Rchr
J-GLOBAL ID:200901017100599641   Update date: Jul. 21, 2020

Yokozawa Tamio

Yokozawa Tamio
Affiliation and department:
Research field  (1): Sports science
Research keywords  (1): コーチング論:メンタルトレーニング
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • バレーボールにおけるレシーブ研究
Papers (15):
  • Effect of traning amount on jumping performance in female collegiate volleyball players. 2018
  • アスリートの心理的競技能力について. 2017
  • 中学生におけるストレス源認知とストレス反応の関連. 国士舘大学21世紀アジア学研究 第12号. 2014
  • 自傷行為の実態について. 国士館大学21世紀アジア学研究 第11号. 2013
  • 本人他. 運動選手の「あがり」現象の生起因に関する構造分析. 2003
more...
Books (4):
  • (改定)からだと運動の科学
    共栄出版 2005
  • からだと運動の科学
    共栄出版 2003
  • バレーボールの学習指導と教材研究
    不昧堂出版 1997
  • バレーボールの学習指導
    不味堂出版 1987
Works (6):
  • 食事制限なしの体重管理
    2017 -
  • 底屈筋力発揮時における腓腹筋とアキレス腱の力学的活動動態
    2017 -
  • 足関節運動における筋と腱の形状変化
    2016 -
  • リーディング21世紀アジア
    2014 -
  • 国士館短期大学49年のあゆみ
    2007 -
more...
Education (1):
  • 1972 - 1976 Kokushikan University
Professional career (1):
  • 体育学士 (国士舘大学)
Work history (5):
  • 2002/04/01 - 現在 Kokushikan University School of Asia 21, Department of Asia 21
  • 1995/04/01 - 2002/03/31 Kokushikan University
  • 1986/04/01 - 1995/03/31 Kokushikan University
  • 1982/04/01 - 1986/03/31 Kokushikan University
  • Professor
Committee career (4):
  • 2006/06 - 現在 FISU第3回ビーチバレー大学世界選手権(キプロス) 日本代表監督
  • 2006/04 - 関東大学バレーボール連盟 運営理事
  • 2006/04 - 日本オリンピック委員会 強化スタッフ(マネジメントスタッフ)
  • 2003/03 - 2005/03 日本ビーチバレー連盟 学連代表理事
Association Membership(s) (4):
日本トレーニング科学会 ,  バレーボール学会 ,  スポーツ方法学会 ,  日本体育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page