Rchr
J-GLOBAL ID:200901017219940945   Update date: Mar. 27, 2021

Ogawa Hiroshi

オガワ ヒロシ | Ogawa Hiroshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Otorhinolaryngology
Research keywords  (3): imagig of temporal bone ,  Tympanoplasty ,  Hearing loss
Papers (154):
  • 小川 洋. 【耳鼻咽喉科診療Q&A】耳科領域 繰り返す外耳道炎、外耳道湿疹の治療はどうしたらいいでしょうか?. JOHNS. 2020. 36. 9. 1054-1055
  • 小針 健大, 小川 洋, 横山 秀二. Bezold膿瘍に進展した成人急性乳様突起炎例. 耳鼻咽喉科臨床. 2020. 113. 7. 415-422
  • 山内 智彦, 歌野 健一, 角田 三郎, 横山 秀二, 小川 洋. 低用量ベバシズマブで鼻出血の改善が得られなかった遺伝性出血性末梢血管拡張症の一例(Low-dose bevacizumab did not reduce epistaxis in patient with hereditary hemorrhagic telangiectasia: a case report). 自治医科大学紀要. 2020. 42. 19-23
  • Kobari T, Ogawa H, Yokoyama S. A case of acute mastoiditis progressing to Bezold's abscess in an adult patient. Practica Oto-Rhino-Laryngologica. 2020. 113. 7. 415-422
  • 小川 洋. 【難聴を治す-2020年版】慢性感音難聴 先天性難聴. JOHNS. 2020. 36. 1. 57-60
more...
Books (17):
  • 今日の治療指針 私はこう治療している
    医学書院 2014
  • 今日の治療指針 2014年版
    医学書院 2014
  • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
    中外医学社 2013
  • 今日の臨床サポート (ネット配信) ~外耳炎・外耳道湿疹~
    その他の出版機関 2013
  • 今日の臨床サポート (ネット配信) ~外耳道異物~
    その他の出版機関 2013
more...
Lectures and oral presentations  (88):
  • 副腎機能低下を伴った先天性外耳道閉鎖症の一例
    (第30回日本頭頚部外科学会総会ならびに学術講演会 2020)
  • 舌下腺癌に対し頸部島状皮弁を用いて舌下腺全摘出を行った1例
    (第30回日本頭頚部外科学会総会ならびに学術講演会 2020)
  • 頸椎手術後の経過中に急激な呼吸困難にて発症したForestier病の1例
    (第71回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 2019)
  • Bezold 膿瘍に進展した成人急性乳様突起炎の1例
    (第133回日本耳鼻咽喉科学会福島県地方部会学術講演会 2019)
  • Bezold 膿瘍に進展した成人急性乳様突起炎の1例
    (第81回耳鼻咽喉科臨床学会総会・学術講演会 2019)
more...
Education (1):
  • - 1987 Fukushima Medical University
Professional career (1):
  • 医学博士 (福島県立医科大学)
Work history (5):
  • 2014/08/01 - 現在 日本耳鼻咽喉科学会社会医療部福祉医療・成人老年委員会委員
  • 2014/06/30 - 現在 日本鼻科学会代議員
  • 2008/09/01 - 現在 日本耳科学会評議委員
  • 2007/07/20 - 現在 日本耳鼻咽喉科学会代議員
  • 2008/06/20 - 2015/06/20 日本耳鼻咽喉科学会学術部学術委員会委員
Committee career (1):
  • 2007 - 現在 日本耳鼻咽喉科学会 代議員
Association Membership(s) (5):
日本めまい平衡神経学会 ,  日本アレルギー学会 ,  日本耳科学会 ,  日本鼻科学会 ,  日本耳鼻咽喉科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page