Rchr
J-GLOBAL ID:200901019180878069   Update date: Aug. 31, 2020

MORIYA Makoto

モリヤ マコト | MORIYA Makoto
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Other affiliations (2):
Homepage URL  (1): https://sites.google.com/view/moriyalab/home
Research field  (2): Inorganic and coordination chemistry ,  Functional solid-state chemistry
Research keywords  (6): 柔粘性結晶 ,  分子結晶 ,  錯体化学 ,  イオン伝導 ,  二次電池 ,  固体電解質
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2018 - 2020 革新的非白金触媒のビルドアップ作製方法研究開発
  • 2017 - 2019 全固体マグネシウム硫黄電池への展開を目指した分子結晶電解質の開発
  • 2015 - 2017 超分子の規則的配列を用いたイオン伝導パス構築とユビキタス金属イオン伝導体への展開
  • 2012 - 2014 柔軟性結晶を用いた色素増感型太陽電池用電解質の開発
  • 2011 - 2012 磁場応答性と発光性を有するコア-シェル型ナノ結晶の精密合成
Papers (54):
MISC (1):
  • 守谷誠. 固体電解質に向けた 有機 イオン 柔粘性結晶の分子設計. 機能材料. 2019
Patents (2):
  • プロトン伝導性電解質及び燃料電池
  • 電解質材料、及びこれを用いた二次電池
Lectures and oral presentations  (240):
  • イオン伝導パスを有する分子結晶の構築と選択的なリチウムイオン伝導
    (高分子学会第118回プラスチックフィルム研究会 2019)
  • NaBH4とグライムからなる分子結晶の合成とイオン伝導性
    (第17回ホストーゲスト・超分子化学シンポジウム 2019)
  • マグネシウム塩あるいはアルミニウム塩を構成要素とする新規分子結晶の合成とイオン伝導性
    (第17回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム 2019)
  • Al{N(SO2CF3)2}3と有機基質から成る新規 分子結晶の結晶構造解析とイオン伝導性の評価
    (電気化学会第86回大会 2019)
  • イオン液体とチオシアヌル酸 からなる共結晶の結晶構造解析と イオン伝導性の評価
    (電気化学会第86回大会 2019)
more...
Work history (2):
  • -
  • Nagoya University Ecotopia Science Institute, EcoTopia Science Institute,Nagoya University Assistant Professor
Committee career (1):
  • 2017/12 - 2019/12 日本化学会 代議員
Awards (3):
  • 2012/09 - The excellent poster presentation award in the 3rd Asian-Pacific Conference on Ionic Liquids and Green Processes (APCIL’ 12)
  • 2009/05 - 日本化学会 第89春季年会 優秀講演賞(学術)
  • 2005/05 - 日本化学会 第85春季年会 学生講演賞
Association Membership(s) (6):
The Electrochemical Society of Japan ,  ナノ学会 ,  日本セラミックス協会 ,  固体イオニクス学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page