Rchr
J-GLOBAL ID:200901019027640118   Update date: May. 06, 2021

Obayashi Konen

オオバヤシ コウネン | Obayashi Konen
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Homepage URL  (1): http://www.hs.kumamoto-u.ac.jp/graduate/bunya/bunya8.html
Research field  (2): Neurology ,  Other
Research keywords  (4): 神経内科学 ,  臨床検査医学 ,  Neurology ,  Laboratory Medicine
Research theme for competitive and other funds  (21):
  • 2021 - 2025 「特発性」とは呼ばせない:小径線維ニューロパチーを至適治療に導く診断アルゴリズム
  • 2021 - 2024 新型アミロイドから迫る変形性膝関節症の病態解明および早期診断システムの構築
  • 2020 - 2023 FAPの新規疾患修飾療法を最大限活かすサロゲートマーカーと発症予兆検知指標の確立
  • 2018 - 2021 準境界型ニューロパチーという新疾患概念の提唱と病態に基づく超早期診断法の確立
  • 2017 - 2021 高齢者の消化管出血を来す新疾患EFEMP1アミロイドーシスの病態解明と発症予測
Show all
Papers (156):
  • Tasaki M, Okada M, Yanagisawa A, Nomura T, Matsushita H, Ueda A, Inoue Y, Masuda T, Misumi Y, Yamashita T, et al. Apolipoprotein AI amyloid deposits in the ligamentum flavum in patients with lumbar spinal canal stenosis. Amyloid. 2021. 28. 107-112
  • Ando Y, Yamashita T, Misumi Y, Nomura T, Sasada K, Okada M, Inoue Y, Masuda T, Ueda A, Takamatsu K, Obayashi K, Matsui H, Naiki H, Ueda M. Clinical, pathological, and proteomic characteristics of newly diagnosed amyloidosis patients: Experience from a single referral center in Japan. Neurol Clin Neurosci. 2020. 8. Epub
  • Murakami T, Noguchi K, Hachiya N, Kametani F, Tasaki M, Nakaba S, Sassa Y, Yamashita T, Obayashi K, Ando Y, et al. Needle-shaped amyloid deposition in rat mammary gland: evidence of a novel amyloid fibril protein. Amyloid. 2020. 27. 25-35
  • Tasaki M, Milani P, Foli A, Verga L, Obici L, Basset M, Bozzola M, Ferraro G, Nuvolone M, Morbini P, et al. Simple, reliable detection of amyloid in fat aspirates using the fluorescent dye FSB: prospective study in 206 patients. Blood. 2019. 134. 320-323
  • Obayashi K, Masuda T, Tasaki M, Ando Y, Ueda M. Evaluation of myoelectrical activities of descending colon by electrointestinogram in patients with ATTRm amyloidosis. Amyloid. 2019. 26. 66
more...
MISC (93):
Books (16):
  • 『エキスパートナース』増刊号: 現場で使える検査値の読み方
    照林社 2021
  • 『エキスパートナース』特集: この値は異常?それとも加齢のため?高齢者の検査値の変化と見かた
    照林社 2020
  • 静脈経腸ナビゲータ
    照林社 2020
  • 21世紀の疾患: 神経関連アミロイドーシス
    医学と看護社 2020
  • 知っておきたい臨床検査値 第2版
    東京化学同人 2019
more...
Lectures and oral presentations  (17):
  • 準境界型ニューロパチーという新疾患概念の提唱と病態に基づく超早期診断法の確立
    (第72回日本自律神経学会総会 (教育講演) 2019)
  • 耐糖能異常(IGT)ニューロパチーのバイオマーカー
    (第56回日本臨床化学会年次学術集会 (シンポジウム) 2016)
  • ニューロパチーの診断と両側性Horner症候群
    (第69回日本自律神経学会総会 (シンポジウム) 2016)
  • 知っておきたい専門領域の最近の話題: 神経領域
    (第25回日本臨床検査専門医会春季大会 (シンポジウム) 2015)
  • 多角的自律神経機能検査法を用いた FAP ATTR Val30Met の早期診断
    (第67回日本自律神経学会総会 (教育講演) 2014)
more...
Education (2):
  • 1997 - 2001 Kumamoto University
  • 1987 - 1993 Oita Medical University
Professional career (1):
  • Doctor of Medicine (Kumamoto University)
Work history (20):
  • 2021/04 - 現在 熊本大学医学部保健学科医療技術科学分野 分野長 (併任)
  • 2021/04 - 現在 熊本大学医学部保健学科検査技術科学専攻 専攻長 (併任)
  • 2014/04 - 現在 Kumamoto University Faculty of Life Sciences
  • 2018/04 - 2021/03 Kumamoto University Graduate School of Health Sciences
  • 2016/04 - 2018/03 熊本大学医学部保健学科医療技術科学分野 分野長 (併任)
Show all
Committee career (18):
  • 2019 - 現在 日本臨床栄養代謝学会 (JSPEN) 九州支部世話人
  • 2018 - 現在 日本臨床検査医学会 学会賞委員会委員長
  • 2018 - 現在 日本自律神経学会 理事
  • 2014 - 現在 日本臨床栄養代謝学会 (JSPEN) NST専門療法士受験必須セミナー講師
  • 2011 - 現在 日本自律神経学会 自律神経機能検査法委員会委員
Show all
Awards (11):
  • 2019 - 熊本大学医学部保健学科奨励賞 (ベストティーチャー賞)
  • 2014 - 平成26年度熊本大学特別表彰 (医療活動表彰 (アミロイドーシス診療体制構築事業))
  • 2011 - 平成23年度熊本大学特別表彰 (医療活動表彰 (検査カフェ))
  • 2011 - 第5回病態情報解析学賞
  • 2011 - 2011年度日本臨床検査医学会優秀賞
Show all
Association Membership(s) (14):
日本医療検査科学会 ,  日本臨床栄養代謝学会 ,  日本末梢神経学会 ,  生物試料分析科学会 ,  日本臨床化学会 ,  日本神経治療学会 ,  日本臨床検査専門医会 ,  日本臨床検査医学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本自律神経学会 ,  日本神経学会 ,  日本内科学会 ,  International Society of Amyloidosis ,  JAPAN MIBYOU SYSTEM ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page