Rchr
J-GLOBAL ID:200901016410266743   Update date: Sep. 22, 2020

Suzuki Masakatsu

Suzuki Masakatsu
Research field  (1): Economic statistics
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2010 - 現在 Fuji Foreign Language School in Bangladesh
  • 2019 - 2021 全国・地域連動型マクロ計量モデルの開発
  • 2014 - 2015 税制の提言に向けたシミュレーション
  • 2013 - 2015 みえの働き方の未来研究会
  • 2013 - 2014 経済政策の提言に向けたシミュレーション
Show all
Papers (24):
  • 全国長期マクロ計量モデルによる税・財政分析2020-2040. 城西大学大学院研究年報. 2019. 32. 55-93
  • 鈴木雅勝. 人口減少社会における三重県経済・労働市場の分析2013-2035-全国モデルの改訂に伴う予測シミュレーションおよび政策シミュレーションの結果-. みえの働き方の未来研究会研究報告書. 2015
  • 鈴木雅勝. 中部5県マクロ計量モデルの開発と応用-人口減少時代における地域経済の長期予測2015-2040-. 公益財団法人中部圏社会経済研究所研究報告書. 2015
  • 鈴木雅勝. Analysis of Japanese Economy for the Period of 2013 through 2035 - With an aid of “Long-term Macro-Econometric Model” -. Studies in Regional Science. 2014. 44. 3. 339-356
  • 鈴木雅勝. 人口減少社会における三重県経済・労働市場の分析2013-2035-三重県マクロ計量モデルの開発と活用-. みえの働き方の未来研究会研究報告書. 2014
more...
Books (2):
  • グローバル化と地域経済の計量モデリング
    株式会社勁草書房 2020
  • マクロ経済学入門
    株式会社成文堂 2020
Lectures and oral presentations  (46):
  • 中部圏計量経済モデルと長期予測 -研究叢書の中間報告として-
    (2019年度第3回計量分析研究会 2019)
  • 「中部5県マクロ計量モデル」の開発と応用
    (2015年度日本人口学会中部地域部会 2015)
  • 中部5県マクロ計量モデルの開発
    (2014年度第5回計量分析研究会 2014)
  • 中部5県マクロ計量モデルの開発-労働市場の需給に関する分析-
    (第51回日本地域学会年次大会 2014)
  • 全国マクロ計量モデル(2014年度版)の全貌と税制シミュレーション
    (2014年度第4回計量分析研究会 2014)
more...
Professional career (1):
  • 博士(情報管理学) (朝日大学)
Work history (7):
  • 2018/04/01 - 現在 Josai University Faculty of Economics Associate Professor
  • 2015/04/01 - 現在 Chukyo University Institute of Economics
  • 2016/04/01 - 2018/03/31 Economic and Social Research Institute, Cabinet Office, Government of Japan
  • 2011/04/01 - 2016/03/31 Chubu Region Institute for Social and Economic Research
  • 2007/04/01 - 2016/03/31 Nagoya City University Graduate School of Economics
Show all
Awards (1):
  • 2008/10/25 - 日本地域学会 日本地域学会・奨励賞
Association Membership(s) (6):
PRSC (Pacific Regional Science Conference) ,  日本地域学会 ,  日本人口学会 ,  日本計画行政学会 ,  日本国際経済学会 ,  日本経済政策学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page