Rchr
J-GLOBAL ID:200901018553156453   Update date: May. 17, 2020

Endou Yasuo

エンドウ ヤスオ | Endou Yasuo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://eyw.mints.ne.jp/index/index.html
Research field  (3): History - Europe/America ,  Literature - British/English-languag ,  Local studies
Research keywords  (15): 共生 ,  国民国家 ,  市民権 ,  グローバル・ヒストリー ,  海洋 ,  比較文学 ,  思想史 ,  移民 ,  公共圏 ,  太平洋 ,  多文化主義 ,  ジェンダー ,  日米関係 ,  ナショナリズム ,  Nationalism
Research theme for competitive and other funds  (24):
  • 2016 - 2020 「西洋近代の海洋世界と「海民」のグローバル循環-北大西洋海域から」(研究分担者)
  • 2016 - 2019 「19世紀中半のアメリカ合衆国における太平洋像とそこに映し出された合衆国理解の研究」(代表)
  • 2015 - 2019 「トランスナショナルな紐帯を保持する移民のホスト社会への編入-三つの最新事例-」(研究分担者)
  • 2012 - 2015 「移民とその故郷:非同化適応戦略とトランスナショナリズム表象」(研究分担者)
  • 2011 - 2015 「19世紀前半のアメリカ合衆国における市民編成原理の研究」(代表)
Show all
Papers (28):
  • 遠藤 泰生. 「海から見るアメリカ史の可能性と課題:笠井俊和『船乗りがつなぐ大西洋貿易-英領植民地ボストンの船員と貿易の社会史』(晃洋書房、2017)を読む」. 『アメリカ太平洋研究』. 2018. 19. 87-96
  • 遠藤 泰生. 「諸刃の剣としての歴史認識-トランプのアメリカを問い直す」. 『アメリカ太平洋研究』. 2018. 18. 44-52
  • 遠藤 泰生. 「反米:あらたな紛争の胎動か、共生の代償か(序)」. ODYSSEUS. (東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻). 2018. 22. 105-120
  • 遠藤 泰生. 「「信教の自由」から考える自由の二元的性格:森本あんり著『アメリカ的理念の身体--寛容と良心・政教分離・信教の自由をめぐる歴史的実験の軌跡』(創文社、2012)を読む」. 『アメリカ太平洋研究』. 2014. 14. 131-138
  • 遠藤 泰生. 「相対化と新しい総合:有賀夏紀・紀平英作・油井大三郎編『アメリカ史研究入門』(山川出版社、2009)を読む」. 『アメリカ太平洋研究』. 2012. 12. 149-158
more...
MISC (88):
  • 遠藤 泰生. 「反米が腐蝕する時代ー反米・嫌米・離米ー」. 『日本比較文學会東京支部 Newsletter』. 2019. 125. 5-5
  • 遠藤 泰生. 「ハバナ、モヒート、カストロ--高橋均先生とご一緒したキューバ調査旅行」. ODYSSEUS. 2018. 22. 181-182
  • 遠藤 泰生, 南北アメリカ史関連項目の改訂および新項目の選定と執筆を担当. 『広辞苑 第七版』(岩波書店)(南北アメリカ史関連項目の改訂及び新項目の選定と執筆を担当). 2018
  • 遠藤 泰生. (編集・分担執筆)『アメリカ文化事典』(丸善出版)(執筆項目:「海洋」「黒船」「建国神話」). 2018
  • 遠藤 泰生. 「2017年1月21日”ウィメンズ・マーチ”--ヒラリーの敗北を乗り越えられるか」. CPAS Newsletter. 2017. 18. 1. 1-4
more...
Books (32):
  • 近代アメリカの公共圏と市民--デモクラシーの政治文化史 遠藤泰生編
    東京大学出版会 2017
  • 高校生のための東大授業ライブ--学問からの挑戦 東京大学教養学部編(分担執筆)
    東京大学出版会 2015
  • 漫画版 世界の歴史7(監修)
    集英社文庫 2009 ISBN:9784087463316
  • 大人のための近現代史-一九世紀篇 三谷博他編(分担執筆)
    東京大学出版会 2009
  • アメリカの歴史と文化(遠藤泰生編)
    放送大学教育振興会 2008
more...
Lectures and oral presentations  (45):
  • 「海・ネイション・科学ー19世紀の太平洋を考える」
    (ワークショップ「海をめぐる知識・言説・移動空間ー環太平洋地域史の新展開」 2018)
  • Comment "Activisim and American Society"
    (2018)
  • 「『近代アメリカの公共圏と市民』の狙いと成果」
    (初期アメリカ学会 2018)
  • 「南北戦争の歴史と記憶--銅像は引き倒されるべきか」
    (我孫子シルクロードサークル.我孫子市民プラザホール 2017)
  • (Moderator and discussant) “Transportation and Time Zones”
    (International Symposium on English Literature and the Pacific Ocean, 1760-1914, Department of English, The University of Tokyo, Ito International Conference Center 2017)
more...
Works (3):
  • 組織委員・司会 アメリカ学会第42回年次大会全体シンポジウム『21世紀のアメリカと<ボーダー>』 同志社大学
    2008 -
  • 組織委員・司会 東京大学大学院地域文化研究専攻公開シンポジウム『「地域知」の探求』 東京大学
    2007 -
  • 組織委員・司会 東京大学大学院総合文化研究科附属アメリカ太平洋地域研究センター40周年記念国際公開シンポジウム『反米:その歴史と構造』 東京大学
    2007 -
Education (4):
  • 1983 - 1987 Yale Graduate School of Arts and Sciences
  • 1979 - 1987 The University of Tokyo
  • 1977 - 1979 The University of Tokyo
  • 1975 - 1977 The University of Tokyo
Professional career (3):
  • M.Phil. History (Yale University)
  • M.A. American Civilization (Yale University)
  • 文学修士 (東京大学)
Committee career (10):
  • 2018/06 - 現在 アメリカ学会 監事
  • 2012/09 - 現在 Sydney University (AU) Editorial Advisory Board for the Australian Journal of American Studies
  • 2010/04 - 現在 アメリカ研究振興会 評議員
  • 2008/04 - 現在 初期アメリカ学会 理事
  • 2006/09 - 現在 Organization for American Historians Journal of American History International Contributing Editor
Show all
Awards (2):
  • 2012/06 - 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究会審査会等専門員表彰
  • 1984/05 - Yale University Graduate School of Arts and Sciences Mary Cady Tew Prize
Association Membership(s) (9):
Organization of American Historians ,  American Historical Association ,  日本アメリカ史学会 ,  アメリカ学会 ,  The Japan Association of International Relations ,  THE JAPANESE SOCIETY OF WESTERN HISTORY ,  THE HISTORICAL SOCIETY OF JAPAN ,  Japanese Association of First-Year Experience at Universities and Colleges ,  JAPAN COMPARATIVE LITERATURE ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page