Rchr
J-GLOBAL ID:200901016781351484   Update date: Apr. 13, 2016

Fujii Shirou

フジイ シロウ | Fujii Shirou
Affiliation and department:
Research field  (1): Local studies
Research keywords  (3): 労働 ,  情報 ,  中小企業
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2014 - 2017 世界不況下の地域産業・企業のイノベーション動向に関する社会学的研究
  • 2008 - 情報職業者のキャリア形成と「社会的能力の自己形成過程」の分析
  • 2006 - 情報サービス業におけるSE職務の二極分化と新たな職務能力形成方向の分析
MISC (33):
  • 静岡大学卒業生の生活史と職場生活に関する調査報告書. 静岡大学情報学部フィールドリサーチ調査報告書. 2011. 3
  • グローバル化・金融危機・地域再生. 日本経済評論社. 2011
  • Globalization, financial crises, and rebirth area. 2011
  • 在日ブラジル人の労働と生活. 御茶ノ水書房. 2009
  • 社会調査に基づく実証研究動向と質的調査法の可能性. 日本の科学者. 2008. 12. 43. 16-21
more...
Books (5):
  • Globalization, financial crises, and rebirth area
    2011
  • 在日ブラジル人の労働と生活
    御茶ノ水書房 2009
  • 労働世界への社会学的接近
    学文社 2006
  • 現代社会の構想と分析
    こうち書房 2003
  • 情報社会の見える人見えない人
    公人社 2000
Lectures and oral presentations  (5):
  • 社会思想のメタロジックと「個人増」についての体験的思考-吉本隆明「3幻想論」へのコメントを介して
    (社会情報学会北海道支部第3回研究会 2015)
  • リーマン・ショック後の浜松の輸送用機器製造業企業の動向
    (日本社会学会大会 2012)
  • 現代日本のIT関連職務の性格と職務能力の方向性-IT関連職務に求められる「コミュニケーション能力」とは何か?
    (静岡大学情報学ワークショップ2005 2005)
  • 個人情報保護法」に対する企業の対応の特徴と個人情報保護問題の社会的意味
    (日本社会情報学会大会 2005)
  • ジェンダー統計とジェンダーフリーをめぐる論点-ジェンダー統計研究の近時の研究動向と背景思想-
    (経済統計学会 2003)
Education (4):
  • - 1979 Hokkaido University
  • - 1979 Hokkaido University
  • - 1976 Hokkaido University
  • - 1976 Hokkaido University
Professional career (1):
  • 修士(教育学) (北海道大学)
Committee career (1):
  • 2011 - 社会情報学会 監事
Association Membership(s) (4):
地域社会学会 ,  日本労働社会学会 ,  日本社会学会 ,  社会情報学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page