Rchr
J-GLOBAL ID:200901018106241893   Update date: May. 20, 2020

Yamashita Sachiko

ヤマシタ サチコ | Yamashita Sachiko
Affiliation and department:
Research field  (1): Social welfare
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2020 - 2023 重症心身障害者の地域生活支援に関する総合的研究
  • 2018 - 2021 発達障害児の包括的・永続的支援「育ちのサポート」に関する開発的研究
  • 2017 - 2020 病者障害者運動史研究--生の現在までを辿り未来を構想する
  • 2016 - 2019 Comprehensive research for independence living of persons with learning difficulty in community and the realization of personal assistance
  • 2013 - 2016 Social implications and issues regarding caregiver qualification system: achieving implementation of the personal assistant system
Papers (19):
  • 重症心身障害者の地域での生活と意思決定支援-生活支援と意思決定支援の構造に着目して. 社会福祉学. 2020. 60. 4. 42-55
  • 山下 幸子. 介護サービス制度化をめぐる障害者たちの運動. 福祉社会学研究. 2019. 16. 135-153
  • 山下 幸子. 障害者の自立生活保障に向けた大阪青い芝の会の運動展開過程-1970年代後半から1980年代末を中心に-. 障害学研究. 2018. 13. 221-248
  • 山下 幸子. 障害福祉サービスの概要と支給決定について - 『介護給付費等に係る支給決定事務等について(事務処理要領)』を用いた解説を中心に. 賃金と社会保障. 2017. 1695. 25-41
  • 山下 幸子. 「我が事・丸ごと」地域共生社会実現への方向性と障害福祉施策. 賃金と社会保障. 2017. 1677. 4-19
more...
MISC (8):
  • 山下 幸子. (研究ノート)障害者の意思決定支援に関する施策及び議論の動向. 淑徳大学研究紀要(総合福祉学部・コミュニティ政策学部). 2018. 52. 147-161
  • 山下 幸子. ロングインタビュー 『そよ風のように街に出よう』の三八年 : 障害者問題の根底を問い続けて 副編集長 小林敏昭さんに聞く. 支援. 2017. 7. 200-227
  • 山下 幸子. ロングインタビュー いま、釜石で : 山田昭義さんに聞く. 支援. 2015. 5. 242-266
  • 山下 幸子. 書評:竹端寛著『枠組み外しの旅-「個性化」が変える福祉社会』. 福祉社会学研究. 2014. 11. 174-177
  • 山下 幸子. トークセッション 支援の多様な可能性 : ケアの制度の縛りの中で、歩みを続けるために. 支援. 2013. 3. 138-168
more...
Books (12):
  • 障害者福祉 第3版
    ミネルヴァ書房 2020
  • 障害者福祉 第2版
    ミネルヴァ書房 2017
  • パーソナルアシスタンス-障害者権利条約時代の新・支援システムへ
    生活書院 2017
  • 共生社会の創出をめざして
    学文社 2016
  • はじめての相談援助演習
    ミネルヴァ書房 2015
more...
Lectures and oral presentations  (13):
  • 重症心身障害者の地域生活支援におけるキーパーソンの機能
    (日本社会福祉学会第67回秋季大会 2019)
  • 障害者本人を中心に、かつ本人と支援者たちとの共同により機能する支援の構造-ある重症心身障害者の地域生活から-
    (日本社会福祉学会第66回秋季大会 2018)
  • 障害者権利条約から考える福祉サービスのあり方-パーソナルアシスタンスに関する議論を中心に-
    (日本社会福祉学会第64回秋季大会 2016)
  • 障害当事者運動と介護派遣・公的介護保障要求--主に1980年代大阪における運動から
    (障害学会第12回大会 2015)
  • パーソナル・アシスタンス制度についての議論の争点
    (日本社会福祉学会第63回秋季大会 2015)
more...
Education (2):
  • 2000 - 2007 Osaka Prefecture University
  • 1998 - 2000 Osaka Prefecture University
Professional career (1):
  • 博士(社会福祉学) (大阪府立大学)
Work history (1):
  • 2003/04 - 現在 Shukutoku University
Association Membership(s) (3):
JAPAN WELFARE SOCIOLOGY ASSOCIATION ,  障害学会 ,  JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF SOCIAL WELFARE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page