラーム学研究所,ワーイル・ハッラーク博士の総合政策学部への招聘・滞在支援
    2000 -
  • エッセイ「笑顔のピラミッド」
    2000 -
  • シリア・アレッポ大学・学術交流日本センターを拠点としたフィールド・ワーク
    2000 - 2000
more...
Professional career (1):
  • 法学博士 (Chuo University)
Work history (11):
  • 2005/04 - 総合政策学部教授
  • 2004/04 - シリア国立アレッポ大学学術交流日本センター副センター長
  • 1999/04 - 2004/03 大学助教授(総合政策学部)
  • 1999/03 - 2004/03 シリア国立アレッポ大学学術交流日本センター運営委員
  • 2001/04 - 2001/09 大学院政策・メディア研究科学習指導委員
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page