Rchr
J-GLOBAL ID:200901018636705300   Update date: Jan. 21, 2020

KAWAKITA Atsuko

カワキタ アツコ | KAWAKITA Atsuko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Area studies ,  History of Europe and America
Research keywords  (2): ドイツ現代史 ,  ドイツ地域研究
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2017 - 2019 国際紛争の処理における住民移動と財産の所有権移転:20世紀ヨーロッパの事例から
  • 2016 - ヨーロッパにおける公共史の実践-歴史博物館、歴史教養メディア、歴史教科書
  • 2014 - 2018 二〇世紀東アジアをめぐる人の移動と社会統合に関する総合的研究
  • 2014 - 2018 20世紀北朝鮮の建築・都市通史の解明
  • 2013 - 2017 シンティ・ロマの迫害と「反ツィガニズム」に関する歴史学的研究
Show all
Papers (19):
  • 川喜田敦子. 第二次世界大戦後の西ドイツ賠償問題とヨーロッパ地域秩序形成. 名古屋大学法政論集. 2015. 260. 165-187
  • 川喜田敦子. ヨーロッパにおける国際歴史教科書対話の現在-ドイツ=フランス共通教科書からドイツ=ポーランド共通教科書へ. 西洋史学. 2011. 241. 70-81
  • 川喜田敦子. 20世紀ヨーロッパ史の中の東欧の住民移動-ドイツ人「追放」の記憶とドイツ=ポーランド関係をめぐって. 歴史評論. 2005. 665. 54-64
  • 川喜田敦子. 第二次世界大戦後の人口移動 連合国の構想にみるヨーロッパとアジアの連関. ヨーロッパ研究. 2017. 17. 5-15
  • 林明子、羽根礼華、川喜田敦子. 「外国語としてのドイツ語(DaF)」から「学術言語としてのドイツ語(DaW)」へ-専門分野への「導入文献」について考える-. 中央大学文学部紀要. 2017. 120. 25-64
more...
MISC (30):
  • 川喜田敦子. 書評:『せめぎあう中東欧・ロシアの歴史認識問題』. 史学雑誌. 2019. 128. 10. 89-95
  • 川喜田敦子. 書評:上野千鶴子・蘭信三・平井和子編著『戦争と性暴力の比較史へ向けて』. 歴史評論. 2019. 833. 100-104
  • 川喜田敦子. 書評:武井彩佳『〈和解〉のリアルポリティクス ドイツ人とユダヤ人』. ドイツ研究. 2018. 52. 164-168
  • Shinya Takahashi et al. Berichte zur Durchführung des Goethe-Zertifikats A1/A2 an der Chuo Universität. Journal of the Faculty of Letters (Language, Literature and Culture). 2018. 122. 65-88
  • 川喜田敦子. 『わが闘争』とナチズム後のドイツ. SYNODOS. 2018
more...
Books (20):
  • カール・シュミットと現代
    沖積舎 2005
  • ドイツの歴史教育
    白水社 2005
  • Forced Ethnic Migrations on the Balkans: Consequences and Rebuilding of Societies
    International Centre for Minority Studies and Intercultural Relations 2006
  • 図説ドイツの歴史
    河出書房新社 2007
  • 〈境界〉の今を生きる 身体から世界空間へ・若手一五人の視点
    東信堂 2009
more...
Lectures and oral presentations  (55):
  • ドイツ連邦共和国における「被追放民」統合政策
    (日本西洋史学会第50回大会 2000)
  • Die Vertriebenenintegration in der Bundesrepublik Deutschland in den 1950er Jahren
    (Ulrich Herbert フライブルク大学教授講演会「ヨーロッパ現代史研究の現状と課題」 2001)
  • ドイツ連邦共和国における被追放民の統合-「被追放民の文化保護」と歴史認識をめぐって-
    (ドイツ現代史学会第25回大会 2002)
  • Vertriebenenfrage und Geschichtsbewusstsein der Deutschen - Die Kulturförderungspolitik gegenüber den Vertriebenen in der Bundesrepublik in den fünfziger Jahren
    (東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究室(DESK)現代史フォーラム第2回研究会議「ドイツの1960年代論」 2002)
  • Die Kulturförderungspolitik für die Vertriebenen und das Geschichtsbewusstsein der Deutschen
    (DAAD Stipendiaten-Konferenz 2003 2003)
more...
Education (4):
  • 1990 - 1993 東京都立戸山高等学校
  • 1993 - 1997 The University of Tokyo Faculty of Liberal Arts 教養学科
  • 1997 - 1999 The University of Tokyo Graduate School, of Arts and Sciences 地域文化研究専攻
  • 1999 - 2002 The University of Tokyo Graduate School, of Arts and Sciences 地域文化研究専攻
Work history (7):
  • 1999/04 - 2002/03 Japan Society for the Promotion of Science, Research Fellow (DC)
  • 2004/01 - 2004/03 New Research Initiatives for Humanities and Social Sciences, Japan Society for the Promotion of Science "Comparative Genocide Studies", Research Fellow
  • 2004/04 - 2005/09 The University of Tokyo, Center for German and European Studies, Assistant Professor
  • 2005/10 - 2010/03 The University of Tokyo, Center for German and European Studies, Project Associate Professor
  • 2010/04 - 2013/03 Osaka University, Graduate School of Language and Culture, Associate Professor
Show all
Association Membership(s) (8):
史学会 ,  ドイツ現代史研究会 ,  日本国際政治学会 ,  歴史学研究会 ,  日本ドイツ学会 ,  日本ドイツ学会 ,  現代史研究会 ,  比較史比較歴史教育研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page