Rchr
J-GLOBAL ID:200901018274751953   Update date: Sep. 12, 2020

Okamoto Takayuki

オカモト タカユキ | Okamoto Takayuki
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.med.shimane-u.ac.jp/pharmacology/index.html
Research field  (4): Pharmacology ,  Medical biochemistry ,  Pharmacology ,  Pathobiochemistry
Research keywords  (5): 炎症 ,  メカノバイオロジー ,  血管内皮 ,  血栓止血 ,  Drug Delivery System
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2004 - Search of a new anti-thrombosis molecule
  • 血管内皮細胞における細胞間相互作用の解析
  • 血管内皮細胞のメカノバイオロジーの解明
  • 炎症と血液凝固のクロストークの解明
Papers (36):
more...
MISC (32):
  • 岡本 貴行, 川本 英嗣, 臼田 春樹, 田中 徹也, 本田 剛一, 和田 孝一郎, 島岡 要. リコモジュリンが血管内皮細胞の硬さに及ぼす影響の解析. Shock: 日本Shock学会雑誌. 2019. 34. 1. 49-49
  • 岡本 貴行, 臼田 春樹, 田中 徹也, 川本 英嗣, 島岡 要, 和田 孝一郎. 血管内皮細胞の硬さ制御におけるYAPの役割. 日本血栓止血学会誌. 2019. 30. 2. 403-403
  • Okamoto T, Usuda H, Tanaka T, Wada K, Shimaoka M. The Functional Implications of Endothelial Gap Junctions and Cellular Mechanics in Vascular Angiogenesis. Cancers. 2019. 11. 2. E237
  • 岡本 貴行, 川本 英嗣, 臼田 春樹, 本田 剛一, 和田 孝一郎, 鈴木 宏治, 島岡 要. 炎症時の血管内皮細胞の硬化にリコモジュリンが及ぼす影響の解析. 日本血栓止血学会誌. 2018. 29. 2. 172-172
  • 岡本 貴行, 川本 英嗣, 臼田 春樹, 本田 剛一, 和田 孝一郎, 鈴木 宏治, 島岡 要. 炎症時の血管内皮細胞の硬化にリコモジュリンが及ぼす影響の解析. 日本血栓止血学会誌. 2018. 29. 2. 172-172
more...
Professional career (1):
  • master (Osaka University)
Work history (1):
  • 2004/08 - ~三重大学大学院医学系研究科 助教2013年12月~三重大学大学院医学系研究科 研究科内講師
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page