Rchr
J-GLOBAL ID:200901017374769640   Update date: Jan. 29, 2021

Okano Masao

オカノ マサオ | Okano Masao
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
  • Bunkyo University  Graduate School of Information and Communication, Graduate School of Information and Communication 
Homepage URL  (1): http://open.shonan.bunkyo.ac.jp/~okano
Research field  (2): Linguistics ,  Cognitive sciences
Research keywords  (5): 言語心理学 ,  コミュニケーション論 ,  記号論 ,  言語学 ,  Psycholinguistics
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • J.ピアジェ(およびピアジェ学派)の研究
  • 語彙の計量分析
  • Body word terminology
Papers (49):
  • Executional elements of a TV commercial that attract the attention of consumers with rational purchasing attitudes: an eye-tracking analysis. 2021
  • The Effect of Teaser Advertisement on Consumer Attention to the Product. 2021. 22
  • Masami Asakawa, Masao Okano, Hideo Hayashi. Eye-tracking analysis of responses to self-administered questionnaires --In the case of Web survey--. 2020. 47
  • 大貫徹也, 井上幸次, 岡野雅雄. 地方自治体におけるオープンデータの利用----茅ヶ崎市を事例として. 文教大学湘南総合研究所紀要『湘南フォーラム』. 2018. 22
  • Masao Okano, Masami Asakawa. Eye tracking analysis of consumer's attention to the product message of web advertisements and TV commercials. 2017 5th International Conference on Cyber and IT Service Management, CITSM 2017. 2017
more...
Books (14):
  • ピアジェ入門 活動と構成: 子どもと学者の認識の起源について
    三和書籍 2021
  • わかりやすいコミュニケーション学--基礎から応用まで改訂版(編著)
    三和書籍 2008 ISBN:9784862510310
  • ピアジェの教育学(J.ピアジェ著の共訳)
    三和書籍 2005
  • わかりやすいコミュニケーション学--基礎から応用まで(編著)
    三和書籍 2004
  • 新版現代学校教育大事典(項目執筆)
    ぎょうせい 2002
more...
Lectures and oral presentations  (10):
  • Consumer attention on the mystery element in teaser advertisement
    (Eurosense2020 2020)
  • 視聴者特性によるテレビCMへの情動反応- GSR(皮膚電気反応)を用いて -
    (2019)
  • アイトラッキングによる自記式質問紙への回答行動の分析 - Web 調査用質問画面の場合-
    (日本行動計量学会 第47回大会 2019)
  • アイトラッキングによる自記式質問紙への回答行動の分析 -郵送調査用質問紙の場合-
    (日本行動計量学会 第47回大会 2019)
  • アイトラッキングによる自記式質問紙への回答行動の分析 -研究動向と本研究の位置づけ-
    (日本行動計量学会 第47回大会 2019)
more...
Education (2):
  • - 1990 University of Tsukuba
  • - 1982 University of Tsukuba
Work history (6):
  • 2017/04 - 2019/03 Bunkyo University
  • 2013/04 - 2017/03 文教大学大学院情報学研究科 専攻長
  • 2011/04 - 2015/03 Bunkyo University
  • 2008/04 - 2011/03 Bunkyo University
  • 2007/10 - 2008/03 Bunkyo University
Show all
Association Membership(s) (6):
日本島嶼学会 ,  日本行動計量学会 ,  情報コミュニケーション学会 ,  日本広告学会 ,  日本出版学会 ,  計量国語学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page