Rchr
J-GLOBAL ID:200901018333499414   Update date: Sep. 01, 2020

Yamashita Atsuya

ヤマシタ アツヤ | Yamashita Atsuya
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (2): Gastroenterology ,  Virology
Research keywords  (8): 転写因子 ,  肝臓学 ,  ケミカルバイオロジー ,  化学療法 ,  抗ウイルス薬 ,  HIV ,  B型肝炎ウイルス ,  C型肝炎ウイルス
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2019 - 2022 HBV HBxタンパクのユニークな転写制御機構を標的とした抗HBV化合物の探索
  • 2016 - 2019 HBV転写制御領域を標的とする抗HBV薬開発の為の海洋生物由来シード化合物の探索
  • 2013 - 2016 海洋生物を創薬ソースとしたC型慢性肝炎治療薬候補化合物の探索
  • 2010 - 2013 微小管構造のC型肝炎ウイルス増殖における役割とその抗HCV薬ターゲットの可能性
  • 2010 - 2013 ウイルス性肝炎の病態に応じたウイルス側因子の解明と治療の応用
Show all
Papers (53):
MISC (10):
more...
Lectures and oral presentations  (44):
  • 4,4'-bis(cyclohexylmethyl)biphenyl-2,2',5,5'-tetraol is the novel anti-HBV compound targeting the viral core promoter.
    (2019)
  • Berberine suppresses hepatitis B virus production via impairment of HBV core promoter activity.
    (第66回日本ウイルス学会学術集会 2018)
  • BeberineのHBV増殖抑制活性とその抑制機序の解明
    (第28回 抗ウイルス療法学会 学術集会・総会 2018)
  • Inhibitory effects of metachromin A on hepatitis B virus production via impairment of the viral promoter activity.
    (第65回日本ウイルス学会学術集会 2017)
  • 海洋生物由来テルペン系化合物metachromin AのHNF4α発現抑制作用によるHBV増殖抑制
    (第27回 抗ウイルス療法学会学術集会・総会 2017)
more...
Education (2):
  • 1992 - 1996 Tokyo Medical and Dental University
  • 1990 - 1992 北里大学 大学院 衛生学研究科 衛生学専攻 修士課程 修了
Professional career (2):
  • Ph.D. (東京医科歯科大学)
  • 博士(医学) (東京医科歯科大学)
Work history (7):
  • 2014/04 - 現在 山梨大学大学院 総合研究部 医学域 基礎医学系 微生物学講座 学部内講師(助教)
  • 2009/04 - 2014/03 山梨大学大学院 医学工学総合研究部 医学学域 微生物学講座 学部内講師(助教)
  • 2007/04 - 2009/03 山梨大学大学院 医学工学総合研究部 医学学域 微生物学講座 助教
  • 2002/10 - 2007/03 University of Yamanashi Faculty of Medicine
  • 2001/04 - 2002/09 山梨医科大学 医学部 微生物学講座 助手
Show all
Association Membership(s) (5):
The Japanese Society for Virology ,  The Japanese Society for AIDS Research ,  Japanese Society for Immunology ,  The Japanese Association for Antiviral Therapy ,  The Molecular Biology Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page