Rchr
J-GLOBAL ID:200901018199945801   Update date: Jun. 25, 2012

Gamo Takaharu

ガモウ タカハル | Gamo Takaharu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www32.ocn.ne.jp/~takgamo/
Research field  (5): Energy chemistry ,  Environmental materials/recycling technology ,  Environmental load reduction/restoration technology ,  Environmental policy and society ,  Environmental impact assessment
Research keywords  (11): 企業の社会的責任 ,  環境経営 ,  循環型社会 ,  創エネルギー ,  省エネルギー ,  地球温暖化対策 ,  Corporate Social Responsibility ,  Environment Management ,  Sustainable Socity ,  Energy Saving ,  Global Warming Prevention
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2007 - 2013 新制御方式を用いた太陽光発電システム
  • 2005 - 2012 Energy Policy
  • 2005 - 2012 Eco-Efficiency
  • 2005 - 2012 Sustainable Management
  • 1987 - 2000 燃料電池発電技術開発「溶融炭酸塩型燃料電池(MCFC)発電技術」
Show all
Papers (33):
more...
MISC (14):
  • 蒲生孝治. 中小企業から省エネの風 PART3”省エネルギー技術に関する導入事例&シーズ集”. 経済産業省近畿経済産業局機関誌. 2009. 1
  • 蒲生孝治. 環境経営の重要性~環境を経営の差別化戦略に~. (社)滋賀県環境保全協会「碧い湖(あおいうみ)」. 2007. 48. 1-3
  • 蒲生孝治. エネルギー使用合理化環境経営管理システムの構築事業(環境効率調査)報告書. (社)産業環境管理協会. 2006. 40-102
  • 蒲生孝治. 省エネルギービジネスの新展開~ビジネスチャンスはアジアに~. (財)経済産業調査会近畿本部『パワフルかんさい』. 2006. 2月号、P.4~6
  • 書評 天野明弘・大江瑞絵/持続可能性研究会編『持続可能社会構築のフロンティア~環境経営と企業の社会的責任(CSR)~』. 京都女子大学「現在社会研究」. 2005. Vol.8, pp.165-168
more...
Patents (2):
  • Ti-Mn Hydrogen Storage Material等 その他119件
  • 日本特許 水素吸蔵合金とその応用、その他323件
Books (7):
  • 現代社会研究入門「温室効果ガス排出量の「見える化」」
    晃洋書房 2010
  • 省エネルギー技術に関する導入事例&シーズ集 part2 ~中小企業から省エネの風~
    経済産業省近畿経済産業局・資源エネルギー環境部 2008
  • 省エネルギーに関する「導入事例&シーズ集」~中小企業からの省エネの風~
    経済産業省近畿経済産業局 2007
  • 現代社会論-当面する課題-「水素エネルギー時代を可能にする水素貯蔵合金」
    世界思想社 2006
  • サスティナブル経済のビジョンと戦略「企業の社会的責任(CSR)について」
    日科技連出版社 2005
more...
Lectures and oral presentations  (44):
  • 再生可能エネルギーは本当に再生可能か?~ベストミックスのポイントを探る~
    ((社)滋賀経済産業協会主催“びわ湖環境ビジネスメッセ2011同時開催セミナー 2011)
  • 小学校児童を対象とした環境音楽教育のあり方~エコ音楽の効果を検証する~
    (日本環境教育学会 第22回大会 2011)
  • 家庭動物の愛護・管理に関する課題と若者世代からの一提案
    (日本環境学会 第37回 研究発表会 2011)
  • 再生可能エネルギーの動向
    (大阪環境カウンセラー協会「地球環境問題対策OECAセミナー 2011 2011)
  • 日本における中小企業の省エネ事例
    (財団法人 地球環境戦略研究機関“インドにおける低炭素技術の適用促進に関する研究” 2011)
more...
Works (1):
  • 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)助成事業 「太陽光発電新技術等フィールドテスト事業」
    2008 - 2013
Education (2):
  • - 1972 Osaka University
  • - 1970 Osaka University
Professional career (1):
  • 工学博士 (大阪大学)
Work history (3):
  • 1972 - 2005 松下電器産業(株)本社技術部門研究所 主任研究員
  • 2005 - Kyoto Women's University Professor
  • 1984 - 1986 米国ブルックヘブン国立研究所 招聘科学研究員
Committee career (14):
  • 2010/04 - 2011/03 - (独)日本学術振興会「頭脳循環を活性化する若手研究者海外派遣プログラム」審査・評価部会専門委員
  • 2009/04 - 2011/03 - (独)科学技術振興機構 JSTイノベーションプラザ京都、地域イノベーション創出総合支援事業、重点地域研究開発推進プログラム、「シーズ発掘試験」査読評価委員
  • 2010 - 2011 (社)滋賀経済産業協会「平成22年度川上・川下ネットワーク構築事業」(経済産業省中小企業庁委託事業)総括ジョイント・コーディネータ
  • 2009/04 - 2010/03 - 滋賀県商工観光労働部新産業振興課「創エネ事業化モデル支援事業費補助金審査会委員」
  • 2009/04 - - (社)滋賀経済産業協会省エネ委員会(滋賀県) 主査
Show all
Association Membership(s) (5):
日本環境効率フォーラム ,  私立大学環境保全協議会 ,  エネルギー・資源学会 ,  日本環境教育学会 ,  日本環境学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page