Rchr
J-GLOBAL ID:200901017867212130   Update date: Feb. 25, 2019

Mariko Yoshino

ヨシノ マリコ | Mariko Yoshino
Research field  (1): Rehabilitation science
Papers (40):
Books (18):
  • 標準言語聴覚障害学.失語症学.第2版.
    医学書院 2015
  • 標準言語聴覚障害学.失語症学.第2版.
    医学書院 2015
  • 失語症Q&A 検査結果のみかたとリハビリテーション
    新興医学出版社 2013
  • 『障害百科事典』I巻.
    丸善出版 2013
  • 『障害百科事典』II巻.
    2013
more...
Lectures and oral presentations  (49):
  • 日本の作業療法士による国際協力の活動内容:文献研究
    (日本リハビリテーション連携科学学会第19回大会 2018)
  • 失語症状に対するawarenessについての検討-VATA-L-Jを用いてー
    (第41回日本高次脳機能障害学会総会. 2017)
  • 失語のある人の対話者に対する会話パートナー訓練の効果:無作為化比較試験による検討
    (第41回日本高次脳機能障害学会総会. 2017)
  • 失語症者のニーズに対応した機能訓練事業所の効果的・効率的な運営の在り方に関する調査研究報告
    (第41回日本高次脳機能障害学会総会. 2017)
  • 高次脳機能障害者の安定した地域生活を実現するための支援の視点-支援者の語りから-
    (第41回日本高次脳機能障害学会総会. 2017)
more...
Education (3):
  • 1996 - 2000 Tohoku University Division of Neuropsychology, Department of disability medicine
  • 1994 - 1996 The University of Tokyo
  • - 1978 The University of Tokyo Division of Mealth Education
Professional career (2):
  • Doctor(Disability Science) (Tohoku University)
  • 修士(学術) (東京大学)
Work history (4):
  • 1998/04 - 2002/03 City of Yokohama
  • 1987/04 - 1998/03 Yokohama Rehabilitation Center
  • 1980/04 - 1987/03 Taranomon Hospital
  • University of Tsukuba Faculty of Human Sciences Professor
Committee career (9):
  • 2017/04 - 日本リハビリテーション連携科学学会 理事、研究誌編集委員会副編集委員長
  • 2000 - 2015/03 日本高次脳機能障害学会 評議員
  • 2006 - 日本コミュニケーション障害学会 常任理事,副理事長
  • 2000 - The councillor
  • 2000 - NEUROPSYCHOLOGY ASSOCIATION OF JAPAN The councillor
Show all
Awards (2):
  • 2017/04 - 第2回日本リハビリテーション連携科学学会・発表優秀賞 日本リハビリテーション連携科学学会第18回大会において優秀な発表と認められたため
  • 2017/03 - 日本リハビリテーション連携科学学会 第2回日本リハビリテーション連携科学学会・論文奨励賞 優秀な原著論文と認められたため
Association Membership(s) (6):
日本失語症学会 ,  NEUROPSYCHOLOGY ASSOCIATION OF JAPAN ,  THE ASSOCIATION OF JAPANESE CLINICAL PSYCHOLOGY ,  Japan Society for Higher Brain Dysfunction ,  The Japan Society of Logopedics and Phoniatrics ,  JAPANESE ASSOCIATION OF COMMUNICATION DISORDERS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page