Rchr
J-GLOBAL ID:200901017871098636   Update date: Aug. 03, 2019

KITAMURA Setsu

キタムラ セツ | KITAMURA Setsu
Affiliation and department:
Research field  (2): Social psychology ,  Clinical psychology
Research keywords  (4): 認知症 ,  共感性 ,  家族介護者 ,  介護職員
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2013 - 2016 地域社会における持続可能な病院経営に寄与するSBSCに関する実証研究
  • 2011 - 2012 高齢者施設職員と利用者家族の良好な関係構築を目指したコミュニケーションシナリオの作成-実証データに基づいた根拠ある家族支援に向けて-
  • 2009 - 認知症家族介護者の生涯発達を促す家族支援プログラムの開発
  • 2007 - 2008 認知症家族介護者の生涯発達に基づいた施設職員による効果的介入技法の構築
Papers (28):
  • 北村世都 髙橋淑郎. 自己決定理論を用いた職員の動機づけ支援とBSCとの関連についての一考察-実効性のある重要成功要因の導出とアクションプランの策定に向けて-. 医療バランスト・スコアカード研究. 2017. 14. 1. 68-74
  • 内藤佳津雄 北村世都. 精神心理的老化の経時的データ. 高齢者に関する定義検討ワーキンググループ報告書. 2017. 48-55
  • 北村世都. 認知症の人の家族とのコミュニケーション-現実的対応と心理的対応のバランスのとれたかかわり-. 日本認知症ケア学会誌. 2017. 15. 4. 751-758
  • 北村世都. 管理職が行うべき高齢者ケア従事者の支援-人材育成と組織づくり. 地域リハビリテーション. 2016. 11. 10. 646-650
  • 北村世都 内藤佳津雄. 認知症高齢者に対する援助者の共感性類型. 研究紀要. 2016. 91. 67-81
more...
MISC (11):
  • 北村世都. 特別ケア環境におけるケアパートナー;認知症ユニットにおけるスタッフと家族との協力的コミュニケーション. 日本認知症ケア学会誌. 2008. 7. 1. 123-129
  • 今井幸充 北村世都. 患者,家族に対するアルツハイマー病の説明の実際とQ&A. 精神科治療学. 2001. 16. 5. 459-464
  • 北村世都 今井幸充. アルツハイマー病の行動・心理症状(BPSD)とその評価. Modern Physician. 2001. 21. 4. 403-410
  • 今井幸充 杉山美香 北村世都. アルツハイマー病告知の現状と問題点. 老年精神医学雑誌. 2000. 11. 11. 1225-1232
  • 今井幸充 北村世都. 痴呆性老人のQOLと家族. 老年精神医学雑誌. 2000. 11. 5. 496-502
more...
Books (16):
  • よく分かって役に立つ痴呆症のすべて
    永井書店(東京) 2000
  • 脳卒中ナビゲーター
    メディカルレビュー社(東京) 2002
  • 心理学基礎実験と質問紙法
    培風館(東京) 2007
  • エイジング心理学ハンドブック
    北大路書房(京都) 2008
  • 最新介護福祉全書9こころとからだのしくみ 発達と老化の理解
    メヂカルフレンド社(東京) 2008
more...
Lectures and oral presentations  (58):
  • Life Style and Mental Health Conditions of the Foreign Elderly People in Kawasaki City of Japan
    (Ninth Congress of the International Psychogeriatric Association 1999)
  • Prospective Memory in Late Adulthood and Dementia
    (Tsukuba International Conference on Memory 1999)
  • Comparison on prospective memory of healthy elderly and dementia
    (Tsukuba International Conference on Memory 1999)
  • WAIS-Rを用いた軽度アルツハイマー型痴呆鑑別の試み
    (日本心理学会第64回大会 2000)
  • 軽度アルツハイマー型痴呆の認知機能障害構造
    (第16回日本老年精神医学会大会 2001)
more...
Education (3):
  • 1995 - 1999 Nihon University 文理学部 心理学科
  • 2001 - 2003 Japan College of Social Work 社会福祉学研究科
  • 2004 - 2007 Nihon University 文学研究科 心理学専攻
Work history (3):
  • 2007/04/01 - 2009/03/31 日本学術振興会 特別研究員
  • 2007/04/01 - 2010/03/31 日本大学文理学部 研究員
  • 2010/04 - 2019/03 日本大学文理学部 助教
Awards (3):
  • 2014/10/18 - 日本医療バランスト・スコアカード研究学会 日本医療バランスト・スコアカード研究学会第12回学術大会優秀演題賞 自己決定理論からみた医療BSC達成要因の検討
  • 2012 - 2012年日本認知症ケア学会石崎賞
  • 2009 - 平成21年度日本老年社会科学会奨励賞
Association Membership(s) (6):
日本心理学会 ,  日本老年社会科学会 ,  日本心理臨床学会 ,  日本認知症ケア学会 ,  日本老年精神医学会 ,  日本医療バランスト・スコアカード研究学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page