Rchr
J-GLOBAL ID:200901017796321634   Update date: Feb. 13, 2019

Masakazu Shinzano

シン ザンオウマサカズ | Masakazu Shinzano
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Primary/secondary education and curricula ,  Experimental psychology ,  Science education
Research keywords  (3): Musical psychology ,  Bassoon ,  Music Education
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2011 - 2013 小中学校教員と共同開発する「言語活動で表現と鑑賞を一体化させる音楽科授業プラン」
  • 2006 - 2006 異なる音色間で出現するピッチ知覚エラー(ピッチの錯覚)に関する実験的研究(2006年4月より一ヵ年の受託研究)
  • 2003 - 2005 視覚フィードバックにおけるフラットシンギングの測定と治療法の研究
  • 2001 - 2002 裏声とその活用を視点としたジェンダーの研究
  • 1998 - 2000 わらべ唄・自由斉唱におけるピッチの統一化と運動ビートの同期化プロセスの研究
Papers (57):
  • 自己評価シートの工夫により生徒の内発的思考の活性化を目指した合唱活動の試行 - キーコンピテンシー、21世紀型能力、アクティブラーニングに関する文科省資料との比較考察 -. 愛知教育大学研究報告. 2016. 第65輯
  • 言語活動をコアとして演奏表現と鑑賞を一体化させる授業プランの模索 -ICレコーダーを「音楽の鏡」として小中学校教員と積み上げた実践-. 音楽行動研究. 2014. 2014
  • H23~25年度科学研究費助成事業基盤研究(C)23531248研究成果報告 「小中学校教員と共同開発する言語活動で表現と鑑賞を一体化させる音楽科授業プラン」報告書. 科学研究費助成事業研究成果報告書. 2014
  • 表現と鑑賞を一体化させ音や音楽を聴く力の育成をめざした授業実践II. 愛教大教育実践開発機構紀要. 2013. 第5号
  • 表現と鑑賞を一体化させ音や音楽を聴く力の育成をめざした実践I. 愛知教育大学研究報告. 2013. 第62輯
more...
MISC (32):
  • 大学・附属共同研究会平成26年度活動報告. 2015
  • 表現と鑑賞の並列活動により音楽構成要素の知覚・分析力の育成をめざした試行のまとめ. 音楽教育学・別冊. 2014
  • H27年度小学校音楽科文科省検定教科書「おんがくのおくりもの」. 教育出版社(平成27年度文科省検定済教科書). 2014
  • 大学・附属共同研究会平成25年度活動報告. 2014
  • 教員養成における音楽科教育の責務. スコープIII. 2014. No5
more...
Books (7):
  • 日本の学校吹奏楽を科学する!
    (株)スタイルノート 2013
  • 改訂版 新しい視点で音楽科授業を創る
    (株)スタイルノート 2011
  • 新しい視点で音楽科授業を創る
    (株)スタイルノート 2010
  • 日本音楽教育学会編「日本音楽教育事典」、&0d0a;音と間、運動のタイミング184-185&0d0a;学校吹奏楽 249-250
    音楽之友社 2004
  • CD-ROM版音楽科教育実践講座SERENO&0d0a;「音・音楽・言葉・映像の結びつきと時間を感じ取る創造的な活動」、「音が鳴る原理、音の高さが決まるしくみに着目した土笛づくり」、「バロック式リコーダーの運指を克服する為の歌唱曲を用いた指導」
    ニチブン 2004
more...
Lectures and oral presentations  (24):
  • 音楽科が置かれた現状と音楽科授業研究の在り方
    (豊橋市音楽教育研究会講演 2014)
  • 表現と鑑賞の並列活動により音楽構成要素の知覚・分析力の育成をめざした試行のまとめ
    (日本音楽教育学会第45回大会 2014)
  • 豊かな感性を育む音楽教育の創造-主体的に音楽の活動に取り組む子どもをめざして-
    (豊橋市音楽教育研究会講演 2013)
  • あわせよう、聴きあおう、感じあおう-表現する力と鑑賞する力を高める活動を通して-
    (愛知県小中学校音楽教育研究大会講演 2013)
  • 講演「音楽は聴き合わせることである」
    (豊橋市音楽教育研究会 2012)
more...
Works (70):
  • 「愛知教育大学教員演奏会」 Mozart作曲ファゴット協奏曲全楽章、橋本剛作曲「トリオ」全楽章 名古屋電気文化会館ザコンサートホール
    2014 - 2014
  • A.Pierne作曲演奏会用独奏曲、およびトリオ2曲 名古屋電気文化会館ザコンサートホール
    2010 - 2010
  • A.Liste作曲ファゴットソナタより、およびJ.S.Bach作曲トリオソナタより 長久手文化の家風のホール、プリマヴィエラ・コンサート
    2009 - 2009
  • 子どものイメージング活動を核に据えた授業実践の試み-イメージングを音楽における基礎・基本の力、そして音楽が与していける生きる力と措定として- 日本音楽表現学会第3回大会
    2005 - 2005
  • 愛知教育大学における小学校教科専門科目(音楽)の取り組み 日本教育大学協会大学部門2003年度東海地区例会
    2004 - 2004
more...
Education (4):
  • - 1987 Okayama University
  • - 1987 Okayama University
  • - 1985 Shimane University
  • - 1985 Shimane University
Professional career (1):
  • Master of Education
Work history (5):
  • 1995 - 2009 Aichi University of Education, Associate Professor
  • 2009 - Aichi University of Education, Professor
  • 1992 - 1994 Aichi University of Education, Research Associate
  • 1987 - 1992 宇部短期大学 非常勤講師
  • 1987 - 1992 Yamaguchi College of Arts
Awards (4):
  • 2004 - (株)コニカミノルタ/(株)コニカミノルタ・テクノロジーセンター主催 「将来のイメージングのあり方」を基本テーマとした「イメージングに関する 研究論文」研究論文優秀賞受賞
  • 1988 - 第11回山口県アンサンブルコンテスト金賞
  • 1987 - 山口県文化賞
  • 1980 - 第28回山口県学生音楽コンクール第1位並びにコンクール大賞,会長賞
Association Membership(s) (4):
日本管打吹奏楽学会 ,  日本音楽表現学会 ,  日本吹奏楽学会 ,  日本音楽教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page