Rchr
J-GLOBAL ID:200901016473980942   Update date: Apr. 13, 2020

Fujii Toshihiro

フジイ トシヒロ | Fujii Toshihiro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Japanese linguistics
Research keywords  (5): 文法 ,  語彙 ,  表現 ,  文体 ,  今昔物語集
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 中古・中世~近代の文章・文体の研究
  • 古代日本語の歴史的研究
  • 今昔物語集ならびに宇治拾遺物語の文体・表現の研究
MISC (57):
  • 藤井俊博. 連文による翻読語の文体的価値-「見れど飽かず(飽き足らず)」の成立と展開-. 国語語彙史の研究. 2020. 39. 1-27
  • 藤井俊博. 『源氏物語』における漢文訓読語と翻読語-「いよいよ」「悲しぶ」「愁ふ」「推し量る」-. 同志社国文学. 2020. 92. 51-62
  • 藤井俊博. 『雨月物語』『春雨物語』の過去・完了助動詞のテクスト機能. 同志社大学日本語・日本文化研究. 2020. 17. 5-18
  • 藤井俊博. 『源氏物語』の翻読語と文体--連文による複合動詞を通して--. 同志社国文学. 2019. 91. 1-14
  • 藤井 俊博. 『万葉集』の翻読語-「春さりくれば」「春されば」の解釈におよぶ-. 人文学(同志社大学人文学会). 2018. 202
more...
Books (7):
  • 院政鎌倉期説話の文章文体研究
    和泉書院 2016
  • 今昔物語集の「けり」のテクスト機能
    武蔵野書院・古典語研究の焦点 2010
  • 今昔物語集の表現形成
    和泉書院 2003
  • 物語文の表現と視点-今昔物語の文章を通して-(日本語学と言語学)
    明治書院 2002
  • 日本霊異記漢字総索引
    和泉書院 1999
more...
Lectures and oral presentations  (10):
  • 連文による翻読語の文体的価値-「見れど飽かず(飽き足らず)」の成立と展開-
    (国語語彙史研究会(第120回) 2018)
  • 今昔物語集の「けり」のテクスト機能(続)-終結機能を中心に-
    (国語語彙史研究会 2011)
  • 今昔物語集の接続語
    (中部日本・日本語学研究会 2002)
  • 今昔物語集の「けり」叙述-宇治拾遺物語と比較して-
    (仏教文学会 2000)
  • 説話の冒頭句と歴史的現在-宇治拾遺物語を中心に-
    (表現学会 1999)
more...
Education (6):
  • - 1987 Ryukoku University
  • - 1987 Ryukoku University
  • - 1984 Ryukoku University
  • - 1984 Ryukoku University
  • - 1982 Doshisha University
Show all
Professional career (2):
  • Doctor of Literature (Ryukoku University)
  • Master of Literature (Ryukoku University)
Committee career (3):
  • 2012 - 2015 日本語学会 常任査読委員
  • 2004 - 2006 日本語学会 編集委員
  • 2003 - 表現学会 理事
Awards (2):
  • 2004 - 第32回金田一京助博士記念賞
  • 1991 - 新村出記念財団研究助成
Association Membership(s) (7):
説話文学会 ,  計量国語学会 ,  表現学会 ,  仏教文学会 ,  万葉学会 ,  訓点語学会 ,  日本語学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page