Rchr
J-GLOBAL ID:200901016483618176   Update date: Sep. 01, 2020

Nishi Yoshihiro

ニシ ヨシヒロ | Nishi Yoshihiro
Affiliation and department:
Research field  (11): Metabolism and endocrinology ,  Fetal medicine/Pediatrics ,  Environmental policy and society ,  Environmental impact assessment ,  Clinical pharmacy ,  Physiology ,  Medical biochemistry ,  Clinical pharmacy ,  Physiology ,  Metabolism and endocrinology ,  Physiology
Research keywords  (43): 神経内分泌 ,  脳神経疾患 ,  遺伝子解析 ,  卵巣機能 ,  脳神経科学 ,  トランスレーショナルリサーチ ,  ペプチドホルモン ,  発達障害 ,  Translational Research ,  生理活性 ,  ニューロメジンU ,  位相変位 ,  ナノテクノロジー ,  オピオイド受容体 ,  包括脳ネットワーク ,  デカン酸 ,  神経情報伝達 ,  プラダー・ヴィリー症候群 ,  DHEA ,  生体リズム ,  アンドロゲン受容体(AR) ,  17β-estradiol ,  アロマターゼ ,  KGN細胞 ,  生殖内分泌学 ,  摂食調節ホルモン ,  脂肪酸修飾 ,  肥満 ,  摂食調節 ,  脂肪酸 ,  過食 ,  脳・神経 ,  卵巣顆粒膜細胞 ,  性ホルモン ,  脳発達障害 ,  視床下部 ,  グレリン ,  Rett Syndrome ,  Granulosa Cell ,  Ghrelin ,  Androgen ,  Aromatase ,  KGN
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2012 - 2013 発達障害疾患「レット症候群」に対する脳腸ホルモン・グレリンを用いた治療法の開発
  • 2011 - 2012 脳内グレリン様免疫活性の構造解析とその生後発達による変動
  • 2010 - 2011 発達障害に対する神経内分泌ホルモン「グレリン」の関与とその治療効果
  • 2009 - 2010 摂取栄養素による神経内分泌ホルモン「グレリン」の活性化調節機構と、グレリンの活性化調節が小児の成長発達に及ぼす生理作用の解明
  • 2009 - 2010 発達障害・小児神経疾患症例におけるデカン酸修飾型グレリンの産生・分泌動態についての検討
Show all
Papers (94):
MISC (8):
Patents (8):
  • 抗デカン酸修飾型グレリン抗体、デカン酸修飾型グレリン測定方法、およびデカン酸修飾型グレリン分離方法
  • グレリンの生理的機能のレギュレーター
  • グレリンの生理学的レギュレーター及びその利用(台湾出願)
  • グレリンの生理学的レギュレーター及びその利用(PCT 出願)
  • Regulator of physiological function of ghrelin and use therewith
more...
Books (3):
  • ホルモンの事典
    朝倉書院 2004
  • 内分泌疾患のとらえかた
    文光堂 2004
  • Dictionary of Hormone (Horumon no Jiten, in Japanese)
    Asakura Syoin (Japan) 2004 ISBN:4254300743
Lectures and oral presentations  (34):
  • 放射線被ばく骨髄抑制に対する消化管ホルモン「グレリン」の保護効果の検討
    (第66回西日本生理学会 2015)
  • グレリン遺伝子欠損マウスの摂餌行動と自発運動について
    (第36回日本肥満学会学術総会 2015)
  • 高脂肪食負荷マウスにおけるグレリン末梢投与の影響
    (第88回日本内分泌学会学術総会(東京) 2015)
  • 雌雄マウスにおける尿中コルチコステロン濃度を指標としたストレス定量の可否について
    (第32回 九州実験動物研究会総会 2014)
  • 雌雄マウスの尿中コルチコステロン濃度と性周期との関係について
    (第32回 九州実験動物研究会総会 2014)
more...
Works (2):
  • 厚生労働省「難治世疾患克服研究事業」研究班(班員分担研究:協力者)
    2009 - 2011
  • 厚生省特定疾患「副腎ホルモン産生異常症」調査研究班(班員分担研究)
    1992 - 1993
Education (2):
  • - 1988 Kyushu University
  • - 1988 Kyushu University Medicine
Professional career (1):
  • Doctor of Medicine (Kyushu University)
Work history (10):
  • 2013 - 2016/03 Kurume University School of Medicine
  • 2006 - 2013 Kurume University School of Medicine
  • 2005 - 2006 Kurume University School of Medicine
  • 2002 - 2005 Kurume University Institute of Life Science
  • 1999 - 2002 国立小倉病院 内分泌・糖尿病センター 医師(内科)
Show all
Committee career (6):
  • 2006 - The Endocrine Society Active Member
  • 2006 - The Endocrine Society Active Member
  • 1990 - 日本内分泌学会 代議員,内分泌指導医,内分泌専門医(内科)
  • 1989 - 日本内科学会 日本内科学会認定医
  • 日本生化学会 正会員
Show all
Awards (5):
  • 2011 - 久留米大学学術研究振興基金助成賞
  • 2007 - 石橋学術振興基金助成賞
  • 2007 - 小野寺賞(九州大学医学部病態制御内科同門会賞)
  • 2007 - Ishibashi Foundation Prize for the Promotion of Science (Kurume University)
  • 2007 - Onodera Prize (Kyushu University)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page