Rchr
J-GLOBAL ID:200901017980170800   Update date: Jan. 13, 2021

Yamasita Ryohei

ヤマシタ リョウヘイ | Yamasita Ryohei
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://www.facebook.com/regional.planning.office
Research field  (7): Disaster prevention engineering ,  Agricultural sociology ,  Recycling systems and society ,  Environmental policy and society ,  Local studies ,  Rural environmental engineering and planning ,  Agricultural and food economics
Research keywords  (7): 防災 ,  農村計画 ,  地域計画 ,  環境政策 ,  生物多様性 ,  農業経済 ,  地域資源管理
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2020 - 2023 「地域資源と親和した農業生産システム」の実践と社会実装プロセスの確立
  • 2019 - 2022 大規模災害へのレジリエンスを考慮した臨海農業集落の存続可能性評価軸の創成
  • 2018 - 2021 日本農業の生産性向上,イノベーション推進に向けた農業ICTの社会実装と農地集積の市場デザインに関する実証的研究
  • 2019 - 2021 東南アジアの都市外縁における農地利用秩序形成に関する比較研究
  • 2018 - 2020 中山間農林地で進む外部資本投資を想定した新たな環境税の制度デザイン
Show all
Papers (73):
more...
MISC (33):
  • 山下良平. グローバル社会において農山村の将来を託される若者らの将来像. 農業および園芸. 2019. 94. 1. 31-35
  • Ryohei Yamashita. Consideration on a qualitative change of agricultural settlements by land consolidation: a case study based on the recognition of non-farmers. Conference paper of PAWEES. 2018. CD-ROM. 1035-1043
  • 山下良平. 書評 「阿蘇地域における農耕景観と生態系サービス-文化的景観論で地域価値を再発見し世界文化遺産登録を支援する-(横川洋・高橋佳孝編著)」. 農業と経済. 2017. 83. 12. 113
  • 山下良平. 「農村計画学のフロンティア」シリーズを語る『地域農業計画の予測と分析-マルチエージェントシミュレーション-』. 農村計画学会誌. 2016. 35. 3. 449-450
  • 山下良平. 地域政策としての圃場整備事業への期待〜圃場整備事業は地域のソーシャルキャピタルにどう影響するか〜. 農土石川. 2016. 54. 34-36
more...
Books (10):
  • 農村地域計画学
    朝倉書店 2020 ISBN:9784254445039
  • 震災復興から俯瞰する農村計画学の未来
    農林統計出版 2019 ISBN:489732405X
  • Proceedings of 2017 Japan-Korea Rural Planning Seminar
    Rural Planning Association 2018 ISBN:9784990750725
  • 移住者の実態からみる都市農村関係論
    北斗書房 2017 ISBN:4894673487
  • 石川の自然まるかじり
    東海大学 2016 ISBN:4486021037
more...
Lectures and oral presentations  (49):
  • Spatial Characteristics of Citizens' Discomfort with Disseminated Solar Panels
    (International Symposium on Environment/Eco-technology and policy in East Asian 2020)
  • 水田農業における地域差を考慮した農地集積の功罪に関する研究
    (北陸地域政策研究フォーラム 2019)
  • 環境保護活動参加者を増加させる方策はどの程度の効果を持ちうるか?- 珊瑚礁保護を事例とした一考察-
    (第 47 回環境システム研究論文発表会 2019)
  • 農をとりまく異なる分野との対話-シミュレーション手法を用いた研究-
    (第69回地域農林経済学会 2019)
  • Impact Evaluation Model of Systematic Farmland Accumulation to an Efficiency of Traveling Across the Farmland
    (2019)
more...
Education (2):
  • - 2007 Kobe University
  • - 2003 Kobe University
Professional career (1):
  • 博士(農学) (神戸大学)
Work history (3):
  • 2015/04 - 現在 Ishikawa prefectural university Bio-resources and Environmental Sciences
  • 2012/04 - 2015/03 Ishikawa Prefectural University
  • 2009/04 - 2012/03 Tokyo University of Science
Committee career (14):
  • 2020/04 - 現在 農村計画学会 編集委員会 委員
  • 2020/04 - 現在 農村計画学会 企画委員会 委員
  • 2018/10 - 現在 地域農林経済学会 常任理事
  • 2016/10 - 現在 地域農林経済学会 理事
  • 2016/04 - 現在 農村計画学会 評議員
Show all
Awards (7):
  • 2020/05 - クリタ水・環境科学振興財団 研究優秀賞
  • 2017/04 - 農村計画学会 ポスター賞
  • 2015/04 - 環境情報科学センター 学術論文奨励賞
  • 2013/12 - 法政大学地域研究センター 地域政策研究賞(奨励賞)
  • 2013/09 - 農業農村工学会 農村計画研究部会奨励賞
Show all
Association Membership(s) (6):
JAPAN ASSOCIATION FOR PLANNING ADMINISTRATION ,  THE JAPAN SECTION OF THE REGIONAL SCIENCE ASSOCIATION INTERNATIONAL ,  CENTER FOR ENVIRONMENTAL INFORMATION SCIENCE ,  THE ASSOCIATION FOR REGIONAL AGRICULTURAL AND FORESTRY ECONOMICS ,  THE ASSOCIATION OF RURAL PLANNING ,  THE JAPANESE SOCIETY OF IRRIGATION, DRAINAGE AND RURAL ENGINEERING
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page